ウィリエム・ルスカ氏の逝去に関して、格闘技世界一決定戦で対戦したアントニオ猪木がコメントを発表

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

1972年ミュンヘン五輪の柔道重量級、無差別級で金メダルを獲得し、1976年2月6日、格闘技世界一決定戦でアントニオ猪木と対戦したオランダの柔道家ウィリエム・ルスカ氏が2月14日に死去した。享年74。
そこでイノキ ・ ゲノム ・ フェデレーションが、ルスカ氏の逝去を受けアントニオ猪木のコメントを発表した。

逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 最近では、体調を崩されているということを聞いていましたので、心に留めており また、 激闘を繰り広げた、かつてのライバルたちを見送ることは非常に辛いものです。 心からご冥福をお祈り致します。

アントニオ猪木

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る