王座戦を前に中邑がスタイルズに心理戦!電撃復帰のブライアンがシェインとのタッグでWM出撃宣言!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 米国現地時間3月27日ペンシルベニア州ピッツバーグのスマックダウンで中邑真輔がシェルトン・ベンジャミンとのシングル戦に勝利。また先週電撃復帰を発表したダニエル・ブライアンがレッスルマニアでシェーン・マクマホンとタッグを組み、ケビン・オーエンズ&サミ・ゼインと対戦することを発表した。

▼復帰のブライアン、レッスルマニア出撃宣言

 先週のスマックダウンで電撃復帰を発表したダニエル・ブライアンGMが、レッスルマニア出場を宣言した。
 ステージに登場したブライアンはGMとして解雇にしたケビン・オーエンズ&サミ・ゼインに触れると「彼らにチャンスを与えようと思う。レッスルマニアでシェーン・マクマホン&ブライアンと対戦し、勝利すればスマックダウン復帰を許す。俺はレッスルマニアで復帰する」と自身の復帰がレッスルマニア34になることを力強く明言した。するとゼインはツイッターで対戦を承諾し、「シェーンとダニエルにとって最悪な夜になるだろう」と報復を予告。
 果たして復帰戦を勝利で飾りたいブライアンと復帰のチャンスをものにしたいオーエンズ&ゼインの闘いはどのような展開を迎えるのか。WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼中邑、スタイルズに心理戦

 レッスルマニア34でAJスタイルズのWWE王座に挑む中邑真輔がシェルトン・ベンジャミンと対戦した。中邑の希望でスタイルズがセコンドに付くと、ベンジャミンにはパートナーのチャド・ゲイブルがセコンドに付いた。スタイルズがエプロンで妨害を狙うゲイブルを引きずり下ろしてサポートすると、中邑は飛び付き腕十字、三角締めと関節技でベンジャミンに攻め込み、最後はセカンドロープからジャンピングキンシャサ、さらにコーナーでたぎって2発目のキンシャサをベンジャミンに叩き込んで快勝した。
 試合後、中邑は「今日は俺がレッスルマニアでどうやってお前を倒すか見せるためにセコンドに呼んだんだ」と狙いを告げると、スタイルズは「心理戦か?この王座戦は特別なんだ。みんなの、そして俺にとってもドリームマッチなんだ。俺はお前に勝ってベストであることを証明する」と興奮気味にコメント。少し困った表情の中邑は「だから俺はお前を倒せるんだよ。お前は感情的過ぎるからな」とスタイルズに弱点を警告してリングを降りた。
 しかし、その直後に背後からベンジャミン&ゲイブルがスタイルズを襲撃。中邑はリングに戻るとゲイブルにリバースパワースラム、ベンジャミンにハイキックを決めて蹴散らし、なんと倒れているスタイルズにキンシャサを狙う。しかし、中邑は寸前のところでこれを止めると「ニー・トゥ・フェイス」と言ってスタイルズの頭を軽く叩いてリングを後にした。
 果たして中邑が仕掛けたこの心理戦はWWE王座戦にどのように影響するのだろうか。WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼戸澤陽がフェイタイル4ウェイ戦で敗退

 205 Liveで戸澤陽がフェイタル4ウェイ戦でカリスト、TJP、バディ・マーフィと対戦した。戸澤は因縁のあるカリストにセントーン、TJPにトペ・スイシーダ決めて勢いに乗る。そして、TJPがカリストにロメロスペシャルを決めたところにマーフィがピンフォールに入ると、戸澤がトップロープからセントーンでこれをカット。お互いにハイレベルな技の攻防を展開するも、最後はマーフィがマーフィーズ・ロウでTJPを沈めて勝利した。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る