【試合結果】3・3 関西学生プロレス祭KBSホール大会 【OWFヘビー級&W-CROSS無差別級】コニティゴラvsCRハーデス 【京都統一タッグ】ジャック・電マー&性器勃IIvs龍國弾正&ZIMA

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『関西学生プロレス祭2018』
日程:2018年3月3日
会場:京都KBSホール
開始:16:00
観衆:223人

▼第一試合 シングルマッチ時間無制限1本勝負
○覇王やすのり(DWA2)
14分48秒 OMG→片エビ固め
●SMパンク(RWF1)

▼第二試合 藤子・Fuck・不二雄&RUSHわたき提供コミック試練の三番勝負 各時間無制限一本勝負
<一本目>
○ひきこもり
3分20秒 ダブルアームスープレックス→体固め
●お母さん

<二本目>
○ひきこもり
4分49秒 KO(テレビへの顔面クラッシュ)
●親戚のウザいお兄さん

<三本目>
○ひきこもり
3分58秒 究極奥義リバースファイヤーバードファミコンカセット挿入
●X=処刑人

▼第三試合 タッグマッチ UWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス提供試合 時間無制限一本勝負
ONAKIN(SWS3年)/○太くて固いの星ぃ野勘九郎(SWS2)
19分31秒 ポツダムスラム→体固め
●クスリ松村(UWF3)/ガッツ人妻(UWF2)

▼第四試合 6人タッグマッチ 時間無制限一本勝負
ドラゴン・X・ヘッド(RWF4)/○D・D・D(W-cross2)/ジミー・旭(W-cross2)
19分45秒 廃仏インディーテイカー→片エビ固め
[プリプリアラモード]キュアビッチ(DWA2)/ピル・ゴールドボール(RWF1)/●穴ぐらしのアナルッティ(DWA1)

▼第五試合 3WAYハードコアマッチ 時間無制限一本勝負
○The リッパー(RWF3)
28分31秒 垂直落下式ブラッディーサンデー→片エビ固め
●鬼怒稔(W-cross3)
※もう一人はストーンむさし(OWF3)

▼セミファイナル 【京都統一タッグ王座戦】タッグマッチ 時間無制限一本勝負
【王者組/パコパコエクスプレス】ジャック・電マー(RWF2)/○性器勃II(RWF2)
45分55秒 車懸
【挑戦者】●龍國弾正(W-cross1)/ZIMA(OWF2)
※第34代王者組が初防衛に成功

▼メインイベント OWFヘビー級王座&W-CROSS無差別級王座ダブルタイトルマッチ 時間無制限一本勝負
【OWFヘビー級王者】○コニティゴラ(OWF3)
24分28秒 スワントーンボム→体固め
【W-CROSS無差別級王者】●CRハーデス(W-CROSS2)
※第34代OWFヘビー級王者が4度目の防衛に成功。第13代W-CROSS無差別級王者が2度目の防衛に失敗。コニティゴラが第14代W-CROSS無差別級王者へ

関西4団体が“魂をかけた”学生プロレス祭で45分を超える死闘!OWFヘビー級とW-CROSS無差別級のダブルタイトルマッチはOWFが勝利!関東二団体も殴り込み!

第1試合

 前説はZIMAとジミー旭の二人。応援やグッズ紹介の後暗転し、OP映像が流れ始めると場内が拍手に包まれる。

 京都統一ヘビー級認定チャンピオンである覇王やすのりが第1試合に参戦。
 ロックアップからパンクがロープに押し込むも、やすのりが体勢を変えてクリーンブレイク。
 再度ロックアップからバックの取り合い。やすのりがヘッドロックで絞りあげると、カニばさみで倒してグラウンドの攻防へ。パンクがバックを取りかえしぶっこ抜こうとするが、リストを取って耐えたやすのりが再度ヘッドロック。そのままグラウンドに持ち込み絞り上げる。パンクはヘッドシザースで切り返すが、やすのりはすぐに切り替えしてリバースインディアンデスロックへ。そのまま足を殺しにかかる。パンクはロープに這ってブレイク。

 手4つの攻防はパンクが優勢になるが、やすのりは丸め込むが2。
 やすのりはガットショットからヘッドロック。パンクはそのまま担ごうとするがやすのりは耐えてフロントネックロック。パンクは立ち上がるとロープに振るが、やすのりはショルダータックル。受けきったパンクが逆にショルダータックルでふっ飛ばし、ロープに振るとラリアット。これをやすのりは丸め込んで低空ドロップキックで倒す。

 再度やすのりがロープに振って低空ドロップキックで倒してフォールも2。
 やすのりは首投げからニードロップを顔面に落とし、足4の字で捕らえて苦しめる。パンクなんとかロープに這ってブレイク。

 やすのりのエルボーとパンクのチョップの打ち合いから、やすのりが低空ドロップキックで倒し、コーナーに振ると串刺しエルボー。さらに足をロープにかけて痛めつけると串刺しドロップキック。さらに、その足への串刺しドロップキックからフォールも2。

 やすのりはブレーンバスターを狙うが、パンクが逆にブレーンバスターで叩きつけフォールも2。
 パンクは強烈な逆水平チョップを叩き込んでいき、ロープに押し込んでチョップから走り込み、ラリアットで場外に叩き出す。

 リングに戻ろうとしたやすのりにロープを使ったスタナーから、エプロンに倒れたやすのりをぶっこ抜いてのブレーンバスター。フォールも2。

 パンクは逆水平チョップを容赦なく叩き込んでいき、やすのりは低空ドロップキックで逃れるとロープに飛ぶが、パンクはキャッチしフロントスープレックスホールドも2。
 パンクはロープに振るとスパインバスター。フォールも2。
 パンクは担ぐもやすのりは着地し膝を蹴りつけコケさせるとラリアット。パンクはその腕を絡め取りショートレンジラリアットでなぎ倒す。フォールも2。
 
 パンクはロープに飛ぶが、やすのりはトラースキックで迎撃し顔面に低空ドロップキック。
 パンクはコーナーに振り走りこむが、やすのりは足を伸ばしてカットしコルバタで投げ、そのままインディアンデスロックで足を極めてエルボーを落としていく。フォールも2。

