バラモン兄弟と鈴木秀樹が“はぐれバラモン”を結成!さらにはぐれ軍のW-1&DRAGON GATE参戦を求めて直談判!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京都・新宿FACEにて『はぐれIGFインターナショナル旗揚げ戦』が行われ、バラモン兄弟と対戦した鈴木秀樹が“はぐれバラモン”の結成を表明した。

 この日は、3月20日の『当方英雄伝』にてはぐれIGF入りを表明した奥田啓介と鈴木秀樹がタッグを組み、バラモン兄弟と対戦。
 試合前からバラモン兄弟に食って掛かる奥田をよそに鈴木が兄弟に正々堂々の戦いを申し入れると、兄弟も気を良くしてクリーンファイトを誓いゴング。試合が開始されると、奥田がケイをコーナーに押し付けての踏みつけなどのラフファイトを展開。これに怒ったシュウは水を噴射し場外乱闘へ。結局場外カウント20を取られ、試合は引き分けに。
 これに納得がいかないシュウは「俺納得いかねーよ。あの金髪の人ぶっ潰してやるよ!」と叫び、場内の声援に応えて再試合が決定。しかしこの再試合も早々に場外乱闘へと発展し、カウント20で両者リングアウト。
 すると今度は鈴木が「こんなんじゃ終わりません。バラモンシュウさん、ケイさん、僕と真剣勝負してください!」と申し入れ、また再試合が開始されるが、兄弟は奥田に早々にパウダー攻撃から五体不満足。これを返されるとまた場外乱闘へ発展し、鈴木と奥田に墨汁攻撃を狙う。鈴木はこれを奪い取って自らも口に墨汁を含むが、兄弟と一緒に奥田に墨汁を噴射。そのまま場外カウント20となり、三度リングアウトで試合終了。

 試合後、鈴木は兄弟の手を握り、“はぐれバラモン”の結成を宣言。
 兄弟は「バラモン自体がはぐれてたんだけど?!」と戸惑いながらも、「やったぁ!初めて友達できた!」とはしゃぎ、これを受け入れた。

 一方の奥田は、怒り狂いながらバックステージにやって来ると「また俺をはぐれさせるつもりなのかよ!ふざけんな!こんなんやってられねぇよ!ちゃんとやれよ!はぐれの中でまたはぐれたよ」と鈴木に怒鳴り散らし、会場を後にした。
 残された鈴木は「(奥田は)はぐれIGFインターナショナルを離脱するそうなんで、今までありがとうございました」と一礼し、自らも立ち去った。

 さらに鈴木は、カズ・ハヤシ&B×Bハルク&青木真也が出場した試合後のコメント会場にもふらりと現れ、カズとハルクに「WRESTLE-1とDRAGON GATEにはぐれ三銃士、NOSAWA論外&鈴木秀樹&青木真也の参戦が決まりました!ありがとうございます!」とはぐれIGF軍参戦を既成事実化する形で直談判。
 カズとハルクが苦笑いで明言を避ける中、ハルクが先に離脱に成功。鈴木は逃げ遅れたカズを「社長!WRESTLE-1は!WRESTLE-1は!」と追いかけながら去っていった。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×