PANCRASE303に元UFCファイターの田中路教が初参戦!「圧倒的な試合にして衝撃的な内容を見せる」

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1月31日夕、都内新宿区のパンクラスで、「PANCRASE 303」(3月17日、スタジオコースト)に、田中路教(チーム・アルファメール・ジャパン)が参戦することが発表された。
 会見の席に就いた田中は、「僕はずっと海外でやっていたので、パンクラスさんとは交わることなく来ましたが、MMAをちゃんとやっている団体だなという印象を持っていました。GRANDSLAMの時は、僕がやりたいと言っていた選手(ホジェリオ・ボントリン戦、2017年10月)を貸し出していただいた恩もあり、参戦することになりました。
 去年、ロシアのACBで、直前に試合ができなくなったということもあって、ロシア人選手を用意してもらえました。区切りをつける意味でも、いい試合になると思います。楽しみです」と語った。

 同席した酒井正和・パンクラス代表は「実は、前からラブコールをしていました。田中選手は海外志向が強いですが、日本のバンタム級の中で世界に通用する選手ですし、パンクラスとは相性もバッチリだと思う。ずっと欲しい選手でした」と、以前から出場を要請していたと話した。

 田中は修斗、PXCで活躍した後、UFCに舞台を移し、5戦2勝3敗。その後、GRANDSLAMでホジェリオ・ボントリンに3R裸絞めで一本勝ちを挙げている。次戦は約1年半ぶりの試合だ。「僕はやはり世界に照準を絞っているというか、アメリカのLFAと交渉しているところでした。今回のパンクラスさんは1戦限りになりそうですけど、それでも快く試合を組んでいただきました。その恩に応えるような試合をしたいです。とにかく圧倒的な試合にして、なおかつ衝撃的な内容を見せられればと思います」と意気込みを語った。

 1試合だけのスポット参戦について、酒井代表が「世界を知っている選手がパンクラスで闘うということは、パンクラスがプロアスリートに適していることになります。だったら、1試合であっても何試合であっても構わないという発想なので、違和感はありません」と話すと、田中は「本当にありがたいです。僕のわがままを聞いていただいて、結果でお返しして行きたいです。この試合が決まるまで、本当にいろいろな人が尽力してくれたことにも感謝しています」と話した。

 3月大会の相手は、ウラジミール・レオンティブ(ロシア パンクラオン ハバロフスク)。1997年生まれの21歳で、MMA戦績は2勝1敗だ。同大会で上迫博仁(チームクラウド/和術慧舟會HEARTS)と対戦するソリホン・サドゥロエフ(ライト級2位)の同門だ。田中は「相手の映像は、少しだけ見ました。元キックボクサーということで、ああ、キックボクサーだったんだな、という感じでした。先方(ロシア パンクラオン)は、(田中には)これぐらいの選手でいいだろうと言っているらしいのですが、こちらは口ではなく内容で見せたいです」と言う。
 ロシア パンクラオン協会ではレオンティブを「ハバロフスクで6番目の選手」と言っていることについては、「実は、オファーをいただいたときに、その言葉が添えられていたんです。それを見て受けたところもあります。でも、結果で見せられればいい。6番目で十分なんて、日本人がナメられたらイラっとしますからね」と笑った。

 現在、日本人の参戦が厳しくなりつつあるUFC。少し前に比べ、日本人選手も他に目を向けつつある状況だ。しかし、田中はあくまで UFCを目指すと言う。「とにかく『一番になりたい』と言う気持ちが強いんです。今、どう見ても世界のバンタム級の一番はUFCじゃないですか。その考えが変わらない限り、どんなに厳しい道になっても、困難と言われようとも僕は僕で進んでいくだけです」と力強く語った。
 『PANCRASE 303』はUFC Fight Passでも放送される。初のパンクラスで、田中がどのような闘いを見せるか、要注目だ。

(写真・文/佐佐木 澪)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る