 やすのりはゴリーニ―を叩き込み、膝立ちで苦しむパンクにくたばれスライディングキックからフォールも2。
 やすのりはロープにパンクの足をかけるとOMGで叩きつけ3カウントを奪った。

やすのり「第1試合からマイクってあんまないんですけどね、言いたいことちょっっとだけあるんで言います。今日メインイベントの、ダブルクロスとOWF、二人のチャンピオンが統一チャンピオンになる。2つのベルト二人で戦います。じゃあ、その間同志社と立命館のチャンピオンなにしてるかって言うと第1試合で前座ですよ彼ら二人の。ボク個人が別に弱いから第1試合、メインイベントなんて任せられないって思われるのは別にいいんですけど、立命館と同志社が毎日頑張って切磋琢磨して闘ってるんですよ。僕たちはダブルクロスやOWFの下じゃないんですよ!今日はね、それが言いたくて第1試合から迷惑をかけますが、マイクでこうやって言わせてもらいました。そしてSMパンク。まだまだだよ。まだ俺を倒すほどの力はないな。今度シングルマッチあるんなら、今度はちゃんとこのベルトをかけて闘おうぜ。その時まで、止まるんじゃねぇぞ…」

第2試合

 急遽三番勝負に変更されたこの試合。まずはひきこもりが入場し、リング上でゲームを始める。
 すると買い物バックを持ったお母さんが現れる
お母さん「お母さんよ。あなた、いつまで、ファミコンやってんの?お母さんもう疲れた。嫌なの。いつまでもファミコンやって、嫌なの。こないだおばさんのところの下の子、たかとしくん!就職したのよ。あなたもいい加減、就職して。ね?」

 ひきこもりがコントローラーを床に投げつける。

ひきこもり「ばばあ一つ言わせていただきますけれども、あなたが先程から言っている就職というのは、いわゆる労働の対価として賃金を得るというあれのことでしょうか?それを言うのであれば、私ネットの方でアフェリエイト収入広告もありますし、何よりもこうやってあの一日21時間、ファミコンをやって、電力を消費して、それで電気代が発生しておるんです。これ一般の経済まわしているってことになりますよね違いますか?」
お母さん「21時間てほとんど、お前ファミコンやってんじゃねーかこの野郎!」
ひきこもり「はいでましたーご存知ですか?ご存知ですか?お父さん?お母さん?」
お母さん「お母さんよ」
ひきこもり「はいご存知でしょうか。かのフランス皇帝ナポレオンは一日21時間働き、私と同じく3時間しか睡眠をとっていなかったといいます。ね?この点を鑑みて一言言わせていただきます。吾輩の辞書に、労働という言葉はない」
お母さん「もう疲れたの(ファミコンに近づきカセットを抜くと投げ捨てる)」
ひきこもり「何してんだこの野郎オイ!わかったよ、こっちにだってな、我慢の限界ってやつがあるぞ。この世代の奴らはよ、やることが荒くてしょうがない。これはもう、拳で抵抗させていただくしかございませんね!」

 お母さんが走り込んでネギで顔面クラッシュ。そのままネギで叩き続け、買い物袋をひきこもりの頭にかぶせて殴り続けると、ボディスラムからフォールも2。
 お母さんが逆エビ固めで捕らえるが、ひきこもりは必死にファミコンに手をかけブレイク。
 レフェリーに文句を言うお母さんに、引きこもりは背後からエルボーを叩き込み、ジャンピング地獄突きからダブルアームスープレックスで叩きつけて勝利。

ひきこもり「わが堕落は永遠に不滅なり。byナポレオン」

 お母さんを倒しファミコンを続けるひきこもりへ、親戚のウザいお兄さんが登場。

お兄さん「おいひきこもりー!お前いつまでゲームやってんだよ!?おい、もう3月3日だぞ?一昨日に就活解禁されたんだぞ?働こう?働けよ。おい、外にはな、刺激いっぱいあるんだよ。俺を見てみろ。勉強、バイト、サークル、全てが僕を大きくしたんだ。君も、なれる。君も、なれる。だから、外に出るんだ!」
ひきこもり「(コントローラーを床に起き)あの、まず一つ言わせていただきますけれども、わたくしあなたみたいに自分の価値観を一方的にひとに押し付けてくるタイプの人間が大嫌いでございますので、そういった方の意見には全く耳をかさない事にしておりますので。それでなんですか?バイト?サークル?そんなものね、人生においてほんの1ピースでしかないんですよ。1ピース無かったところでパズルの全体は何も変わりはしない」
お兄さん「そんなことはいい、外に出て人脈を作るんだ。人脈が全てだ。人脈が、全て。人脈が、全て。人脈が全て」
ひきこもり「人脈人脈って連呼する人に限ってね、浅く薄く広くみたいな人間関係しか作れないんですよ。良かったねお友達いっぱいで。アドレス帳抱えて死ねよ」
お兄さん「(ファミコンに近づきカセットを外して投げ捨てる)俺の人脈になるんだ」
ひきこもり「お前何やってんだオイ!なんだってこう直接カセットを狙ってくるかな。もう二度と拳は使わないと誓ったが、もう一度使わせていただきやす。拳で抵抗する!ゴング」

 お兄さんがビジネスバックを顔面にクラッシュすると、倒れたひきこもりのボディへバックを投げつける。
お兄さん「お前は今日から俺の人脈だこの野郎。見ろよ、昨日の合同説明会でプレゼンしてもらったHISだ!(口にHISの資料突っ込みストンピング連打)二度とファミコンできない身体にしてやるよ(両方の手に指折り)今日からお前も俺の人脈だ!(サイドバスターで叩きつけてフォールも2)お前そんなんじゃ俺の人脈になれねーぜ(チョップ合戦)もうちょっとで俺の人脈だぜ(お兄さんがチョップをキャッチし指折り)見とけよこの野郎!」
 コーナーによろけたひきこもりへお兄さんが走り込むが、ひきこもりはお兄さんの顔面をテレビ画面に叩きつけてKOさせる。

