【ゴマシオ親父のつぶやき】今回の「山根爆弾」着弾点はどこら辺りか?

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

アマチュアのボクシング界に「嵐」を巻き起こした、元ボクシング連盟会長だった山根明氏が、今度はプロボクシングの世界に乱入?し「ワールド・ヤマネ・ボクシングチャンピオンシップ」という新団体を設立したことを発表した。何とも騒がしい人ではあるが、その目的は「フリーランスのプロボクサーが日本で戦える機会をつくりたい」というのが理由であり、早くも9月末にはヘビー級の選手権を開催すると宣言した。これには、俺の知っているプロのジムの偉い人もビックリしていたが、あれだけプロを目の敵にした人だから、そりゃ驚きも半端じゃないよね。

 実は俺も大変驚いているんだ。二か月くらい前だったか、プロの有力オーナーから山根氏と俺の対談話が入ったんだ。そりゃ俺も驚くわな。俺が毎週やっているユーチューブで、当時の山根氏のやり方をかなり厳しく追及したことがあったんだ。結局、山根氏はアマのボクシング連盟の会長を降りると共に除名されることになった。
 俺との対談話は大阪で実現したいというものだったが、その後山根氏の体調を考えて延期となってしまった。俺は一時、親友のいる「大阪スポーツ」の代表に連絡をとり、大阪でのスタンスを相談し待機していたんだけど残念だったね。というよりホッとしているというのが本音かな。また今度、要望が来たらもう一度考えてみるが、俺もボクシングの取材もかなりやっていた人間だからね。甘くはないと思うがね(笑)

 今回の山根氏の「プロ進出」と、先に日本ボクシング協会が他の格闘技に門戸を解放したことの関わりがあるのか、気になるところではある。しかも協会の方は、まずヘビー級と女子から始めると発表しており、今回の山根氏のヘビー級選手権実施は大変気になるところではある。
 山根氏の周囲には、実力者もかなり存在するといわれているだけに、プロの世界にある意味での「圧力」をかけることも不可能ではないだろう。俺が圧力といったのは深い意味ではないよ。何しろプロの世界も色々の考えをもった人達も多数いるからね。
 まあ平たくいえば、面白くしてもらえればいいんだよ。今のボクシング界は、井上尚弥を頂点にして人気ボクサーも出始めており、徐々に格闘技の世界の中にボクシングが急上昇中なので話題は大きく広がっていけばいいんだよ。ただし無責任なものはダメですよ。今回の山根氏の新団体が今後どんな動きをしていくか注目されるところだが、他のジム関係者がどんな動きをみせるかにも注視したいところだね。

 俺との対談が実現すれば面白いね。俺も言いたいことは言う方だしね。みんな楽しみにしているんじゃないの(大笑い)。まあ果たして今回の「山根爆弾」着弾点はどこら辺りか?に興味を持って見守っていきたいもんだね。

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×