AEWと提携するOWEに黒潮“イケメン”二郎の参戦が決定!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、東京都・新宿FACEにて『OWE日本上陸記念大会』が行われた。

 OWE(東方職業摔角聯盟/Oriental Wrestling Entertainment)とは、闘龍門からDRAGON GATEで活躍したCIMAらが中心となって2018年に旗揚げした中国のプロレス団体。
 プロレスという文化が伝播していない“プロレス最後のフロンティア”である中国で、少林寺などから若きカンフーマスターたちが集まってゼロからプロレスを学び、中国武術とプロレスを融合させた新しいプロレスのスタイルを確立している。
 中国人選手たちの平均年齢は20歳で全員がキャリア1年と産声を上げたばかりの団体でありながら、国内だけでなく世界中で大会を開催するその将来性を見込まれ、ケニー・オメガやヤング・バックスらが旗揚げしたAEWと業務提携を結ぶなど今後の成長と飛躍が見込まれている。

 チケットが1ヶ月前に完売するほど注目を集めていたこの大会では、中国人選手たちが中心となって全5試合が行われ“プロレス×中国武術”というスタイルの一つの完成形を提示。CIMAらの指導でしっかりとしたプロレスの基礎技術を叩き込まれた選手たちが、これまでプロレスを知らなかったからこそ思い付けたであろう斬新な技の数々を驚異的な身体能力で繰り出していく光景を見た観衆は大歓声を贈るとともに驚嘆の声を上げた。
 全試合終了後、大団円となったリング上でT-Hawkが6月20日に再び新宿FACEで大会を行うことを発表すると、突如会場に『HELLO』が鳴り響き、黒潮“イケメン”二郎が登場。

 イケメンは、WRESTLE-1の中核選手として活躍していたが、「アメリカで一番でかい団体でチャンピオンになりたい」という目標のために3月末付でWRESTLE-1を退団しフリーへ転向。今月に入ってからアメリカで試合を行うなど夢に向かって着実に歩を進めており、イケメンは今後の動向について最も注目を集める選手の一人となっていた。

 OWEの選手たちや観衆がざわつく中、イケメンは中国拳法の動きを真似たりと陽気に振る舞いながら「OWEにイケメンが、来たぞー!言っていいですか?6月20日新宿、そしてOWE、イケメン参戦決定しました!」とだけ叫び、OWEの選手が詰め寄るとイケメンは脱兎のごとく逃げ帰ってしまう。
 T-Hawkはあっけにとられつつ、「なんかよくわかんなかったけどよ、6月20日、黒潮“イケメン”二郎参戦決定です」とこれを事後承諾した。

 海外志向から古巣を飛び出したイケメンだけに、OWE参戦からその先のキャリアがどうなっていくのかに注目したい。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×