【会見】大物食いを続ける伊藤が土肥の持つリザルト王座に挑戦決定!「そろそろ若い僕に譲って」「俺も意外と若いぞ」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 記者会見にはリザルト王者の土肥孝司とプロレスリングACEの伊藤貴則が登場。7月16日の大阪・平野区民ホール大会でリザルト王座を懸けて、この2人でタイトルマッチが行なわれることが決定。両雄揃って、意気込みを述べた。

土肥孝司
「まあ、俺はこのリザルト初代王者になってから、いつでもどこでも誰とでもタイトルマッチをやると宣言しておりましたので、どういう経緯でこのタイトルマッチが決まったのかわからないんですが承諾しました。で、場所が大阪ですね。平野区民ホールということで、たぶん彼の地元に近い所で彼が応援されるような場所であると思うんですけど、そういうのも含めてそれぐらいのハンデもいいのかなと思います」

伊藤貴則
「まあ昨日の『W-1 GP』で準決勝で河野さんに負けてしまったんですけど、負けたことによって俺の横浜文体でのメインっていうカードがなくなってしまったんで、次何か僕が挑戦できるっていうか、何か取れないかなと思ったらリザルトがあったんで。まあ、近藤さんにも勝っているんで文句ないかなと思って挑戦させていただくことになりました」

──土肥選手にお聞きしたいんですけど、伊藤選手は昨日のグランプリで近藤選手に勝ってますし、脅威に感じる部分もあるかと思うんですが、いかがでしょうか?
土肥「まあ印象としては4度目の防衛戦なんですけども、今までのチャレンジャーの中では一番おいしそうだなという感じですかね。僕よりは体重も10キロぐらい重いですし、それでもペロリといきたいなと思います」

──伊藤選手は近藤選手に勝ったことでシングルのベルトっていうのが見えてきたという部分はあると思うんですけど、手応えはいかがですか?
伊藤「まあ、格上の人に勝ったということでシングルのベルトを狙ってもいいかなと。このリザルトのベルト、できた時は僕は欠場してたんでトーナメントにも出れてないですし。で、なんですか? 若手活性化? なんか聞きましたけど、土肥さんもそろそろキャリも5~6年になるかと思うんで、そろそろ若い僕に譲ってもらえるかなと思いました」
土肥「俺も意外と若いぞ」
伊藤「僕まだ23ですよ。キャリアはまだ1年経ってないです」
土肥「俺も一応平成生まれないんで、20代のうちは初代王者としてずっと防衛しようと思います」

──伊藤選手、先程イケメン選手のコメントの中で、昨日の試合で背中や肩にダメージがあるということなんですけど、タイトルマッチは3日後になるんですけど、いかがですか?
伊藤「さすがに3日後になるとは僕も思ってなかったんで。昨日の連戦はだいぶ身体にダメージがあるんですけど、試合までには万全に整えて出たいと思っています」

──伊藤選手の地元の大阪でのタイトルマッチについてはどのように思われますか?
伊藤「自分の出身は大阪なんで、応援に来てくれる友達やら知り合いもたくさんいると思うんで、応援もパワーにしてこのリザルトチャンピオンを取りたいと思っています」

──土肥選手と伊藤選手はW-1タッグ王座を巡って最近闘う頻度が高かったと思うんですけど、注意すべき点とかここだったら自分のほうが勝っているという部分がありましたら、教えてください。
土肥「まあ実際、伊藤とタッグの選手権は2回やってるんだけど、そんなに差は出ないというか、お互い。ただ、月並みですけど、蹴りは強烈ですよね。あとデカいし。ただ経験はそこまでないと思うし、昨日の試合もちょろっと見た限りではかなりスタミナが不足していると思うんでね。スタミナに関しては全然自信があるという感じですね」
伊藤「まあ、自分は蹴りとパワーと勢いでは土肥さんに勝ってるんじゃないかなと。土肥さんはスタミナとパワーもありますし、体型のわりにスピードもあるんで、自分は勢いと若さとパワーで勝ちたいと思います」

『WRESTLE-1 TOUR 2017 SYMBOL』
日時:2017年7月16日(日)
開始:13:00
会場:大阪・平野区民ホール大会

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第9代王者】MAZADAvs【挑戦者】アンディ・ウー
※第9代王者、2度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ 60分1本勝負
【初代王者】土肥孝司
vs
【挑戦者】伊藤貴則(Pro-Wrestling ACE)
※初代王者、4度目の防衛戦。

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第58代王者組】征矢学/NOSAWA論外/タナカ岩石(ACE)
vs
【挑戦者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)/頓所隼(ACE)
※第58代王者組、初の防衛戦。

▼WRESLE-1チャンピオンシップ前哨戦 6人タッグマッチ
芦野祥太郎/児玉裕輔/立花誠吾(ACE)
vs
黒潮“イケメン”二郎/稲葉大樹/吉岡世起

▼6人タッグマッチ
河野真幸/近藤修司/ダイナ御堂(B168プロレス)
vs
熊ゴロー/三富政行(愛媛)/正岡大介(FREEDOMS)

▼シングルマッチ
神威(FREEDOMS)
vs
一(ACE)

▼エキシビジョンマッチ 3分
皇壮馬(ACE)
vs
佐藤嗣崇(WRESTLE-1練習生)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る