ひきこもり「来世は僕もキミの人脈になれるといいね」

 TVが破壊されたので、画面に繋がっていないファミコンを一心不乱にするひきこもり。だが会場に警報が鳴り響き、政府より引きこもり処刑法が発令されたことが会場に報告されると処刑人がリングへ。

 拳銃を持った処刑人がセコンドを一人ひとり射殺しリングへ。

ひきこもり「こ、これはいわゆるあれですかな?法の暴力というやつですかな?おいちょっと、冗談だよな冗談だよなおい、くぁwせdrftgyふじこlっっっp;、おいとめてくださいちょっと何やっててんだオイ!なるほどな、この国は、俺を活かしておくつもりがないようだ。ならばこちらからも一つ言わせてもらおう。ひきこもりは、権力には屈しない。ゴング!」

 処刑人はハンマーブローで倒し、ストンピングから銃を構えるが、なぜかひきこもりではなくレフェリーを撃ち殺す。
 処刑人はひきこもりにストンピングから、肩に担ぐと力任せに正面に投げ捨てる。
 処刑人は銃を使ってのラリアットを叩き込むが、銃の弾倉がその勢いで場外へ吹っ飛んでしまう。 
 処刑人は指折りから銃を突きつけるが、弾倉が入っていないため引き金を引いても何も起きない。ひきこもりは「狙うならここだろ!」と自らの額に銃を押し当て立ち上がるとチョップ合戦へ。ひきこもりがチョップからロープに飛んでランニングジャンピングチョップ。さらにネックハンギングボムで叩きつけて3カウント。

ひきこもり「弾は入ってなかったけど、あれで撃たれたら死んでいました。そういうことにしてください。俺だってな、好きでひきこもりになったんじゃねーコラ。世の中が、世の中が周りの人間がわりーんだ。俺は、ここから飛んで、引きこもりを超えた、究極の引きこもりになってやる」

 ひきこもりがコーナーに登り、リバースファイヤーバードスプラッシュでカセットをファミコンに装着。
 ファミコンへの究極奥義を手に入れたひきこもりは、永遠にひきこもりを続けた。

第3試合

 先発は松村と勘九郎。ロックアップからリストの取り合い。ヘッドロックの取り合いから松村が絞り上げるも、勘九郎がヘッドシザースで抜けようとするも松村はすぐヘッドロックで取り返す。勘九郎は回転してフォールも、松村はヘッドロックを離さず返すが、勘九郎はフロントネックで逃れようとするも松村はすぐに切り返しフォールも2。
 勘九郎はチョップも、松村がチョップを打ち込むと勘九郎はONAKINにすぐにタッチ。松村もガッツにタッチ。

 ONAKINが四方からショルダータックルを打ち込んでいくが、ガッツは全て耐える。同時にロープに走るとガッツがショルダータックルで打ち勝ち松村にタッチ。
 松村はチョップ連発から後頭部にエルボーを落とし、逆水平チョップ連発からロープに飛ぶも、ONAKINはこれをキャッチしカウンターのボディスラム。さらにその場飛びボディプレスから勘九郎にタッチ。

 勘九郎は袈裟斬りチョップ連発からヘッドロックで捕らえロープに顔面を擦り付けると、踏みつけフォールも2。
 勘九郎はロープに振りラリアットも、避けた松村がドロップキックを叩き込んでストンピング。松村は背中にチョップを打ち込みガッツにタッチ。

 ガッツは逆水平チョップから首投げで倒しフェイスロック。勘九郎はロープへ足を伸ばしブレイク。
 ガッツはコーナーに叩きつけて松村にタッチ。

 松村は背中にチョップ連発からコーナーでのマシンガンチョップ。最後にナックルからフォールも2。
 松村はストンピング連打からガッツにタッチ。

 ガッツはボディスラムから松村にタッチ。松村はボディスラムからガッツにタッチ。ガッツはボディスラムから松村にタッチ。松村はフォールも2。再度フォールも2。再々度フォールも2。

 勘九郎のエルボーと松村のチョップの打ち合い。勘九郎がエルボー連打も、松村が膝蹴りから首投げで倒しボディへのフットスタンプ。フォールも2。松村はガッツにタッチ。
 コーナーに振って松村が串刺しチョップ。ガッツがショルダータックルで倒しフォールも2。
 ガッツは串刺し攻撃を狙うが、勘九郎がマンハッタンドロップからジョン・ウー。だが耐えたガッツへ再度ジョン・ウー。まだ倒れないガッツへサミング連発から三度目のジョン・ウーで倒しONAKINにタッチ。

 ONAKINはコーナーに押し込みチョップ連発からコーナーに振って串刺しバックエルボー。さらに串刺しドロップキックからフォールも2。ONAKINは担ごうとするが、耐えたガッツとチョップ合戦。ONAKINはエルボーからエルボースマッシュ。さらにランニングエルボーからバックを取るが、耐えたガッツがパワーボムの体勢も、ONAKINが切り返し走り込むがガッツはカウンターのブラックホールスラム。ガッツは松村にタッチ。

 松村はロープに振って追走バックエルボー。再度ロープに振って追走バックエルボーからランニングフォアアームで倒しフォールも2。
 松村はミサイルキックからフォールも2。松村はフィッシャーマンを狙うが、耐えたONAKINが担ぐとタワーハッカー・ボム。フォールを返されるとONAKINはSTFで捕らえるが松村はロープへ。

 ONAKINはラリアットも、避けた松村が腕を絡めて捕らえコードブレイカーからスイングDDTを狙うが、着地したONAKINがラリアットでなぎ倒しフォールも2。
 ONAKINはバックを取るが、松村はエルボーで逃れようとしロープを掴んだ松村に場外へ飛び込んでのスリングブレイド。ONAKINはジャーマンスープレックスホールドも2.9。ONAKINはバックを取るが松村は丸め込むが2。
 松村はバズソーキックからスイングDDT。チョップ合戦から松村がチョップ連打。ロープに飛ぶがONAKINは追走エルボー、松村も追走エルボーから走り込むがONAKINはドロップキックで迎撃。
 ONAKINはジャーマンで投げ捨てるが、着地した松村がランニングニー、だがONAKINもJKで返しダブルダウン。両者タッチ。

