【インタビュー】雅駿介が8・18『K.O CLIMAX 2019』で対戦する旧知の良太郎戦への思いを語る!「ファンの方と一緒に試合を楽しみたい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月18日(日)大田区総合体育館にて開催される『K.O CLIMAX 2019 SUMMER KICK FEVER』で、良太郎と対戦する雅駿介のインタビューが行われた。

――キックボクシングを始めたきっかけを教えて下さい。
「もともと地元の市川市にあったジムで高校 1 年生の頃からキックボクシング始め、国士舘大学に進学してキックボクシング部に入部したのですが、家から大学までの間で学校から帰ってくる時に通えるジムにも行こうと思い、見学に初めて行ったのが今の PHOENIXジムでした。ジムでは梅野さん、ハチマキさんがガンガン練習してて、その迫力に圧倒されて入会を決めました」

――学生キックの戦績は?
「2014 年に学生キックでライト級チャンピオンになり、その年に KAMINARIMON で優勝しました」

――本名は井上駿介で、どうしてリングネームは雅(みやび)駿介なんでしょうか。
「PHOENIX に久保政哉という 1 つ上の先輩の選手がいて、彼が付けたリングネームなんですけど、インタビューの記事とはしては使えません(笑)。僕はこのリングネームを気に入ってないのにいつの間にかプロデビューさせられて……もう 4 年経つのですが、もうこのリングネームに慣れてしまいました(笑)」

――KNOCK OUT 初参戦が決まり、心境はいかがですか。
「KNOCK OUT が旗揚げした時に、梅野(源治)さんが主力の選手として出ていて、当時、僕は全然注目される選手ではなかったのですが、自分も出たいと思ってました。その後、前口(太尊)さんがレギュラー選手として出て勝次選手と凄い試合をしたり、ハチマキさんも出て、ジムの先輩方が活躍していることで自然に目指したい場所になり、今回話をもらった時は嬉しかったですね」

――大会の印象はどうでしょうか。
「ヒジ、首相撲ありのルールで初の華やかな舞台を作ってる団体かなと思います。どこかのベルトを獲ったら出られると思っていて、今年 2 月に MuayThaiOpen ライト級タイトルマッチで翔・センチャイジム選手に勝ってタイトルを獲らせてもらったのですが、その試合前に翔選手が KNOCK OUT に出たいとアピールしていたのをちらっと聞いていたので、ここで勝ったらもしかしたらチャンスをもらえるかも!?とは思ってました」

――対戦する良太郎選手の印象を教えて下さい。
「2016 年 11 月に一度試合して僕が勝っているので、選手としての印象は……teamAKATSUKI の代表をやっていて、選手をチャンピオンに育てているのは単純に凄いと思いますけど、僕は良太郎選手以上にもっと強い選手とやっているのでそこまで問題はないかと思ってますね」

――今回はその時以上の実力差を見せ付けて勝ちたいという思いますか?
「そうですね。僕は 2014 年に学生キックのチャンピオンになって 2015 年の 3 月にプロデビューしたんですけど、当時プロデビュー前、ジムの加藤会長が凄く厳しくて、アマチュア選手がどれだけ強くても最大で 3 分 3Rしかトレーナーにミット持ってもらっちゃダメというルールがあったんです。その練習だけでは不安だった中、知り合いの伝手で池袋 BLUEDOG GYM に練習行かせてもらったことがありました。その時に良太郎選手と出会って、よくスパーリングをやらせてもらったのですが、ボコボコにされたのでこんな強い人がいるんだなと。プロデビューして 1 年半後に良太郎選手と試合をすることになり、決まった時はアマチュア時代にやられていた記憶があったのでやばいなとビビっていたんです。でも試合で戦ってみたら意外に動けて、それほどの差を感じなかったので、この 1 年半の練習は嘘じゃなかったなと思いました。今回はあれから 3 年近く経っているので、その時以上に差を見せられると思います」

――良太郎選手は、昔はヤンチャしていた過去がありますが、特にそういう怖さはないですか?
「見た目は怖いですけど、本当は気持ちが小さくて見た目を頑張ってるんじゃないかなと思ってます(笑)。試合で対峙した時に、雰囲気をそういうふうに感じちゃいました。人間として僕の方が強いなと。良太郎選手とは地元も近いんですけど、ヤンチャしていた頃に良太郎選手の名前を聞いたことがないですし、過去のことは試合になったらあんまり関係ないかなと思います」

――梅野選手は現在もムエタイのトップ戦線で活躍していますが、刺激になりますか?
「僕が入会したときから一番強かったのに、誰よりもサンドバックを叩いたり、誰よりも練習してたのが梅野さんでした。そういうのを見てるので、誰よりも練習しなきゃと思って僕も頑張ってます。梅野さんは、口数は多くないんですけど、練習をやる姿勢、試合で見せたりと背中で語るタイプなので僕は見て学んでいます」

――今後の目標は何でしょう?
「自分が初めて負けた試合が中国のイベントに出た時のハン・ズーハオ戦でした。そこでボコボコにされて、世界との差を肌で感じたのでそこを目指してます。本当に強い世界のレベルを体感したので、そこに僕も食い込んで行きたいと思います」

――KNOCK OUT でやりたい相手はいますか?
「まずは KNOCK OUT でお客さんに僕の顔を覚えてもらって、看板選手になって盛り上げたいという気持ちがあります。やりたい相手は、自分より名前が売れてて強いと思われてる選手ですね。例えばスアレック選手、町田(光)選手、重森(陽太)選手、高橋(一眞)選手とかライト級で強いといわれる選手とはどんどん試合をして行きたいと思います。出るからには KNOCK OUT のベルトも欲しいと思います」

――KNOCK OUT ライト級王者ヨードレックペットの首を狙うと。
「全然、今は話にならないぐらいの差があると思うんですけど、一つずつ壁を超えていき、いつか辿り着けたらと思います」

――KNOCK OUT は KO の多い大会ですが、ご自身も KO を狙いますか?
「新制 KNOCK OUT として一発目の興行なので、インパクトを残すためには KO で勝たないといけないと思っています。ファンの方とは一緒に試合を楽しみたいと思ってるので、一緒に盛り上がりましょう」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×