【試合詳細】6・1 WAVE新木場大会 桜花由美vs志田光 高瀬みゆきvs宮崎有妃 HIRO’evs梅咲遥 水波綾&野崎渚vs彩羽匠&門倉凛 有田ひめかvsマリ卍vs進垣リナ

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『NAMI☆1〜Jun〜』
日程:2019年6月1日(土)
開始:18:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:203人

▼ヤング3WAVE 10分1本勝負
有田ひめか(Beginning)
VS
マリ卍(PURE-J)
VS
進垣リナ(2AW)
※時間切れ引き分け

▼スクランブルwave 20分1本勝負
△水波綾/野崎渚
時間切れ引き分け
[NEW-TRA]彩羽匠(Marvelous)/△門倉凛(Marvelous)

▼CATCH THE WAVE2019~ヤングブロック~ 10分1本勝負
○HIRO’e【2勝0敗=4点】
9分58秒 サクラ落とし
●梅咲遥(ディアナ)【0勝2敗=0点】

▼CATCH THE WAVE2019~パワーブロック~ 15分1本勝負
○高瀬みゆき(Beginning)【1勝1敗1分=3点】
5分33秒 場外カウントアウト勝ち
●宮崎有妃【1勝2敗=2点】

▼CATCH THE WAVE2019~ビジュアルブロック~ 15分1本勝負
○桜花由美【1勝1敗=2点】
12分5秒 ビッグブーツ→片エビ固め
●志田光(魔界/AEW)【1勝1敗=2点】

桜花がAEW帰りの志田を沈めてCATCH THE WAVE初白星!高瀬がベテラン宮崎から勝利の大金星!デビュー5年目のHIRO’eがヤングブロック無敗で全勝制覇に王手!

選手入場式


 試合に先立ち、出場選手の入場式がおこなわれ、選手を代表しアメリカから無事帰国した水波綾が挨拶をおこなった。

水波「新木場大会、ご来場ありがとうございまーす! Ryo Mizunami,Comeback to JAPAN! さあ今宵は土曜日の夜、そう“サタデーナイト”です! 広田さんは今日はいませんが、広田さんがいないぶんだけサタデーナイトでフィーバーしちゃいましょ−! それでははじめます。Here we Go——!」

第1試合


ヤング世代の有田ひめか<アクトレスガールズ>、マリ卍、進垣リナ<2AW>が3WAYマッチで激突。

スタートは3人とも様子を見合う。ひとまずマリ卍&有田が共闘路線を敷くも、進垣がクロスボディーで迎撃。これをマリ卍&有田がキャッチしていく。続いてショルダータックル合戦となり、有田が串刺し攻撃につなげる。

寸前でかわしたマリ&進垣。マリが串刺しバックエルボーを放つと、進垣も続く。有田を孤立させたマリ&進垣は張り付け逆水平チョップをお見舞いする。

さらにはトライアングルのエルボー合戦、スリーパーのトーテムポールと続き、進垣が頭脳プレーで主導権を握る。一人抜け出した進垣がマリ卍に首4の字固めを極めると、有田もマリに逆エビ固め。ダブルで苦しめられたマリだったが、進垣がロープに逃げ込み命拾い。

続いて有田がマリ&進垣に串刺しボディーアタックを狙うが、進垣がかわしてマリにサク裂。すかさず進垣は有田の背後からスクールボーイでカウント2。走る有田に進垣がワキ固め。堪えられると腕十字に移行する。これを担いで脱出した有田がアルゼンチン・バックブリーカーで捕獲。

そこにマリがガットショットでカットに入る。残り時間が少なくなるなか、マリは進垣をグランド卍固めで捕獲。有田が助けに入り、「登れ!」と進垣に指示を出す。しかし有田が裏切り、マリにスクールボーイ。これはカウント2。そこから丸め込みの応酬となったが、3選手とも決め手をかき、ドローとなった。

