2014年度プロレス大賞で敢闘賞を受賞した大仁田と、最優秀タッグを受賞した田中がコメント

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

12月9日、2014年度の東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞が発表された。敢闘賞を受賞した大仁田厚と、最優秀タッグチーム賞を受賞した弾丸ヤンキースの田中将斗(パートナーはプロレスリングNOAHの杉浦貴)が、プロレスリングZERO1を通じてコメントを発表。

大仁田厚
「大仁田厚です。
プロレス大賞・敢闘賞、ありがとうございます。

もう、プロレス大賞には縁がないと思っておりましたが、こうして皆さんに認めて頂けると、素直に嬉しく思います。

来年は40周年、そして3年後に迎える『還暦電流爆破』へ向け、より一層、突っ走っていきます。

ファイヤー!!」

田中将斗
「『弾丸ヤンキース』田中将斗です。

プロレス大賞・ベストタッグ賞、ありがとうございます。

この賞は勿論、一人の力では絶対に獲れず、相方の杉浦さんとの信頼が一番だったなと思います。
そして、ZERO1ファン、並びにプロレスリングNOAHファンの皆さんの後押しがあったからこそ、獲れた賞だと思います。

この賞に恥じることなく、明日からまた全力で、闘っていきます!

ウチの(ZERO1)の『風林火山トーナメント』が、間近にありますので、杉浦さんとのタッグで、もちろん優勝します!」

2014年度 プロレス大賞

【最優秀選手賞(MVP)】
棚橋弘至(新日本プロレス)

【年間最高試合賞(ベストバウト)】
オカダ・カズチカvs.中邑真輔
(新日本プロレス「G1クライマックス決勝戦」8月10日・西武ドーム)

【最優秀タッグチーム賞】
[弾丸ヤンキース]杉浦貴(NOAH)&田中将斗(ZERO1)

【殊勲賞】
石井智宏(新日本プロレス)

【敢闘賞】
大仁田厚(大仁田厚プロレス)

【技能賞】
B×Bハルク(DRAGON GATE)

【新人賞】
赤井沙希(オスカープロモーション)

【功労賞】
田上明、佐々木健介

【女子プロレス大賞】
該当者なし

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×