IWGPヘビー級王者vsIWGPジュニアヘビー級王者の対戦が旗揚げ記念日のメインで実現!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6日、大田区総合体育館にて新日本プロレス『旗揚げ記念日』が開催された。メインイベントでは、第65代IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカvs第80代IWGPジュニアヘビー級王者のウィル・オスプレイの対決が実現した

 試合が始まると、ロックアップからバックの取り合い、グラウンドの攻防からリストの取り合いとオーソドックスな展開。一転してオスプレイのハイキックを避けたオカダがレインメーカーも、これを避けたオスプレイがオスカッター。オカダもこれを避け距離を取る。緊張感の続く技の応酬から、オスプレイはコークスクリューキックからオスカッターも、キャッチしたオカダがコブラクラッチ。逃れたオスプレイがエアー・アサシンで追い込むも、最後はツームストンパイルドライバーで突き刺したオカダがレインメーカーを叩き込み3カウントを奪った。

 見事旗揚げ記念日のメインで勝利を飾ったオカダは「3つ、言わせてください。一つ!オスプレイ、やっぱりお前最高だな。レスラーとしても大好きだし、弟としても大好きだよこの野郎。二つ!おかげさまで、新日本プロレス、46周年を迎えることができました。明日から、47周年目が始まる。棚橋、違うな。内藤、違うな。ケニー・オメガ違うな、オカダ・カズチカに任せなさい!三つ、とくにありません。そして今日は、外道さんがいません。でも!外道さんと、俺との付き合いは、46周年、今日までです。嘘に決まってんだろこの野郎!48年49年50周年51525354周年、一生俺と外道さんのペアで金の雨を降らし続けてやるからな。まだまだこの新日本プロレスに、47484950515253周年永遠に!金の雨が降るぞ!」と宣言。
 バックステージでも「オスプレイがいて、オカダがいるっていうことは……新日本プロレスは、“オスプレイ×オカダ”で金の雨が降りますね。お金ですよお金。“オスプレイ×オカダ=お金”!今の新日本プロレス、47周年ももっともっと先を見ていきましょうよ。ホント新日本プロレスのレスラーでいられることを誇りで、プロレスラーであることを誇れるようにプロレス界を盛り上げていきたいと思います」と今後のプロレス界を背負う覚悟を見せた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る