 勘九郎がドロップキックから顔面に膝蹴り。さらにチンクラッシャーからボディに膝蹴りを叩きこんでボマイェ。勘九郎は担ごうとするが、耐えたガッツに膝蹴りから走り込むが、ガッツはカウンターのアバランシュホールドからコーナーに振って串刺しジャンピングボディスプラッシュ2連発。さらにキャノンボールで潰しフォールも2。

 ガッツはラリアットも、避けた勘九郎がトラースキックから延髄斬り。さらにラリアットも、受けきたガッツへ再度走り込むがガッツはカウンターの旋回式バックドロップで叩きつけフォールも2。
 ガッツはデーモンボムを狙うが、着地した勘九郎がヘッドバッド連発からチョップを叩き込み、後頭部へのラリアットからスライディングラリアットで倒しフォールも2。

 勘九郎はマンハッタンドロップからサミング。ジョン・ウーを狙うが松村が走り込み串刺しドロップキックから、DOI555で叩きつけバカタレスライディングキック。ガッツはレインメーカー式エルボーから投げ捨てパワーボム。フォールもONAKINがカット。

 松村が走り込むがONAKINがドロップキックで迎撃し、ガッツとチョップ合戦。
 ONAKINがローリングエルボーも、ガッツが胸へのヘッドバッドから走り込むが、ONAKINがバックを取り、勘九郎がジョン・ウーでアシストしての合体ジャーマン。ONAKINのJKと勘九郎のボマイェのサンドイッチから、勘九郎がボツダムスラムで叩きつけて3カウント。

勘九郎「勝ったのは俺らSWS学生プロレスだオラ!勝った事は嬉しいけど、車12時間走らせて一緒に車でね、寒くて寝れないとか言いながら苦労して京都までついて、試合できたことだけで俺は十分に嬉しいよ!おい、だからよ、俺たちは勝ち星というものを手に入れることができました。負けたUWFのグッズ、是非ご購入してやってください。関東の学生プロレスは最強なんだよ!」 

第4試合

 アナルとビッチとピルの“プリプリアラモード”は、入場すると『ハレ晴レユカイ』を踊りきる。

 先発は旭とピル。ロックアップから旭がロープに押し込むとクリーンブレイク。今度はピルがロープに押し込みクリーンブレイク。
 リストの取り合いから旭がヘッドロックで捕らえグラウンドへ。ピルがそのまま回転しフォールも、旭は離さず返すがピルはヘッドシザースで捕らえるも、旭はこれを抜けてフロントネック。ピルが再度ヘッドシザースで逃れ両者タッチ。

 アナルとドラゴン。アナルはヘッドロックから走り込むも、ドラゴンはリープフロッグからアームホイップで投げ捨てドロップキック。ドラゴンはストンピングからD・D・Dにタッチ。

 D・D・Dはロープに押し込みアナルのマスクを脱がそうとするが、耐えたアナルの顔面をコーナーに叩きつける。
 D・D・Dはコーナに振って串刺しトラースキックからフェース・クラッシャー。ハーフダウンのアナルの背中にサッカーボールキックから踏みつけフォールも2。
 D・D・Dはロープに振ろうとするが、アナルが逆に振るとコンプリートショット。アナルはビッチにタッチ。

 ビッチはストンピング連打から首4の字。ビッチはロープに振ると、走り込んできたドアゴンにビッグブーツからエルボードロップ連発。
 ドラゴンがロープに振ってラリアットも、避けたビッチがジグザグ。ビッチは首4の字で捕らえるが、D・D・Dはアキレス腱固めで切り返すがそのままビッチがピルにタッチ。

 ピルはストンピング連打でカットすると、D・D・Dにチョップ。D・D・Dは「痛い!」とタッチしようとするが、旭とドラゴンはリング下に逃げる。
 ピルのチョップをD・D・Dは避けていくが、ピルはD・D・Dのチョップを受け切るもそこをD・D・Dは首固めも2。
 ピルはショルダータックルでD・D・Dを倒すが、D・D・Dはすぐに旭にタッチ。
 アナルが助けようとするがドラゴンがアナルをを捕らえ、各々に馬跳びフェイスバスター。場外に逃げたプリプリアラモードへドラゴンが宇宙人プランチャ。そのまま場外乱闘へ。

 リングに旭とピルが戻り、ピルがチョー臭スラムで叩きつけフォールもD・D・Dがカット。
 ピルをコーナーに振ると、ドラゴンが串刺しバックエルボー、D・D・Dがタイナーから旭が串刺しアックスボンバー。D・D・Dがジョン・ウーからドラゴンがトカレフを発射し、D・D・Dがノーザンライトスープレックスホールドも2。
 ドラゴンはラリアットも、ピルは避けて担ぐとFC2。ピルはアナルにタッチ。

 アナルはチョップからみちのくドライバー。さらにラ・ミスティカも、ドラゴンは切り替えしてフォールも2。ドラゴンは逆片エビ固めで捉えながら旭にタッチ。

 旭はドラゴンリングイン式フットスタンプからNOW OR NEVER。フォールも2。
 旭は阿吽も、アナルは避けてヒップアタックからビッチにタッチ。

 ビッチはヘッドハンターからコーナーに振って串刺しバックエルボー。さらにエース・クラッシャー。旭がロープに振ってカニばさみでロープに倒すと、D・D・Dが場外を走り込んで顔面にドロップキック。さらに旭がエルボードロップからドラゴンがダイビングエルボードロップ。フォールも2。

 ビッチが旭に、アナルがドラゴンにライトニングスパイラルから、ビッチがペディグリー。さらにラブ♡ジュースを叩き込んで、愛をこめたファイナルビッチ。踏みつけフォールも2。ビッチはピルにタッチ。

