6・4 HEAT-UP名古屋大会でユニバーサルタッグ選手権試合を行うアラケン&ヒデ久保田、田村&阿部がコメントを発表!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 6月4日(日)に枇杷島スポーツセンターにて開催されるHEAT-UP名古屋大会「Road To 後楽園~灼熱の初夏in名古屋~」でHEAT-UPユニバーサルタッグ選手権試合を行う王者組・新井健一郎&ヒデ久保田組と挑戦者組・田村和宏&阿部史典組が王座戦を前にコメントを発表した。

田村和宏&阿部史典
田村「あべちゃんナイス! 田村被害者の会と名乗っている奴等もあべちゃんみたいな俺の利用の仕方をすればいいんだよ! 完全に“被害妄想”だよ。願ってもないチャンスをくれたあべちゃんに是非初ベルトをプレゼントしたいね。俺も確か10年以上前にFTOのタッグベルトを巻いて以来取ってないから、久しぶりにタッグのベルト巻きたい!そして二冠王で後楽園!!!新井健一郎はきっとなが~~~いコメント出すんだろうな。さ~長くて被害妄想なコメントをどうぞ!あべちゃん、チャンピオンなるぞ!」
阿部「ヒートアップにずっと上がり続けてやっと巡ってきたベルトへの挑戦のチャンス。6月4日は自分にとってホームの地、名古屋で田村さんと組んで必ず新井さんとヒデさん倒して、ベルトを巻きたいと思います!」

新井健一郎&ヒデ久保田
ヒデ「俺の地元名古屋でのタイトルマッチ!前回の負けは関係ない!ただひと言!阿部…ボコボコ!以上」
新井「ちょ……ちょっと待ってくださいよ! 『田村和宏被害者の会』て、我々の正式なユニット名だったんですか!? いや、確かに今年1月の新百合ヶ丘大会で念願だった久保田ブラザーズとの合体を果たして、夢見心地のマイクアピールをしていたときに、ポロッと口をついて出たユニット名っぽい言葉ですけどね。でも被害者だからこそ、いつまでもいつまでも被害者という認識のもとで生きていたくはないんです! 確かに、我々は被害者です(泣)
 我が盟友であるヒデ久保田氏で例えさせていただくと、誰もが認める実力の持ち主であるにもかかわらず、正当に評価されることなく田村和宏(笑)に使い捨てにされた過去があるんです(泣)
 また新加入の梅沢菊次郎氏に至っては、ヒデ氏と同じく相当な実力の持ち主なのに、ヒートアップの老害こと渡辺宏志のパートナーという、これはもうどう頑張ってもメイン戦線に食い込めるわけがないポジションに押し込められたが最後、テンションがまったく上がらないまま気がついたときには使い捨てにされていたという『第二のヒデ久保田』に、危うくなるところだったんですからね!(号泣) あ~、扱いが酷い!酷過ぎるではありませんかっ!うっ…ううっ……(嗚咽) だから私たちは『もう被害者という立場は御免被りたい』と立ち上がったのであり、なのでもうこれからは被害者という立場ではなく、田村和宏(笑)に対しては加害者の立場で行こうではありませんか!
 で、まずはその第一歩として6月4日の枇杷島大会で、我々は被害者の臭いを感じさせない、新たなユニット名を発表した上で、新井健一郎&ヒデ久保田が初代ユニバーサルタッグのベルトをかっこよく防衛することを、ここに誓います。ということで、最後は対戦相手の田村和宏(笑)と阿部史典、特に阿部への忠告をして終わりとする。おい、阿部よ。各インディープロレス団体の、主にアンダーカード専門の便利屋でしかないお前が、そのジャンルで生きることを望んでいるなら、それならそれで構わない。オレもある意味、お前と同じくインディープロレス界の便利屋かもしれないしな。だけどオレは、行く先々でトップの座を奪ってきた。だけどお前は、どうだ? というか、そのポジションから抜け出せるイメージ、持ってんの? もし持っているというのなら、このタッグ王座戦はそれなりの覚悟で来ることですな。もうこっちは当日枇杷島まで観に来られなかった、全国のインディープロレスマニアに関心を持たせるよう『新ユニット名発表』という種は蒔いているんだよ。ということは、だ。ツイッター上でもなんでもいいから当日の反響が、我々の『新ユニット名』に関することばかりになるのか? それとも『メインのタッグ王座戦の阿部史典がすっげ~良かった!』的な反響が散見出来るのか? すべては、お前次第だ! ま、結果はオレたちがかっこよく!かっこよく!かっこよ~~~く!タッグベルトを防衛するのに決まってるけどな(笑) ということで、皆様乞うご期待」

『Road To 後楽園~灼熱の初夏in名古屋~』
日時:2017年6月4日(日)
開始:15:30
会場:名古屋 枇杷島スポーツセンター

▼第1試合 “Young Generation Battle in 枇杷島” シングルマッチ 15分1本勝負
飯塚優
vs
伊東優作(DEP)

▼第2試合 “ナイスガイガウン選手権試合” 3WAYマッチ 20分1本勝負
【ナイスガイ】CHANGO(フリー)
vs
長谷川智也(GUYZ)
vs
SUSHI(フリー)
※王者CHANGO初防衛戦

▼第3試合 “昭和名勝負子守唄” シングルマッチ 30分1本勝負
渡辺宏志
vs
佐藤光留(パンクラスMISSION)

▼第4試合 “Road to 後楽園~make new history~” シングルマッチ 30分1本勝負
兼平大介
vs
柴山貴哉(DEP)

▼第5試合 関東vs中部全面対抗戦~根絶やし~ イリミネーションマッチ 30分1本勝負
藤田峰雄(チンコ)/ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)/近藤“ド根性”洋史/井土徹也
vs
高井憲吾(チームでら)/石田慎也(スポルティーバ)/ノリ・ダ・ファンキーシビレサス(今池プロレス)/ミソ・トン・チャンマン(今池プロレス)

▼第6試合 HEAT-UPユニバーサルタッグ選手権試合 タッグマッチ 60分1本勝負
【王者組】新井健一郎(DRAGON GATE)/ヒデ久保田(フリー)
vs
【挑戦者組】田村和宏/阿部史典(スポルティーバ)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る