アーノルド・シュワルツェネッガーがWWEの名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」入り

  • -
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

WWEは、米国時間3月28日アーノルド・シュワルツェネッガー氏をWWEの名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」に迎え入れることを決定した。

元カリフォルニア州知事(2003-2011)、ボディビルダー、「ターミネーター」をはじめ「プレデター」「トゥルー・ライズ」「キンダーガーデン・コップ」など数多くの主演作を成功に導いた映画スターなど数々の肩書を持つアーノルド・シュワルツェネッガー氏は、1970年代から長年に渡るWWEファンであり、WWEの看板番組である「ロウ」「スマックダウン」にもたびたび登場している。
2013年の「ホール・オブ・フェーム」セレモニーでは、ブルーノ・サンマルチノ氏のインダクターとして登壇、先導役をつとめた。最近では、2014年3月28日の「ロウ」に登場、ハルク・ホーガンとWWEスーパースターザ・ミズがやりあうシーンで一役買った。国際的なボディビル大会「ミスター・オリンピア」を7回制し、毎年20万人が参加し18,000人を超える世界のトップアスリートが名を連ねる「アーノルド・スポーツ・フェスティバル」の創始者でもあるシュワルツェネッガー氏は、数十年にわたって健康とフィットネスを広めた功労者であり、WWEの名誉殿堂入りが相応しい人物といえるだろう。

2013年ホール・オブ・フェーム授章セレモニーにてWWEのタレント・ライブイベント・クリエイティブ部門取締役副社長トリプルHことポール・レヴェスクは「アーノルド・シュワルツェネッガー氏をWWEの名誉殿堂『ホール・オブ・フェーム』に迎え入れることは、我々にとっても非常に名誉なことです。スクリーン上でも実生活でも伝説的な彼の存在感はWWEの世界そのものであり、多くの記憶に残る瞬間がうまれました。」と語った。
WWE「ホール・オブ・フェーム」の授章セレモニーは、WWE年間最大のイベント「レッスルマニア31」の関連イベントとして、3月28日米国・カリフォルニア州サンノゼSAPセンターで開催される。

【記事提供/WWE Japan】

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る