三沢光晴が繋いだ新崎人生&丸藤正道のタッグがジャイアント馬場興行で激勝!「志賀賢太郎さんもここに居て欲しかった」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、東京都・両国国技館にて『ジャイアント馬場没後20年追善興行~王者の魂~アブドーラ・ザ・ブッチャー引退記念~さらば呪術師~』が行われた。

 この日の第6試合では、丸藤正道&新崎人生vs望月成晃&シュン・スカイウォーカーの試合が行われた。
 試合は丸藤と望月が打撃戦で互角に渡り合い、人生がシュンとのテクニカルな攻防を制して拝み渡り。ここから丸藤&人生が若手のシュンを集中攻撃していくが、シュンがブーメランアタックで一矢報いて望月につなげる。
 望月と丸藤がバチバチと蹴り合い、望月が一角蹴り、シュンがスカイウォーカームーンサルト、スカイウォーカーケブラーダと畳み掛け、望月が勝負を決めにかかるが、一瞬の隙を突いた丸藤の完璧首固めの前に沈んだ。

 バックステージに戻った丸藤と人生は、20数年前に丸藤が三沢光晴の付き人をしていた時期に出会い親交を深めたという思い出を語り、人生が「リング上でスーパースターの丸藤選手と組めるっていうのはホントに嬉しくて、とても安心感が有りました」と言うと丸藤は恐縮しながら「時を経て人生さんに多少なりとも自分の成長した姿を見せられたと思うし、天国の馬場さんにも見ていただけていたら嬉しいですね」と笑顔を見せた。
 そして、二人の思い出話に花が咲く中で志賀賢太郎のことに話が及ぶと、人生は「志賀くんなんていつも言われてたよ。『志賀、もっと食えよ。そんなんじゃだめだよ』ってね(笑)」と語ると、丸藤も思うところあってか「ラーメンの汁まで飲まされてましたもんね(笑)」と苦笑した。
 しかし、最後に丸藤は「本当は今日という日にも馬場さんの付き人をしていた志賀さんにもこの場にいてほしかったんですけども。でも、おこがましいかもしれないけど、僕はそういう気持ちも今日背負って上がらせてもらいました」と真剣な面持ちで語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る