 ピルはぶっこ抜きジャーマンからフォールもドラゴンがカット。
 ドラゴンは走り込むがピルは担ぎ上げ肩車し、そこへアナルとビッチが走り込んで合体フェイスバスター。
 ビッチがドラゴン、ピルが旭を羽交い締めにしてアナルが走り込むが、ドラゴンと旭は前蹴りで迎撃し、D・D・Dがビッチとピルの足を場外から引っ張り倒すと、ドラゴンと旭はダブルビッグブーツをアナルに叩き込む。ピルにアナルを担がせると、ドラゴンと旭がピルの足を刈ってパワーボムのように叩きつけさせる。

 D・D・Dはピルに延髄斬りからサッカーボールキック。
 D・D・Dは担ぐが、着地したピルがバックを取るも、耐えたD・D・Dをロープに振ってラリアット。一回転したD・D・Dをぶっこ抜いてジャックハマー。フォールも旭がカット。ピルはアナルにタッチ。

 アナルはエルボーを打ち込んでいくが、D・D・Dは顔面にビッグブーツ。起き上がったアナルがエルボーも、D・D・Dはランニングミドルで倒す。アナルは負けじとエルボーを打ち込むが、D・D・Dはハイキック。さらにに掌底も、アナルはコンビネーションチョップ。しかしD・D・Dは延髄りからドラゴンがブルートルネード。D・D・Dは廃仏毀釈。もう一度廃仏毀釈で突き刺しフォールも2。
 D・D・Dの廃仏毀釈にドラゴンがスワンダイブで飛び込み廃仏インディーテイカーで3カウント。

第5試合

 全ての凶器攻撃が認められ、場外カウントなしのハードコアマッチ。

 お互い組み合わずリングを周り、リッパーがむさしを突き飛ばすも逃げると、稔がむさしを突き飛ばす。
 むさしは稔の視線をずらすとドロップキックで場外に叩き出しトペ・スイシーダ。さらにリッパーが飛ぶかに見せてリングに戻り寝転がる。
 むさしが中々リングに入らず煽っていくが、リッパーはロープを跨いだと所でエルボーを落とし投げようとするが、耐えたところへ稔がリングへ戻る。稔はリッパー側につきダブルブレーンバスターでむさしを叩きつけると稔がフォールもリッパーがカット。
 リッパーはむさしにサッカーボールキックからフォールも稔がカット。

 稔とリッパーはエルボー合戦。リッパーがミドルキック連発からコーナーに振ると、タイナーからPK。フォールもむさしがカット。

 むさしは稔にアンクルホールド。リッパーが稔の足をリングに叩きつけ、むさしが稔のつま先を踏みつける。
 リッパーがむさしの足を蹴って走り込むが、避けたむさしが延髄斬りからみちのくドライバー。フォールも2。
 むさしはリッパーに首4の字。そのままリングに顔面を叩きつけていきフォールも2。
 リッパーがむさしを担ぐも、むさしは着地しスタナーを狙うが、稔がラダーを持ってリングに上がり二人まとめてなぎ倒す。
 稔はストンピングからイスを持ち出すと、イスの上にラダーを載せて、そこへむさしを投げようとするが、むさしは耐えてチョップの打ち合い。むさしはエルボー連打から足を踏みつけてエルボー。さらにヘッドバッド連発。稔も強烈な反吐爆斗で返すと、エクスプロイダーでラダーへ投げ捨てる。フォールも2。

 稔はイスをリングに設置し、実況席からさらにイスを奪うとむさしの顔面にイスを起き、そこへのイス攻撃。むさしはたまらずリング外へ転がり逃げる。
 稔は一斗缶を持ち出しむさしの顔面に叩き込むと、続いて蛍光灯を持ち出し「空席があるのは俺の営業力不足です。責任を取らせていただく」と自分の頭に蛍光灯をぶち込み割っていく。
 割れた蛍光灯をもってリングを周ると、むさしに突き刺そうとするがむさしはなんとか耐える。だがリッパーがむさしを蹴りつけ机の上に寝かせると、蛍光灯を持った稔もボディスラムでむさしの上に乗せて、リッパーがコーナーから場外へのダイビングフットスタンプ。
 だが机が割れず、リッパーはむさしを再度机に寝かせて、そこへのダイビングフットスタンプ。しかし机は割れない。
 リッパーはイライラしながら稔をリングに投げ入れ、後頭部へのVトリガー。さらに割れた蛍光灯を稔の頭に突き刺すと、改めて後頭部にVトリガー。
 リッパーは稔を投げようとするが、稔はVAPE毒煙で逃れ、イスへのシベリア送り。フォールもむさしがイス攻撃でカット。

 むさしは稔に延髄斬りから机の上に寝かせて、そこへのダイビングボディプレスを投下する。
 むさしが稔へみちのくドライバーからフォールも2。
 むさしは稔の顔面に低空ドロップキックから、イスにカミソリボードをのせるとむさしは稔をコーナーにのせて正面に登る。稔は反吐爆斗連発から雪崩式リバースタイガードライバーでカミソリボードに叩き込む。フォールもリッパーがダイビングフットスタンプでカット。

 リッパーはSSDで叩きつけてフォールも2。
 リッパーは稔にブラッディーサンダーを狙うが、稔は耐えて反吐爆斗連発。さらにシベリア送りからフォールも2。
 稔はボディスラムから「頭使うぞ!」と叫んでコーナーに上ると炉血斗を発射。リッパーはこれを避けて自爆させると、エプロンのむさしにVトリガーから稔の後頭部にVトリガー。さらにジャーマンスープレックからフォールも1。
 リッパーは左右のバズソーキックからブラジリアンキック。さらにブラッディーサンデーで3カウント。

第6試合

 先発は電マーとZIMA。ロックアップから電マーがロープに押し込みクリーンブレイク。電マーが再度ロープに押し込むがZIMAが体勢を変えて押し込みクリーンブレイク。

 ZIMAがタックルから飛行機投げ。グラウンドの攻防からフロントネック。だが電マーがリストをとり逃れるとヘッドロックで捕らえるが、ZIMAはカニバサミで倒しフロントネック。電マーが逃れるとエルボーの打ち合い。チョップの打ち合いから電マーのエルボーでZIMAはよろけるが、足を刈って倒すと走り込むも電マーが丸め込もうとするがZIMAが腰投げ。これは電マーも抜けて距離を取る。両者タッチ。

