内藤が前哨戦でみのるに敗北も「裸の王様になる覚悟はあるか?」と挑発!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『Road to レスリングどんたく 2018』が開催され、L.I.Jと鈴木軍の対抗戦が行われた。

 IWGPインターコンチネンタル王座を巡って抗争を続けている鈴木みのると内藤哲也だが、この日も二人はL.I.Jvs鈴木軍の10人タッグマッチで対戦。
 ゴング前に鈴木軍の奇襲から試合は始まり、EVIL&SANADAとデイビーボーイ・スミスJr&ランス・アーチャーと因縁のあるペアがぶつかる中、みのると内藤は互いしか見えておらず、どちらかが試合権利を得てリングに入るともう片方もタッチをもらって対面していく展開が続く。
 試合終盤、みのるは内藤にPKを狙うが、かわした内藤が「王様ァ!」と叫びながらみのるの後頭部にドロップキック。さらにネックブリーカーからみのるの頭をグリグリと踏みつけていく。起き上がったみのるは内藤の足を取って足4の字固め。徹底して内藤のヒザを破壊しに行く。これをブレイクした内藤は起き上がりざまに延髄斬りからスイングDDTでヒロムに繋ぐ。
 最後は、ヒロムがTIME BOMBを狙ったところを着地して組み付いたみのるがスリーパーからゴッチ式バイルドライバーでカウント3。

 試合後、マイクを取ったみのるは「内藤、テメーは調子に乗りすぎだ。テメーは熊本で終わるんだよ!お前の詐欺師ごっこ、これにて終了。俺達鈴木軍、イチバーン!」と叫びリングに背を向ける。
 その鈴木の背中へ内藤は「王様!いやぁ、失礼しました。王様、あなたが大事に持たれている……そして、宝物だと仰るそのインターコンチネンタル王座、熊本で失ってしまったら、いったいどんな言い訳を並べるおつもりでしょうか?宝物を失った王様がその後リング上で一体どのような振る舞いを見せるのか、俺はその姿が楽しみでしょうがないですよ。丸腰の王様……つまり、裸の王様になられる覚悟は宜しいでしょうか?丸腰になるその時まで……トランキーロ!あっせんなよ!」と挑発。みのるは内藤を睨みつけながらリングを後にした。

 バックステージに戻ったみのるは「お前は俺から動かないと何も自分から動くことが出来ない。すべて誰かが歩いている後に落ちているものを拾っているだけだ。内藤よ、口八丁手八丁、次は俺の何を拾うんだ?俺は王様だからな。たくさんのものを落としてやるから全部拾えばいい。そう……俺の前に(ベルトを足元に投げ捨てて)これを拾いに足元にすがりつけ。そして俺に命を捧げるがいい。1,2,3の前に俺に命乞いをするんだなぁ?俺達鈴木軍、イチバーン」と言い残し、不気味な笑みを浮かべながら去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×