KNOCK OUT戦略発表会で「判定が続く選手は出てほしくない。キックボクサーはプロレスラーに比べて話が下手」と木谷オーナーから檄!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、秋葉原にて『KNOCK OUT2018戦略発表会』が開催された。

 まずは会見に出席した3名から挨拶。
木谷高明(株式会社ブシロード取締役)「皆様のお陰でKNOCKOUTも一年が過ぎまして、先日の大田区体育館では満杯の人を集める事ができました。これに満足すること無く次の段階に進みたいと思いまして、今日は次の段階に向けまして各種施策を発表させていただきたいと思っております。最後までよろしくお願いします」

小野寺力(KNOCK OUT大会プロデューサー)「2018年、今年着実に一歩一歩地盤固めをしてKNOCKOUT進んでまいりますのでよろしくお願いします」

花澤勇佑(株式会社キックスロード代表取締役)「KNOCKOUT2016年からやってきまして10大会を開催しました。これからさらに飛躍するような情報を発表できればと思いますのでよろしくお願いします」

 KNOCKOUTは2017年の総来場者数が17300人となり、2018年一発目の大田区総合体育館大会を4000人・超満員札止めで終えた。
 ブシモのゲーム『しろくろジョーカー』がスポンサーとなっていたが、選手が登場するTV CMも決定した。

 そんなKNOCK OUTが今年の年間スケジュールを発表。
4月14日 カルッツ川崎
5月3日 エディオンアリーナ大阪・第2競技場
6月8日 後楽園ホール
8月19日 大田区総合体育館
9月8日 エディオンアリーナ大阪・第2競技場
10月上旬 都内
12月上旬 都内大規模会場

 6月から初代ライト級王座決定トーナメントが、10月よりライト級アジアトーナメントが開催。
 4月大会では初代ライト級王者・森井洋介と現ムエタイ世界王者のヨードレックペット・オー・ピティサックの対戦が決定。
 上記全大会がPeriscorpにて無料ライブ配信が行われる予定だ。

 また、4月からKNOCKOUT公式ラジオやファンクラブの開設が決定した

 諸々の発表に関して木谷氏は「Periscorpは1月の大会を開催してる最中に、フォロワーが4000人ぐらい増えたんです。これはすごく効果があったなと思いますね。しろくろジョーカーは歴史モノなので30代40代が多い。キックボクシングユーザーは年齢的にも趣味的にも重なってる。本来的にはターゲット層を下げないといけないがタイアップで温めようかなと。選手はそれぞれキャラが立っているので、TVCMで盛り上げていただきたい。ネットラジオは2つ目的があり、一つはラジオだから相手が見えてないので普段の選手の見えない一面を出しやすいと思うんですよね。ラジオだと話しやすいのかなと。もう一つは、プロレスと比較なんですけど、キックボクサーはプロレスラーに比べて話が下手。プロレスラーは年間130試合以上やってイベントも多いので喋りなれてる。キックボクシングの表現者としては素晴らしいと思うんですけど、やっぱりプロですからそういう練習もしてほしいなと思っています」とコメント。

 その後行われた質疑応答では、ライバルはRIZINでもK-1でもなくONE Fighting Championshipであること、格闘技は絶対的に興行数が少ないので情報が埋もれ忘れ去られてしまうこと、KNOCK OUTは初見の人にもわかりやすいKOを目指すイベントなので判定が続く選手にはあまり出て欲しくないことが木谷氏から告げられた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る