第2試合


アメリカのAEWに参戦し、無事帰国した水波綾が野崎渚とタッグを組んで彩羽匠&門倉凛と対戦。

スタートは野崎VS彩羽。力比べからリストロック、ヘッドロックの取りあいとなる。まずは彩羽のショルダータックルが決まる。キックで追い打ちをかけようとする彩羽だったが、かわした野崎がビッグブーツ。これは彩羽も読んでいた。

水波VS門倉となり、門倉がドロップキック。かわした水波がギロチンドロップを狙うが、門倉も読んで低空ドロップキック。だが、水波もすぐにショルダータックル→ギロチンドロップでカウント2。続けざまにキャメルクラッチの体勢に入るも、門倉が噛みつきで脱出。水波は「噛むから気をつけて」と野崎にタッチ。

野崎は門倉の顔面にストンピング。胸元にはブレイジングチョップをお見舞いする。再び水波が出ていきマシンガンチョップで序盤のお仕置き。逃げようとする門倉にしつこく放っていき、「サタデーナイトフィーバー」らしきダンスを披露したあと、串刺しラリアット! 続く野崎は卍固めで捕獲する。

ローンバトルを強いられる門倉。水波に小刻みエルボーで反撃。そしてネックブリーカードロップを放って、ようやく彩羽とタッチ。彩羽はローキックを連発。ランニング・ローキックでカウント2。さらに水波&野崎を手玉に取ると、水波にニールキック。そしてニュートラの連係ドロップキック、連係ギロチンドロップを敢行する。

続く門倉が振り子式DDTでカウント2。さらにウラカンラナを狙うが、これは水波がパワーボムでコーナーに叩き付けていく。追い打ちをかける水波はパワースラム。カウント2。

タッチを受けた野崎はミサイル弾からのダブルニーアタックで追撃にかかる。門倉も串刺しドロップキックでやり返し、キャノンボールを投下。野崎もビッグブーツで応戦し、おしゃれキックで追い打ち。

門倉もグランド卍固めで攻守逆転。野崎がエスケープすると、低空ドロップキックなどにつなげる。さらに逆打ちを狙うが、野崎が切り返すと、門倉もドラゴンスリーパーへ。走る門倉に野崎がカウンターのビッグブーツ。カウント2。

今度は彩羽が出ていき低空ドロップキック。ブレーンバスターを放ってハイキックを狙う。かいくぐった野崎がドルミルへ。残り5分。切り返されると野崎はローキックで追撃。ザキゴエも彩羽がかわしてキックのコンビにつなげる。さらに高速ブレーンバスターからコーナーに向かうも、水波が足止め。野崎が復活し追いかけるも、門倉がパワーボムで野崎を引き離す。間髪入れずに彩羽がスワントーンボムを投下。だが、これは自滅。逆に野崎がドルミルで捕獲すると、慌てて門倉がカットに入る。

混戦模様のなか、水波がラリアット→裏投げでアシストに入る。そのまま続投した水波はラリアット、ドラゴンSHで攻勢に。もう一度ラリアットを狙うが、彩羽もかわす。そしてカウンターのエルボーからライガーボムでカウント2。残り1分。ランニングスリーを狙う彩羽だったが、野崎にカットされると、そのままドローを迎えた。試合後、彩羽と水波が一触即発。しばらく睨み合ってリングを降りた。

第3試合


ヤングブロックは6月1日現在で、HIRO’e2点、星いぶきが2点(全日程終了)、Maria2点、梅咲遥0点という状況。この日が2戦目となるHIRO’eはディアナの新人・梅咲遥と対戦した。

ゴングと同時に梅咲がスクールボーイ、首固め、逆さ押さえ込みでカウント2を連発する。HIRO’eのドロップキックをかわして弓矢固めへ。耐えられると小刻みエルボー。ドロップキックでカウント2。

