US王者・中邑真輔がトゥルースに快勝しサマースラムでのジェフ戦へ弾み!ヒデオが実力者アリを撃破し存在感を示す!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 現地時間8月7日、フロリダ州オーランドでスマックダウンが開催された。

▼中邑、トゥルースに快勝で「サマースラム」に弾み
 US王者中邑真輔がR・トゥルースの挑戦を受けてシングル戦で対戦。
 試合前、中邑はサマースラムで中邑と闘いたいと希望するトゥルースに対して「寝言は寝て言え」と日本語で一蹴。中邑はヒザの連打で先制し「カモーン」とトゥルースを挑発。反撃を試みるトゥルースを飛び付き腕十字から三角締めで追いつめ最後はキンシャサを叩き込んで3カウント。
 中邑は王者としての実力差を見せつけてトゥルースに快勝し、PPV「サマースラム」で行われるジェフ・ハーディとのUS王座戦に向けて弾みを付けた。PPV「サマースラム」は日本時間8月20日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼ヒデオ、実力者アリ撃破で存在感

 205 Liveでヒデオ・イタミがムスタファ・アリとシングル戦で激突。
 試合前にヒデオは「アリは俺が誰かまだわかってない。俺をマジにしたらどうなるか思い知らせてやる」と意気込み、試合が始まるとヒデオは「リスペクト・ミー」と感情むき出しにアリの顔面を蹴りつけ、さらにエプロンの攻防で豪快なドロップキックを、コーナーポストに吹き飛ばして蹴り飛ばすなどの猛攻。アリがスーパーキックやパワーボムで反撃するとヒデオもファルコンアローで叩きつける白熱の攻防。しかし、ヒデオがスチール階段に誤爆しアリにセカンドロープからDDTを食らい劣勢となるが、ヒデオはトップロープでバランスを崩したアリを逃さず攻撃。串刺しドロップキックを3連発からピンフォールを奪って勝利した。実力者アリを撃破したヒデオが再びクルーザー級王座戦線で存在感を示した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る