大仁田、最後のFMWマットで爆勝!10・31引退試合はハンディ戦も辞さず!「1対3でボロボロになるまでやってやる!」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10月31日、後楽園ホールでの引退試合を控えた大仁田厚が、15日、超戦闘プロレスFMWの千葉・木更津市清見台体育館大会に参戦。同団体でのラストマッチで、爆勝した。
 この日のメインイベントで、大仁田は保坂秀樹、リッキー・フジ、マンモス佐々木と組み、雷神矢口、NOSAWA論外、ミスター雁之助組、レザー・フェイスと鬼棒電流爆破8人タッグデスマッチで対戦。この日は、3本の爆破バットが用意されたが、そのうちの1本は火薬量が通常の5倍に設定された。
 序盤、大仁田は論外に机上パイルドライバーを見舞うなど。快調な滑り出しを見せたが、5分過ぎ、論外の爆破バット攻撃を食って悶絶。それでも、体勢を立て直した大仁田はレザーを捕獲すると、マンモスとダブルブレーンバスターで投げ捨てた。そして、レザーめがけて爆破バットをフルスイングすると、破壊力5倍の爆弾が爆発。さすがに、レザーに返す力は残っておらず、大仁田がカバーして3カウントがを奪った(11分12秒、片エビ固め)。

 思い出深いFMWでの最後の試合を勝利で飾った大仁田は「本当にプロレスはすごいです。何十年ぶりかの人に会った。20年ぶりに帰ってくる人がいた。最後まで己を貫きます」と、しみじみと語った。
 また、10・31後楽園での引退試合のカードを大仁田、矢口、保坂組対藤田和之、ケンドー・カシン、論外と発表したが、これに対し、カシンが「大仁田と藤田のシングルマッチじゃないのか!」と難クセをつけていた。試合後、論外が「10・31後楽園は、藤田、カシン、オレでぶっ潰してやる。勇気あるなら一人でかかってこい!」とハンディ戦を要求。売り言葉に買い言葉で、大仁田も「1対3で、ボロボロになるまでやってやるよ」とハンディキャップマッチも辞さない姿勢を示した。
 なお、大仁田引退後の新生FMWは、11月10日、新木場1stRINGで新たなスタートを切る。今後の参加選手として、KAI、吉江豊、リッキー、五所川原吾作、黒田哲広、超電戦士バトレンジャー、HASEGAWA、雷電、佐野直、矢口、宮本和志、雁之助、論外、佐藤恵一、鈴木鼓太郞、佐瀬昌宏、パンディータ、江野澤和樹、橋本友彦(欠場中)のメンバーに加え、女子のゲスト選手を招いて興行を行っていく意向だという。

『「大仁田引退ラスト」最終戦 』
日時:2017年10月15日(日)
開始:16:00
会場:千葉・木更津市立清見台体育館
観衆:1000人(超満員札止め)

▼電流爆破風デスマッチ 30分1本勝負
△太仁田ブ厚
7分39秒 無刺鉄線に同体で被爆?→両者KO
△チョット蝶野

▼30分1本勝負
○寺尾利明/HASEGAWA/超電戦士バトレンジャー
11分56秒 バックドロップ→片エビ固め
佐瀬昌宏/●パンディータ/佐野直

▼30分1本勝負
△フレディ・クルーガー
7分25秒 両者リングアウト
△レザー・フェイス

▼30分1本勝負
○佐藤恵一/鈴木鼓太郎
12分13秒 変形フィッシャーマンバスター→片エビ固め
●木更津KID/雷電

▼45分1本勝負
ザ・ボディガー/○宮本和志
11分59秒 片エビ固め
●KIYOSHI/雷神矢口

▼大仁田FMW最終・鬼棒電流爆破8人タッグデスマッチ 無制限1本勝負
○大仁田厚/保坂秀樹/リッキー・フジ/マンモス佐々木
11分12秒 片エビ固め
雷神矢口/NOSAWA論外/ミスター雁之助/●レザー・フェイス

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る