学生プロレスサミット2015直前インタビュー[第2回]カリート・カリビアンコム(NUWA4年)

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

2008年に復活し、それ以降毎年開催されている『学生プロレスサミット』が今年も2月26日(木)に開催が決定!

今年はUWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、一橋大学世界プロレスリング同盟(HWWA)、九州産業大学プロレス研究部(KWF)、大阪学院大学プロレス研究会(OWF)の6団体によって行われ、学校としては慶応義塾大学、早稲田大学、日本大学、帝京大学、駒澤大学、明治大学、中央大学、東洋大学、東京都市大学、二松学舎大学、九州産業大学、大阪学院大学の12大学の学生が参戦。

さらに今年は新宿FACEではなく聖地・後楽園ホールで開催されるとあり、昨今のプロレス人気の上昇とともに注目度が上がっている。

今年もバトル・ニュースでは出場選手にインタビューを開始! 2人目はセミファイナルに出場する日本大学プロレス研究会(NUWA)所属のカリート・カリビアンコム(NUWA4年)。学プロでは珍しいデスマッチファイターである彼は、ヒールユニット“スパン軍”として団体の垣根を超えて暴れ回り、NUWAタッグ王座の長期保持者チームとしても活躍。そんな彼が懸ける思いに直撃した!
【取材・文/執事記者つばさ】

――カリート選手の中で学生プロレスとはどのような存在ですか?
「まあ、そうですね、プロレスっていうのがある中で、学生プロレスがある。二つとも魅力が違うというか、学生がやるから面白いというのもあるんじゃないかな。コミックマッチにしても普通の試合にしても、学生がやるから意味があるみたいのがあると思う」
――プロレスと学生プロレスの違いとはなんでしょう?
「お金を取るか取らないかっていうのもあると思います。サミットは取るのでそれなりのものを見せないといけないと思うんですけど、学生プロレスは言っちゃえばサークル活動じゃないですか。失敗もあるしそれも含めて持ち味というか魅力かなと」
――学生プロレスサミットへの意気込みは
「相手がUWFのチャンピオンのハス向井理とその同期のバーベQ太郎ということでやりがいがある相手だと思うんですけど、こっちはもう、ずっと組んでるんで、もうベルトをとって三年目になってしまったので、向こうは急造タッグじゃないですか?こっちはやりたいこともわかってるしどう回せばいいかもわかってるんで、まあ普通にやれば勝てるかなと思いますけど、まあサミットなんえ普通にやったら面白くないじゃないですか? なんかスゲー事仕掛けますよ」
――ファイトスタイルはどこを見てほしいというのはありますか?
「一番の持ち味は打撃戦。エルボーに関しては今の学プロ界で一番強いという自負があるので、そこらへんとか見てほしいです」
――好きな選手は
「葛西純と竹田誠志」
――葛西選手や竹田選手がお好きな中、なぜエルボーを磨いたのでしょう?
「自分はデスマッチもやるんですけど、その中で打撃を活かした、打撃と狂気を融合させたそういうオリジナリティ、シューター系のスタイルを磨きました」
――学生プロレスラーでデスマッチを実際に行う選手は少ないと思うんですが、なぜそこに踏みきれたのでしょう?
「やりたいからです。普通にデスマッチファイターに憧れたんで、自然な流れでデスマッチを。イチローに憧れた少年が野球選手になりたいというのと同じように、デスマッチファイターに憧れたからただ単にデスマッチをやってるだけです(笑)」
――今までデスマッチで大流血をする試合もありましたが、デスマッチをおこなううえでの苦労はありました?
「大怪我というほどではないんですけど、なんですかね?絶対にやっちゃいけないと思っていたのは救急車に乗るということだと思っていたので、そこは絶対気をつけようと思ってます。あとは特に無いですね。やりたいようにやってました」
――今後に関しては
「……(ニヤリと笑いノーコメント)」

ページ:

1

2 3

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る