 弾正が握手を要求。性器勃IIが握ろうとすると弾正はこれをスカす。性器勃IIが手4つを要求するが弾正はその手を握らない。
 ロックアップから性器勃IIがヘッドロックからショルダータックル。弾正が受け切りショルダータックルの打ち合い。お互い額をこすりつけ合いビンタの応酬から性器勃IIがエルボー連打。ロープに飛ぶが、弾正が膝蹴りで迎撃し、頭頂部にエルボードロップ。さらにフラッシングエルボーからフォールも2。弾正はZIMAにタッチ。

 ZIMAはボディスラムからフォールも2。ZIMAはサンセットフリップからフォールも2。ZIMAはスリーパーで捕らえるが、性器勃IIはロープへ。ZIMAは弾正にタッチ。

 弾正はロープに振っていくが、性器勃IIはランニングニー。エルボーを落としていくが、弾正はサミングからロープに飛ぶが、性器勃IIはジャンピングレッグラリアートで倒し電マーにタッチ。

 電マーはボディスラムからフォールも2。電マーはチンロックからサッカーボールキック。さらにロープに飛んでサッカーボールキックから、性器勃IIとともにサンドイッチサッカーボールキック。フォールも1。
 電マーは投げようとするが、弾正は着地しローリングソバット。弾正はZIMAにタッチ。

 ZIMAはストンピングからフロントネックで捕らえ、ネックブリーカーからのDDT。ZIMAはコブラツイストも電マーはロープへ。
 ZIMAはコーナーに叩きつけ、逆コーナーに振ると弾正が串刺しバックエルボー。さらにZIMAが串刺しダブルニーアタックからペンデュラム。
 ZIMAは首投げから弾正がフラッシングエルボーを投下しフォールも2。ZIMAは弾正にタッチ。

 弾正はコーナーに振って串刺しハイキック。さらにフェイスバスターからフォールも2。弾正はZIMAにタッチ。
 ZIMAはフットスタンプからフォールも2。
 エルボー合戦からチョップ合戦。ZIMAが背中にエルボーを落とし、投げようとするが、耐えた電マーがブレーンバスター。電マーは性器勃IIにタッチ。

 性器勃IIはスワンダイブミサイルキックでふっ飛ばし、ストンピングから足殺し。さらに膝を立ててストンピングから足へのニードロップ。性器勃IIは足横須賀2連発からスライディング低空ドロップキック。フォールも2。性器勃IIは電マーにタッチ。

 パコパコエクスプレスがマラハイサッパからフォールも弾正がカット。弾正はダブル攻撃を狙ったパコパコを同士討ちさせると、二人まとめてドロップキック。さらに電マーを投げようとするが、耐えた電マーにZIMAが出てきて二人で投げようとする。だが電マーは耐えて逆に二人まとめてブレーンバスター。
 電マーはZIMAにストンピング。ZIMAはボディへのエルボーから立ち上がりチョップも、電マーはエルボーで返していく。ZIMAはパーフェクトドライバーから蒼魔刀を発射しフォールも2。ZIMAは弾正にタッチ。

 電マーはミドルキック連発。弾正は強烈なエルボーを返していき、ミドルキックをキャッチするとドラゴンスクリュー。弾正は顔を叩いて挑発しドラゴンスクリューから足4の字固め。そのままビンタの応酬から回転し電マーはロープへ。
 寝転がったままの電マーの足へドラゴンスクリューから膝へのストンピング連打。電マーはロープを掴みブレイク。

 電マーはグラウンドでのドラゴンスクリューから足4の字。これは性器勃IIがカット。
 弾正がコーナー下にセットし、月面水爆も電マーが避けるが着地。そのままムーンサルトを投下しフォールも2。電マーはZIMAにタッチ。

 ZIMAはコーナーに振って串刺しダブルニーからペンデュラム。首投げで倒し、リバーススプラッシュ式ダブルニーからフォールも2。
 ZIMAはトペ・コンヒーロを投下し、性器勃IIがコーナーからのプランチャ。だが避けた弾正がコーナーに登り三角飛びケブラーダを発射。そのまま場外乱闘へ。

 リングにZIMAと電マーが戻り、ZIMAが背中にエルボーから正調エルボー。弱々しいエルボーを返す電マーの顔面を張りZIMAが挑発すると、電マーがエルボーもZIMAは膝蹴りからロープに飛ぶ。だが電マーはドロップキックで迎撃しフォールも2。
 電マーはSTFで捕らえるがZIMAはロープへ。
 電マーはストンピング連打からロックボトム。フォールも2。電マーは性器勃IIにタッチ。

 性器勃IIはストンピングから腕へのニードロップ。ZIMAの顔面をロープで擦り、足4の字式アンクルホールドからテキサスクローバーホールド。ZIMAはロープへ。
 性器勃IIは顔面を踏みつけ、首投げからフェイスロック。性器勃IIはグラウンドコブラも弾正がカット。

 弾正はコーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、性器勃IIがエプロンに落とし、走り込んできたZIMAに弾正を踏み台にしてのスイングDDT。性器勃IIはノーザンライトボムからフォールも2。
 性器勃IIはスリーパー。これを離すと投げようとするが、耐えたZIMAがバッククラッカーから弾正にタッチ。

 弾正はナックル連打から顔面の張り合い。弾正がロープに振って担ぐが、着地した性器勃IIが担ごうとするも、逃れた弾正が走り込むが、性器勃IIは脇固めからのアイアンメイデン。弾正はなんとかロープへ足を伸ばす。
 性器勃IIはスワンダイブエルボードロップからアナザースペース。性器勃IIは電マーにタッチ。

