菊タローが両国国技館でのタイトル戦を要求も会見中に王座陥落し出場機会喪失

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 29日、DDTプロレスが都内・御茶ノ水道場で定例会見を行い、菊タローが会見中にアイアンマンヘビーメタル級王座から陥落した。

 今林久弥APが11・3両国国技館大会で販売されるグッズについてアナウンスしていると、「すいません」との声が。現れたのはアイアンマンヘビーメタル級王者の菊タロー。「ご提案がありまして……」と口火を切ると11・3両国国技館でのタイトル戦を懇願。「ちょうどバトルロイヤルがあるじゃないですか」と話す菊タローだが、同日13時開始のOSW北千住大会のメインイベントに出場することが発覚。今林APが「無理っすね。そもそもなんでうちがそっちに合わせなきゃいけないんですか」と突っぱねる。「ケニーと入れ替えてもらって…」と試合順変更まで言い出す菊タローを今林APが追い返そうとする。ここで菊タローの態度が豹変。「アイアンマンチャンピオンやぞ! DDTのチャンピオンやな? それなのに両国やるのに電話一本、メールの一つもよこさんとコラァ! オマエらから電話してくるのが筋ちゃうんか?」とまくし立てる。

「試合順を入れ替えるのは難しいので…」(今林)「己らの団体が試合順変えるのと俺が出るの、何の関係があんねん」(菊タロー)「OSWの社長さんにちょっとご相談を…」(今林)「OSWの社長が会うとかなんとかオマエになんの関係があんねん。こっちの都合で決めるんじゃ」(菊タロー)「ア、アウトレイジ…」(今林)とのやりとりを経て、菊タローが恫喝気味に主張したバトルロイヤルとセミとの試合順の入れ替え、一番風呂の使用を今林APが受け入れてしまった。

菊タローを車で送りだそうと翔太を呼び寄せるも、今林APが背後から「お疲れ様でした!」と一斗缶のフタで殴打。「コイツ、本当にきやがったな」と吐き捨てた今林APがレフェリーシャツに着替え、「やれ!」と指示を受けた翔太が「アメリカでお世話になりました」と卒倒する菊タローを押さえ込んで3カウント(15時15分、体固め)。第1432代王者となった翔太は高笑いしながら退場。こうして翔太が出場する11・3両国国技館の時間差入場バトルロイヤルはアイアンマンヘビーメタル級王座が懸けられることが決定。菊タローはアイアンマン王座ばかりか、両国国技館出場の機会も失ってしまった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る
×