【試合結果】5・3 PURE-J板橋大会 中森華子&真琴vs安納サオリ&万喜なつみ 勝愛実&中野たむvsKAZUKI&ライディーン鋼 堀田祐美子vs藤ヶ崎矢子

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『ドリーム女子プロレス・GW板橋3DAYS祭り』
日時:5月3日(水・祝)
開始:13:00
会場:東京・板橋グリーンホール
観衆:102人

▼20分1本勝負
○Leon
10分12秒 マッド・スプラッシュ→片エビ固め
●あきば栞(フリー)

▼GWスペシャルシングルマッチ・20分1本勝負
△ボリショイキッド
14分22秒 両者リングアウト
△アイガー(LLPW-X)

▼ビジュアルハンター矢子の仁義なき戦い・30分1本勝負
○堀田祐美子(フリー)
7分51秒 スリーパーホールド
●藤ヶ崎矢子

▼3team batlie★Make a dream come true・20分1本勝負
○勝愛実/中野たむ(Beginning)
17分9秒 オレンジ☆ブロッサム
KAZUKI/●ライディーン鋼

▼スペシャルタッグマッチ・30分1本勝負
[真華不思議]○中森華子/真琴(REINA)
13分22秒 フィッシャーマンバスター→片エビ固め
●安納サオリ(Beginning)/万喜なつみ(Beginning)

堀田祐美子が矢子を返り討ちにするも「自分らしさを忘れないで頑張って欲しい」とエールを送る!中森&真琴が写真集を発売?!

第1試合

 板橋でのゴールデンウイーク3連戦の第1戦。第1試合ではLeonがスピアーからのマッド・スプラッシュであきば栞に圧勝。

第2試合

 珍しいボリショイキッドとアイガーの一騎打ちは、場外戦の際に二人三脚の状態で足が結ばれた2人がリングに戻れず仲良くリングアウト負けに。

第3試合

 過去最大の強敵を迎えたビジュアルハンター・藤ヶ崎矢子は開始ゴング前にマイクを持つと「今は今、昔は昔ですよ。自分はまだまだ19歳で全然若いし、堀田さんが自分に挑戦状を送るってことは年齢とか関係なく自分のことを可愛いと思ってるからですよね? 正々堂々とお願いします!」とクリーンファイトを要求。試合が始まっても「自分のお母さんと同じ、名前が『ゆみこ』っていうんですよね。いい年なんで大人気ないんでちょっと…お手柔らかにお願いします!」と泣きが入る。セコンドのアクトレスガールズの手を借りて矢子を押さえつけた堀田は、矢子の顔に無理矢理メイクを施すと万喜なつみや安納サオリと同じポーズをさせて笑いを誘い、最後はスリーパーホールドで試合を決めた。

 マイクを持った堀田は「矢子ちゃんのお母さん『ゆみこ』っていうの? 年も同じ? じゃあ、お母さんって…呼ばせないよ? 今日のこのメイク…私が1番可愛いと思ってる矢子ちゃん。自信を持って! これからもビジュアルハンターとして可愛い子を成敗して。あなたの1番なのは心です。心はたぶんそこにいるみんな(セコンドの選手たち)よりもすごいから。応援してるからね!」とエール。矢子は「ありがとうございます!」と感極まり握手を交わす。

<試合後コメント>
堀田祐美子
「矢子がああいうキャラクターでビジュアルハンターをして成敗していくっていう、なんかおもしろい…頑張っていればいつかは注目されるっていうのは彼女の努力だと思うし。その中で私がどう闘えばいいのかっていうのをすごい悩んだけども…それは徹底してやってもらいたいなと思う。それが心をつかむことになるので。矢子に自信をつけてもらえればというところかな。心があれば顔なんて関係ないと。1番キレイな心を持った矢子には、自分らしさを忘れないで頑張ってほしいなと思います。たぶん矢子は恥ずかしがってリングに上がってた過去もあったんじゃない? 私も弱かったから“強くなりたい”って強い人に憧れてリングに立って。いつも下向いて声を出すのも恥ずかしかった。いつも“堂々としろ”と怒られてたから矢子の気持ちもわかる。声を出せるようになるのも時間がかかったし。そういう部分では似てるなっていうところがあって。あの子は今、自分のスタイルというものをつかんだと思うし、もっともっと頑張ってもらいたいなっていう。体と体でぶつかり合ってプロレスをしたかったけども、今日は違うかなと思ったんだよね。闘いを見せるだけじゃないことってあると思うし、『藤ヶ崎矢子』っていうものを自信を持ってリングで表現してほしいなっていうことを、エールとして送れればいいなっていうのはずっと考えていたので」

第4試合


 3連戦の特別企画として『真華不思議』中森華子&真琴、『WANTED’14』KAZUKI&ライディーン鋼、勝愛実&中野たむの3チームがそれぞれ闘い、優勝チームの夢が叶えられるという『3team batlie★Make a dream come true』。セミファイナルでは勝が鋼をオレンジ☆ブロッサムで仕留めて夢に一歩近づくが、叶えたい夢については明かさず。

第5試合


 メインイベントでは真華不思議が安納&万喜を破り翌日からの三つ巴戦に弾みをつけると、中森は「(優勝したら)真華不思議で写真集出すぞーっ!! プロレスで頂点目指すのはもちろんのこと芸能面でも活躍して、1人でも多くの方にプロレスを見に来て頂きたいので。そっちも精一杯頑張ろうと思っています!」と元気よく叫んだ。

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る