旗揚げ2年目を迎えたPURE-Jが亀有香取神社で必勝祈願!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 1月4日(木)、新年の顔合わせを終えたPURE-Jの選手たちが、道場からほど近い亀有香取神社へ。同所で祀られている武甕槌大神は武神(闘いの神さま)として古くより崇敬されていたことから、現在では「何事にも打ち勝つ勝負、開運厄除の神様」「スポーツ振興の神様」とされており、旗揚げ2年目に向けての必勝祈願を行なった。おみくじを引いて一喜一憂した選手たちは、中森華子が「必勝祈願」と書いた絵馬に全員が名前を入れて結ぶと、訪れていた参拝客にPURE-JをPR。若い頃はプロレスラー志望だったという神主の方からお守りを頂くなど、新たな年の幕開けを笑顔で迎えた。道場に戻った選手たちは神棚に破魔矢を飾ると、リングで今年最初の受け身を取るなど、7日の道場イベント(入場無料)からスタートする2018年の闘いに向けての準備に入っている。

<各選手のコメント>
コマンドボリショイ「もう2年目なので新しさはないかもしれませんが、さらに進化していろんなことに挑戦していくPUREーJを今年は見せていきたいなと思います。8人になりましたけど、8はとても縁起のいい数字なので。末広がりのレインボー…皆さんに8通りだけではない、もっともっといろんな夢を見せて実現していきたいと思います」

KAZUKI「まずは『WANTEDウォリアーズ』(鋼とのタッグチーム)としての形づくりをきちんとしていって、その先を狙っていきたいと思ってます。“その先”とは、もちろんタッグのベルトです」

Leon「『P-Ray-L』(プレイエル/ボリショイとのタッグチーム)でもっともっと防衛回数を増やして女子プロ界のナンバー1のタッグチームにすることと、タッグだけじゃなくてシングルのベルト…無差別も狙っていきたいと思います」

中森華子「ベルトも髪の毛もなくなってしまいましたが強さを求めていきたいのと、やっぱりPURE-Jのベルトをもう一度自分の腰に巻きたいっていうのがあります。度肝を抜かすようなことをやっていって、破天荒な年にしたいと思います」

勝愛実「ずっと周りからエース候補だと言われてたので、やっぱりそれを形として表すべくPURE-Jの無差別級チャンピオンになりたいと思います!」

ライディーン鋼「今年はWANTEDウォリアーズとライディーン鋼、両方とも進化していくことが目標です。もっとパワーをつけて頑張ります」

藤ヶ崎矢子「自分自身の試合のレベルをもっともっと上げることと、今年こそもうちょっと体を絞ってレスラーらしい体形になりたいなと思ってます。新成人なのでもっとしっかりしなきゃと思ってます」

道江まり「デビュー戦に向けてしっかりと毎日練習することと、ケガしないような体づくりをしていきたいです」(※昨年末よりGPSプロモーションとのダブル所属となった練習生)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る