 電マーが担いで性器勃IIのダイビングニードロップとの合体サイドバスター。フォールもZIMAがカット。
 電マーが走り込むがZIMAが追走バックエルボー。ZIMAがロープに飛ぶも、電マーがラリアットで迎撃。弾正をコーナーに振って串刺しラリアット。電マーがフィッシャーマンスープレックスホールドも2。
 電マーはピ-プルズエルボー。電マーはマッスルキャリバーを予告するが弾正は影縫。返されるとスクールボーイ。さらに返されると首固め。これも返されると不知火で叩きつけてZIMAにタッチ。

 ZIMAはデスバレーボムで叩きつけてフォールも2。ZIMAはマッドスプラッシュからフォールも2。
 性器勃IIがエプロンから蹴りつけ、蝋をZIMAにふりかける。ZIMAは性器勃IIに延髄斬りから電マーに走り込むが、ZIMAは蝋で固まってしまい動けない。そこへ電マーがバックドロップホールド。この衝撃で蝋が砕けてZIMAは動けるようになりキックアウト。電マーは性器勃IIにタッチ。

 性器勃IIはスリーパー。さらに走り込むとヨシタニック。返されると光の輪。これはZIMAが返し切り返し合戦。だが性器勃IIは負けじと光の輪も弾正がカット。

 パコパコエクスプレスが対角線を走り込んでの串刺しラリアットから、それぞれコーナーに座らせ正面へ。電マーがZIMAへ雪崩式F-U、性器勃IIが弾正へ雪崩式ブレーンバスター。さらにそれぞれミサイルキックを叩き込んでフォールも2。
 電マーがZIMAを羽交い締めにし、性器勃IIがレフェリーに蝋攻撃から、口に含んでZIMAに噴射。だがこれをZIMAが避けて電マーに誤爆させると、ZIMAは性器勃IIにスタナーから電マーにブーメラン式ブルドッキングヘッドロック。ZIMAは弾正にタッチ。

 弾正は投げようとするが、耐えた性器勃IIが膝蹴り連発で場外に叩き出し場外乱闘へ。
 リングに戻った性器勃IIへ弾正がストンピング連打から高速ツイスター。ロープに振ってZIMAが後頭部にランニングニーから弾正が閃光魔術。フォールも2。
 ZIMAがバックブリーカーから弾正が月面水爆を投下しフォールも電マーがカット。
 ZIMAがフィッシャーマンバスターからメテオラ。フォールも電マーがカット。
 ZIMAがオフショットから羽交い締めにし、弾正がスタンディング・閃光魔術も誤爆。
 電マーがラリアットで弾正をなぎ倒し、性器勃IIとともにマジックキラー。性器勃IIがZIMAにランヒェイも2。ならばと性器勃IIが車懸で3カウント。

電マー「疲れた!ZIMA、弾正組、めちゃめちゃ強かった。いやー、ピンとりたかったけどな、今日は勃IIにとってもらいました。至宝守り抜きました!」
性器勃II「ありがとうございます。最初は今日あの実は、レイザーラモンの二人と闘う予定だったんですが、二人が出れなくなって、ZIMA弾正組と闘ったんですけど、ギリギリやった。やろうまた。どうでしたか?(会場から拍手)弾正も魔界出身であんまり触れたくなかったんですけど、お互いの強さ認めて敵としても認めるべきだと思うんで、今日はいい試合できてよかったです」
電マー「ZIMA弾正、いいタッグだと思うんで、また闘いましょうや!メインイベント、すごい闘いが見られると思うんで楽しみにしといてください。とりあえず今日は」
電マー&性器勃II「すっげぇ楽しかった!」

第7試合

 試合が始まると両者中央で睨み合うが、コニティゴラはリングを後にして「お前みたいな弱いやつとやってられんねん」と入場口へ。ハーデスが走り込んで殴り掛かるも、コニティゴラは鉄柱にハーデスを叩きつける。そのまま場外乱闘へ。

 リングに戻るとコニティゴラがストンピングからヘッドロック。ハーデスは突き飛ばし逃れようとするが、コニティゴラは髪を掴んで離さず。ヘッドロックからショルダータックル。さらにランニングソバットから「お前は弱いんだよ」と頭を叩いていくが、ハーデスは走りこむと蹴り上げ場外に叩き出す。

 ハーデスは場外のイスへコニティゴラを叩き落とすと、リングへ投げ入れスリーパー。コニティゴラはロープへ足を伸ばしブレイク。
 ハーデスはボディスラムを狙うが、コニティゴラは膝蹴りで逃れ走り込むも、ハーデスはパワースラムで叩きつけフォールも2。
 ハーデスはコーナーに振って串刺し逆水平チョップ。再度チョップから走り込むが、コニティゴラはビッグブーツで迎撃し走りこむ、ハーデスはエルボーからロープに飛ぶがコニティゴラは顔面にドロップキック。
 コニティゴラはストンピング連打から首投げで倒しチンロック。さらにギロチンドロップを投下しフォールも2。再度フォールも2。

 コニティゴラはサミングでコーナーに押し込むが、ハーデスはエルボーもコニティゴラは再度サミングから引き倒し顔面を踏みつる。ハーデスがコーナーに振って走り込むが、コニティゴラは避けて後頭部に延髄斬りから走り込むが、ハーデスはショルダースルーでエプロンに落とすもコニティゴラは改めて延髄斬りからロープに顔面を叩きつける。コニティゴラはスワンダイブ攻撃を狙うが、ハーデスはチョップで墜落させるとエプロンで投げようとするが、コニティゴラは着地して延髄斬り。コニティゴラはコーナーに登るとハーデスを投げようとするが、耐えたハーデスへコニティゴラはドロップキックを叩き込んで場外に落下させる。さらに顔面を蹴りつけてからのケブラーダを発射。

 リングに戻り、コニティゴラはフォールも2。
 コニティゴラは背中を蹴りつけ、ハーデスのエルボーも避けると顔面を張って倒し踏みつけフォールも2。
 コニティゴラは倒れたハーデスにツバを吹き、顔面に膝を入れていくと、ハーデスはフラフラと立ち上がり左右のビンタ。場外に降りたコニティゴラを追ってハーデスが殴り掛かると背中にイス攻撃。さらにハーデスはノータッチトペ・コンヒーロを発射。場外カウント19で両者リングへ。

