リング☆ドリーム原作者でいしろうインタビュー[第2回]一度は休止した『リング☆ドリーム』が再始動し、現在も生き残っている理由

  • 0
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

株式会社サクセスによりYahoo!モバゲー、Mixiゲーム、ニコニコアプリ、スマホアプリ、台湾の5プラットフォームにてサービスを展開している女子プロレスを題材にしたゲーム『リング☆ドリーム』。
この『リング☆ドリーム』というゲームはどういう人物が考え、作っているのかをリンドリユーザーはもちろん、興味はあってもまだ手を出してないプロレスファンにも知ってもらおうと、原作者のでいしろう氏へのインタビューを行ったが、前回はリンドリが一度休止になったあと、しばらくフリーとして活動していたでいしろう氏が、現在の会社であるサクセスの社長さんから「副業もいいよ」と言われて入社を決めたところまで語ってくれたので、今回はそのつづきから。
【取材・文/執事記者つばさ】

――じゃあサクセス自体も長いんですね。

でいしろう 今年で10年だね。最初『学園アリス』(2006年発売)っていうので企画とライターが足らないからそっちに入ってと言われて、学園アリスのシナリオとかやってる横で、ちょうど『レッスルエンジェルス』(※1992年に発売されその後シリーズ化されたプロレスゲーム)が流れてて。ちなみにレッスルエンジェルスを知ったのはリング☆ドリームの単行本出したあたり(1994年)なんですけど、「レッスル復活するんだー」(※1992年〜1995年まで9本発売されたが、その後2006年にサクセスが発売するまで休眠していた)と思って見てたら、学園アリスやりながらレッスルエンジェルスサバイバーの1のチェックとか手伝い始めたのがレッスルに関わりはじめた最初。1は半分関わった感じ。そのまま携帯版のほうをやるってなって、携帯版のほうを一から作って『レッスルエンジェルス サバイバー2』(1998年発売)に逆輸入した感じ。

――そこからリング☆ドリームのキャラがレッスルに出始めたんですね。

でいしろう その頃になんかセールスが欲しいよねってなって。ちょうど自前のキャラがいるよってことで、ソニックキャットとディアナ・ライアル出すとファンサービスになるかなってことで出した感じ。

――そこは同じ会社だった時代なので何の問題もなかったのですね。

でいしろう 何の問題もないし、著作権さえしっかりちゃんとキープさせといて貰えれば、なんの問題もないよってことで普通に自分で出した感じ。

――実際その時の反応はどうだったんですか?

でいしろう リングファンからは結構反応は……結構レッスルとリングってファンが絡まないんですよ! 片一方はテーブルトークという角川系の雑誌のほうで、もう片一方はPCゲームというエロゲジャンル。当時の20年前のPCって、今みたいに誰もがパソコン持ってる時代じゃないんで、テーブルトークもマニアな趣味でパソコンもマニアな趣味で、結構ファンが一緒じゃないんだっていうのがわかったのがその頃(苦笑)。なので、テーブルトークの人もレッスルに来てもらった感じですね。

リング☆ドリーム再始動! 泥士朗もでいしろうとして原作者へ復活!

――その後、時を経てまさかの……

でいしろう 諸々あって、レッスルで行こうかってなったんだけど、レッスルがちょっと難しいことになってしまったんで。折角女子プロレスっていうジャンルの一定ユーザー層がいるので、リングで勝負してみようかと。オリジナルブランドかリング☆ドリームかという感じで、いまの時代、オリジナルで勝負したらあっという間に死ぬだろうと。

――その時に萌え路線に行こうと?

でいしろう 萌えとぴあ(※2011年に発表された“萌え”をキーワードにしたSNS機能を備えたポータルサイト)という(笑)。

――ありましたね(笑)

でいしろう 最初は萌えとぴあ用につくられていてね(笑)。

――発表会から1年ぐらいですかね。

でいしろう 大人の事情でね(苦笑)。

――そんな中、2012年にYahoo!モバゲーでオープンして、もう早2年ですね。

でいしろう 12月20日にオープンしたのでほぼ2年。3年目に突入……まぁ〜こんなニッチなものが。

――いまや5プラットフォームですよ。

でいしろう スマホと台湾まで含めたら5(プラットフォーム)だね。今後、たぶんまだ増えるんじゃないかなって気がしないでもないけど(苦笑)。

――実際にブラウザゲームになったリング☆ドリームを見て、TRPG時代と違ってどう感じました?

でいしろう システムは、まず生き残ることを考えた。プロレスに対するこだわりはもちろんあったけど、基本的に

■「つづきが読みたい!」と思ったらバトル・ニュースPREMIUMへ!


でいしろう
ゲーム会社ウルフチーム退社後、『リング☆ドリーム』でデビュー(当時は泥士郎)。その後、TRPGや読者参加ゲームなどの活動を経て株式会社サクセスに所属。現在『リング☆ドリーム 女子プロレス大戦』原作者でいしろうとして活動中。

リング☆ドリーム_ロゴ

リング☆ドリーム
1993年にコンプRPGの付録にて女子プロレスを題材にしたカードゲームとして世に出る。その後GURPSとしてTRPG化。2014年現在、株式会社サクセスによりYahoo!モバゲー、Mixiゲーム、ニコニコアプリ、スマホアプリ(女子プロレス烈伝)、台湾(擂台☆夢想〜女子職業摔角大戰〜)の5プラットフォームにてサービスを展開中。

リング☆ドリーム 女子プロレス大戦 総合サイト

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る