「ジュニアヘビーのトップクラスであることを見せたい」とケニー・オメガがDDTから新日本プロレスへの移籍を発表!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

10月3日、都内の新日本プロレス事務所にて緊急会見が行われた。会見には新日本プロレスの菅林直樹会長と共に、DDTプロレスリングの高木三四郎社長、そしてケニー・オメガが出席した。

まずは昨年、新日本プロレスとDDTの二団体契約を交わした飯伏幸太について、単数年契約の新日本プロレスの契約を1年更新したことが発表された(DDTとは複数年契約)。
続いてケニー・オメガに関してDDTの高木社長から、「例年弊社では1月に選手及び参戦選手の契約を行っていました。ケニー・オメガ選手とも所属という契約ではなく、レギュラー参戦契約というのを結んでいたんですけど、今年の契約がうちのほうの事情に3月に変わったので、ちょうど半年になる先月中旬に契約を交わしている選手を集めて中間面談を行いました。その席上でケニー・オメガのほうから『新日本プロレスで闘いたい』という申し出がありました」と発表があった。

ケニーの意思が固かったこともあり、DDT側から新日本側に打診したところ、新日本側は快く承諾。そこでDDTはケニーとの参戦契約を10月いっぱいで終了し、その後新日本プロレスに完全移籍することが決定。DDTラストマッチとなる10月26日の後楽園ホール大会でケニーは飯伏と組み、男色ディーノ&竹下幸之介とエニーウェアフォールマッチを行うことも発表された。
高木社長は「うちとの契約は来年の1月まであったんですけど、本人の意思もありましたし、どんどん闘いの場を広げていってほしいなというのもあって了承しました。新日本さんにも快く了承いただいて感謝しています」と語った。

菅林会長は「9月半ばにお話をいただきまして、少し驚いたんですけど、こんな素晴らしい選手に上がっていただけるということですぐに社内で話し合いをしたところ、全員賛成だったのでこういう形になりました。非常に期待しています」とケニーの移籍を大歓迎。

流暢な日本語で新日本移籍を決めた理由を語るケニーそしてケニー本人は「いままで新日本には何度も出たことがあるんですけど、それはゲストとしてという感じでした。いまこそ胸を張って新日本のチームメンバーになります。1年に一度の(BEST OF)SUPER Jr.で自分の力を試している。でも今年のBOSJが終わってから、もっと出来る気がしてもっともっと新日本の試合がしたいと思いました。……本当に日本だけじゃなくて、世界のトップクラスの選手が新日本にはいると思う。日本人選手もガイジン選手もみんなトップクラス。だから新日本で頑張ってジュニア(ヘビー級)として、ケニー・オメガはトップクラスということを見せていきます。もちろん、これからは新しいスタートだからハードワークして、ファンたちをガッカリさせないように頑張ります」と、流ちょうな日本語で新日本移籍を決めた理由を語った。

これまで長年ホームリングにしていたDDTに関しては「DDTを離れることが辛くて、寂しくて……ですけれども、私のいまのコンディション、アスリートとしてのコンディション(のピーク)はいまだと思います。もしいま100%限界まで挑戦しないと、自分で(自分に)ガッカリするかも」と、離れる寂しさや辛さはあるが、選手としてピークだと感じているいま、さらなる高みに挑戦したいという、アスリートとしての素直な気持ちを吐露した。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る