 ハーデスが串刺しラリアット、コニティゴラは追走串刺しニー。さらにアックスボンバーも、キャッチしたハーデスが担いでコーナへのデスバレーボム。
 ハーデスはバックを取るが、コニティゴラはレフェリーを掴んで耐えようとするも、レフェリーがコニティゴラにビンタ。そこをハーデスはジャーマンスープレックスホールドで叩きつける。再度ジャーマンを狙うが、コニティゴラはロープを掴んで耐え、レフェリーがブレイクするよう指示。ハーデスは走り込むが、コニティゴラはレフェリーをハーデスに突き飛ばしてこれを逃れる。

 コニティゴラは場外に降りるとベルトを持ち出し、ベルトを振りかぶるがハーデスはこれを避けて膝蹴り。ハーデスは走り込むもコニティゴラはベルトで殴りつけ、さらにムチのようにベルトで殴打していく。ぐったりとしたハーデスの首にベルトを掛けると、コニティゴラはベルトごとバズソーキックで打ち抜きフォールも2。

 コニティゴラはパワーボムで投げようとするが、ここにダブルクロスのD・D・DとMr.Gotchが乱入し、D・D・Dがイス攻撃からMr.Gotchがチェーン攻撃。さらにD・D・DがバズソーキックからMr.Gotchがシャイニング・ウィザードと畳み掛けチェーンでのチョーク攻撃で捕らえるも、ストーンむさしが「こいつからベルトを取れるのは俺だけなんだよ!」と助けに入り、場外に叩き出すとトペ・スイシーダ。そのままダブルクロスの二人をバックステージに連行する。

 膝立ちでのエルボーの打ち合いから、コニティゴラがソバットを叩き込みエルボーからトラースキック、だがハーデスはラリアットを叩き込むとロープに飛ぶが、コニティゴラはフランケンで丸め込むが2。
 コニティゴラはバズソーキックから垂直落下式ブレーンバスター。フォールも2。
 
 コニティゴラはスワントーンボムも、ハーデスは避けて担ぐがバランスを崩す。再度担ぐもコニティゴラは着地するが、ハーデスはラリアットから西脇ピンプスからフォールも2。再度フォールも2。
 ハーデスが走り込むが、コニティゴラがトラースキックで迎撃し、パンタロンを脱ぎ捨てると肩を叩きつけるパワーボム。フォールも2。
 コニティゴラはスワントーンボムを投下しこれで3カウント。

エンディング

コニティゴラ「おい、レイザーラモンや、ユリオカ超特Qなどスペシャルゲストが来ないと、こんなに空席があるんだったら、もっと、小さいところでやるべきだなオイ。しかし、今から一年、もし来年やるんだったら、DRW、Oも、世界一趣味の悪い学生プロレスファンを、学園祭シーズンで掴んで、3月に持ってくる努力をすることだな。しかし、CRハーデス、思ったよりお前強かったよ。さすがダブルクロス。少し俺も舐めていたようだな。とてつもないパワーだなオイ。体重は95kgって書いてるけどほんま102kgあるの知ってるんだぞ。おい控室にいる奴ら、セコンドに居る奴らさっき言ったこと覚えて、これから一年過ごせ。第1試合で覇王やすのりが弱いチャンピオンだから俺はこの前座とか言ってたけど、お前は弱いんだよ。弱いから前座なんだよ。悔しかったら努力して実力上げて、来年もしするんだったら、メインイベント立ってみろや。まあ無理だろうけどな!あとはCRハーデンにしめてもらうよ。オイ起きろ!(マイクを投げつけリングを後にする)」

ハーデス「一言だけ言わせてください。ダブルクロスの皆ごめん。俺は負けてしまったから、後は誰か取り返して(半泣きになりながら足早にリングを後にする)」

 誰もリングにいなくなり、実況をしていた覇王やすのりがしぶしぶリングへ。
やすのり「興行的にはバッドエンドで終わってしまいましたね。さっきコニティゴラ選手も的確なこと言ってましたけど、ちょっと空席が目立つなと。これに関しては僕達の営業力不足とかいろいろあって、なんて言えばいいんでしょうね。ゼミ生とか皆呼んだんですけどね。ふ~んで終わりました。来いや。インスタ気にするなら来いや!そんな小話はどうでもいいんですよ。さっきコニティゴラ選手も言ってたんですけど僕は弱いから第1試合とか言ってったんですけど(涙をこらえながら)それも確かにそうだなと思うところがあって、我々もっとああいうコニティゴラみたいな弱い者いじめそうな奴らを倒すためにこれからも努力して、また来年ここに戻って、そういう奴らをやっつけたいと思いますので、もしお時間があれば来年もKBSホールにお集まりいただければいいなと思っております。それでは今日出た選手リングに上って!全員上がって!最後のしめとして、皆が売ってる関西学プロ祭のTシャツ来て記念撮影しようなって言ってたのに、何人か怪しい人いますけど、コニティゴラも来た…こわ…そうですね、まあ、総勢23名、関東の方含めたら28人でしたけど、このメンバーで学生プロレスの興行おこないました。皆さん楽しかったでしょうか!?(拍手)もう一つ聞いていいですか?来年もやっていいでしょうかー!(大きな拍手)というわけでね、皆さんの支持を得られたということで、来年もKBSホールに戻って興行ができればいいなと思ってます。最後にしめということでどうしよう、DWA、同志社式のしめでいいかな?じゃあ皆さんご起立お願いします!これは同志社プロレス同盟式のしめです、皆さん恥ずかしがらずにやっていただけたらと思います。僕が3,2,1って言ったら、皆さんで腕をクロスして、もっこりもっこりと!皆さん恥ずかしがらずにお願いします。もう老若男女関係ない。子供とか関係ない。恥ずかしがらずにね、3,2,1,でちゃんと腕を出してもっこりもっこりお願いします。皆さんいいですか?いきますよ!3,2,1,もっこり!もっこり!!ありがとうございましたー!!」

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る