HIRO’eもボディースラムで攻守を入れ替え逆片エビ固めで捕獲。梅咲がロープ。串刺しドロップキックで追撃するHIRO’e。カウント2。

劣勢の梅咲だったが、クロスボディーで反撃。すぐにHIRO’eもやり返し、串刺しドロップキック。梅咲もやり返すが、HIRO’eがブレーンバスターを敢行。さらにロングビーチで捕獲する。ブレイクされると低空ドロップキック2連発で追撃。ミサイルキックをかわした梅咲が場外にHIRO’eを落としてエプロンからのプランチャ・スイシーダ。そして、リングに戻ろうとするHIRO’eを阻止する。

カウント8でリングに生還したHIRO’e。梅咲がドロップキックを連発させていく。カウント2。ならばと梅咲はセカンドからのドロップキックを2発。そして丸め込みを連発。残り1分となり、HIRO’eがヒロギョプサルを狙う。梅咲が切り返すと丸め込みの応酬に。さらにドロップキックの応酬から、HIRO’eがスピア。ブレーンバスターでカウント2。ミサイルキックを返されると、サクラ落としでトドメを刺した。

HIRO’eは得点を4に伸ばし、ヤング首位に。ブロック優勝の可能性はHIRO’eとMariaに絞られた。

第4試合


パワーブロックの得点状況は、6月1日現在で優宇が3点で首位。宮崎有妃、水波綾が2点で追い、高瀬が1点という状況。ブロック優勝の可能性を残す宮崎にとっては絶対に負けられない最終戦となった。

高瀬恒例の入場パフォーマンスを宮崎が襲撃しゴング。ラリアットを放っていく。高瀬もラリアットで応戦するが、歯が立たない。

宮崎は早速ムーンサルトプレスを投下したが、寸前でかわした高瀬がようやく流れを変える。花道に出て張り付けラリアット。リング内ではカミカゼからギロチンドロップを放つ。かわした宮崎が投げっぱなしジャーマン。

高瀬も負けてはいない。ブーメランアタックからジャンピング・エルボーアタックでカウント2。「勝つ!×3」と叫びながらコーナーに登る高瀬。

だが、宮崎がリップロップで捕獲し、雪崩式ブレーンバスター。さらにエプロンでギロチンドロップ、場外助走からのキックを狙うが、高瀬もかわす。そして場外へのジャーマン! これで大ダメージを負った宮崎。なんとかリングを目指すが、高瀬がヘッドバットからのドロップキックで突き落とし、場外カウントアウト勝ちを収めた。

高瀬は1勝1敗1分の3点、宮崎は1勝2敗の2点で全日程を終了。パワーブロックは6・16川崎でおこなわれる優宇VS水波の勝者が1位抜け決定することとなった(優宇は引き分け以上で1位通過)。

第5試合


ビジュアルブロックの6月1日時点の得点状況は、野崎渚、志田光が2点。桜花由美、有田ひめかが0点。この日は桜花VS志田の元シダレザクラ対決がおこなわれ、すでに1敗を喫している桜花は絶対に負けられない一戦となった。

試合はロックアップからリストロックの取りあいでスタート。桜花がビッグブーツで抜け出し、ダイビング・サンマドロップを投下する。キックアウトされるとクロスフェースへ。ブレイクされると、腰へのダブルニードロップを投下させる。さらにブラディーEX、キャメルクラッチ、クロスフェース、クルスフィクスという関節地獄へ。耐えられるとカカト落としでカウント2。もう一度クロスフェースで捕獲する。

なんとか志田がロープに逃れると、今度はロープ越えの変形ブラディーEXへ。カカト落としを狙うが、かわした志田が雪崩式ブレーンバスター狙い。堪えられると延髄斬りを敢行。2人とも場外に落ちると、志田が場外でジャンピングニー!

