望月成晃がNOSAWA論外相手にベルトを防衛し二冠王継続!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、新宿FACEにて東京愚連隊興行『TOKYO LOVE VII』が開催された。
 メインイベントでは、18日にドリームゲートを奪取し最年長戴冠記録を塗り替えた望月成晃(47)の持つ東京世界ヘビー級にNOSAWA論外(40)が挑戦。

 ドリームゲート奪取の勢いそのままにキレのある蹴りでNOSAWAを追い込んでいく望月だったが、NOSAWAもドラゴンスクリューで切り返し足への一点攻め。NOSAWAが必殺の超高校級ラ・マヒストラルであわやの場面を作るが、望月が掟破りのラ・マヒストラルからシャイニングウィザードを叩き込み流れを戻すと、真・最強ハイキックからの三角蹴りで勝利を奪った。

 NOSAWAは望月への次期挑戦者としてカズ・ハヤシを呼び込むが、次回11月15日は望月が鹿児島で試合があり来年へ持ち越しへ。これにより望月は2年間タイトルを防衛し続ける事が決定し、カズとは別にロッキー川村を挑戦者に指名した。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×