「プロレスを辞めろ」と長州に言われた伊橋が藤波&坂口&アントンとタッグで激突!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8月26日、後楽園ホールにて『BLACK OUT presents KING OF DDT 2018 FINAL ROUND』が開催。藤波辰爾が坂口征二の息子である坂口征夫&アントーニオ本多とタッグを組み、長州力から「プロレスを辞めろ」と叱咤を受けた伊橋剛太と樋口和貞&上野勇希が6人タッグで激突した。

 藤波の眼の前でアントンがアントンジョークを飛ばしながらのごんぎつね(創作昔話式サミング)で会場をヒヤヒヤさせると、伊橋がボディスラムからのボディプレスで制裁。
 樋口が追撃していき、藤波の動きを止めるとそこへ伊橋がムーンサルトを投下していく。しかし藤波が逆襲しようと足をとるが、ドラゴンスクリューをはなつ前に伊橋がコケてしまい藤波は動揺。すぐに樋口、上野とドラゴンスクリューで投げ飛ばし、改めて伊橋をドラゴンスクリューで投げ飛ばすと、最後は坂口がボディブローやミドルキックで動きを止めて藤波がドラゴンスリーパーでギブアップを奪った。

 藤波はマイクをとると「ちゃんと踏ん張っとけ足とったら!」と伊橋を叱るが、「まだやんのか?プロレス好きなんだろうから、もうちょっとね。次は長州連れてくるから」と長州と伊橋の対戦を約束する。
 これを聞いた伊橋は「藤波さんからまだまだだって言われたので、(長州さんと闘う前に)もっともっと練習して、次はよくやったって言ってもらえるように頑張ります」と悔しそうな表情で会場を後にした。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×