リング上でも、志田がブレーンバスターからのスリーカウントで攻勢。これを寸前でかわした桜花がバックドロップを放つ。だが、すぐに志田も至近距離からのヒザ蹴り、ジャンピングニーで応戦しダブルダウン。

エルボー合戦から志田がフランケンシュタイナー。そしてランニングニーへ。雪崩式ブレーンバスターでカウント2。目突きからのブレーンバスターを狙うが、桜花が逆に敢行。カウント2。桜花のビッグブーツもカウント2止まり。

ここで残り5分のコール。桜花がタイガーSHを放つ。キックアウトされると走る桜花。志田がカウンターのジャンピングニー。そしてスリーカウントでカウント2。ファルコンアローはカバーの瞬間、桜花が切り返しカウント2。そしてネックハンギングボムでカウント2。

ならばと志田は目突きからの首固め。キックアウトされると走る志田だったが、桜花がカウンターのビッグブーツで3カウント! リーグ戦初勝利を収めた。

桜花「志田! 久しぶりのシングル楽しかった! そして、勝てて嬉しい。アンタがAEWに行っても、また時々日本に帰ってくるでしょ? そのときはまたシダレザクラで組みたいなと思っています! よろしくお願いします。ありがとうございました!! キャッチ中はビッグウエーブやらないつもりだったんですけど、今日はこんなにたくさんのお客さんがいるし、私、勝ったし、気持ちがいいんでやりたいと思います! waveの選手が上がって来てください。その前に今日の観衆発表とかやっちゃおうかな。それでは本日の入場者数は……203。ありがとうございますっ! 今日、いろんな団体がやってるなか、こんなにたくさんの方が、こんなにたくさんの波ヲタがwaveを選んでくれて、すごく×2、うれしいです。ありがとうございます! それではコール&レスポンスいきますよ。私が言ったら答えてくださいね。いいですか、みなさん! 今日の波は最高だったか! この波に乗り遅れるなよ! また波に乗りに来いよーーー! それでは行くぞー、ビッグウエーーーーーブ。ありがと×6。これがー、waveだーっ!」

<試合後コメント>
桜花由美
——今日で初勝利。
「やっと、1勝。残り1試合なので、もう1試合勝たないと波女には近づけないと思います。でも、やっと1勝取れたのですごく嬉しいです」

——AEW所属になって、久しぶりに当たる志田戦はどうだった?
「楽しかったです。成長してるし、たぶんシングルは3、4年ぶりくらいだと思うんですけど。まあタッグでは当たってるんですけど、楽しいなと思いました。またシダレザクラでも組みたいなって。AEWに行っても、また日本に帰ってくるって言ってるので、たまに帰ってくるのでそのときはまた組みたいなとは思います」

——最後は有田戦になるが。
「4月の私の誕生日に当たったときにすごく成長してて、ビックリして。自分のカラダの使い方をやっとわかってきたのかなと思ってて、ちょっと油断はできないとは思います」

——他の選手の状況も気になる? いま2点で並んでいる選手が3選手だが。
「はい。あと野崎がまだ2試合残ってるので、負けてしまえばいいのに!って。やっぱり自分が勝つためには他の人が勝ったら困るので。みんな負けてしまえばいいのにって思うときが(笑)。これは素直な気持ちです。みんな負けてしまえばいい。で、私が次、勝って、ウチのブロックトップで波女に近づきたいと思います」

高瀬みゆき
「いやー、めっちゃ嬉しいです。なんか最近、大型の選手と闘うことが多くて、こないだベルトもすごい大きな選手から防衛したんですけど、宮崎さんっていうとカラダの大きさだけじゃなくてテクニックとか、パワーとかもすごくある選手なので、どうしようと思ってたので、なんかまだちょっと信じられないような。夢見心地な感じですごい嬉しいです」

——今日で最終戦だったが。
「宮崎さんから勝利を奪い取ったことで宮崎さんは本戦に進めなくなったのでしてやったりっていう。ハハハハ!っていう感じです」

――結果的に宮崎選手よりも点数は上で終了を迎えたが。
「あっ、そうですね! すごいですね。宮崎さんより上の点数で! これが2019年の高瀬みゆき、令和の高瀬みゆきということなんじゃないでしょうか!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る