“神様”近藤の地獄の特訓に征矢が前言撤回!上下関係無視で打倒・芦野を宣言!「私、気づきました。プロレスの世界に先輩と後輩はまったく関係ございません!」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4月某日、都内にあるGSPにて、征矢学が国際武道大学の先輩である近藤修司と、5.4後楽園大会で行われる芦野祥太郎とのW-1チャンピオンシップに備えて地獄の特訓を行なった。

 事の発端は4.19後楽園大会の芦野vs近藤のW-1チャンピオンシップの試合後にあった。TriggeRの先輩である近藤を破った芦野は、あろうことかダメージを負った近藤を足蹴にしたのだ。この先輩を先輩とも思わぬ行為に、本人曰く上下関係を大切にしているという征矢が激怒!リングに上がり、タイトルへの挑戦を表明したのだ。
 征矢はW-1チャンピオンシップの奪取はもちろん、この試合を通して芦野に先輩後輩の上下関係の大切さを叩き込もうという腹づもりなのだ。

 しかし、近藤をして「モンスターを育ててしまった……」とまで言わしめた芦野攻略は至難の業。そこで「打倒・芦野!」を実現するために、協力を申込んだのが大学の先輩である近藤だった。近藤もかわいい(?)後輩の申し出を快諾。この日、GSPに集合しての2人きりの特訓となったのだ。

 まず、近藤は「俺は神様だぞ!」と宣言。
 この特訓においては、大学の体育会に伝わる「1年は奴隷、4年は神様」という伝統的な上下関係を適応するという宣言だ。

 神となった近藤は征矢に次々と過酷な特訓を課していく。最初はストレッチで身体をほぐすということだったが、身体の硬い征矢の上に座り込むやら、足で押すやら、自分の全体重を浴びせて負荷をかけていく。早くも征矢からは声にならない悲鳴が上がる。

 続いては60kgのバーベルを胸元まで連続で挙げるハイクリーンという運動だ。
 回数はなんと100回。これは近藤が高校のラグビー部時代に行なったという練習だが、あまりのキツさに行なった人間全員が胃の中のものを吐き出したという代物だ。この練習はさすがに身体を鍛え抜いたプロレスラーでもキツイ。しかも、近藤は呼吸がしづらくなるマスクを征矢に着用させたからたまらない。

 初めは勢い良くバーベルを挙げていた征矢も、後半はなかなか挙がらずに休もうとする場面もしばしばあった。しかし、神様がそれを許さない。「ほら、早く続けろ!」と、神というよりは鬼のようなゲキを飛ばされ、征矢も息も絶え絶えになりながら、なんとかこの苦行をこなした。
 これが終わると征矢はもはやこれまでと思ったのか、さりげなく練習場から出ていこうとする。事実上の逃亡だ。ところが、身体どころか頭の中もフラフラで正常に機能しなくなったのか、押せば開くドアを引っ張り続けてあえなく失敗。近藤に捕まり、特訓続行となった。

 練習場に連れ戻された征矢を待っていたのは受け身の100本ノック! 近藤にボディスラムで叩きつけられるは、コーナーに振り飛ばされるは、ブレーンバスターで投げ飛ばされるは、挙げ句の果てには必殺技のキングコングラリアットを何発もその身体に被弾する征矢。なんとか受け身を取るものの、倒れたところを無理やり立ち上がらされ、さらにラリアットを何発も打ち込まれあっという間にグロッキー状態に追い込まれていった。

 それでも特訓は終わらない。もはや神ではなく鬼、いや悪魔と化した近藤の顔には徐々にサディスティックな笑みが浮かんでくる。続いて行なったのは痛みに耐える特訓だ。芦野の得意技はアンクルホールド。サブミッション系の技が多い。実はワイルドを標榜しておきながら、痛みに弱く心も弱いということを近藤に見抜かれていた征矢。その弱い心を鍛えるためと称し、近藤は次々とサブミッションを連続して仕掛けていく。

 逆エビ固め、STF、クロスフェース、フェースロック、腹固め、WARスペシャル……。様々なサブミッションを駆使して、征矢を追い込んでいく近藤。苦しむ征矢の悲鳴が耳に心地がいいのか、ますます顔がにやけていく。さらに足攻めを得意とする芦野対策のつもりか、アンクルホールド、アキレス腱固め、裏アキレス腱固め、そして足4の字固めと足へのサブミッションを連発だ。征矢が悶絶すれば悶絶するほど、近藤は笑みをたたえながらよりキツく締めていく。もはや趣味で征矢をいじめてるとしか思えぬほどのサディストっぷりだ。さすがの征矢も、ようやくこの苦痛の地獄から解放されると、「相談する人を間違えた……」とぼやく有様だった。

 ところがこれでも終わりではなかった。続いて征矢が連れて行かれたのは食堂だ。そこで出されたのはこれでもかと高々と盛り付けられた超山盛り(五合!)のご飯とちゃんこ! 「レスラーは食べるのも練習だからな」ともっともらしいことを言う近藤だが、あれだけの運動をこなしておいて、この量はキツイ。

 唖然とする征矢に、「武大盛り、懐かしいだろう。さあ、食え」と平然とした顔で促す近藤。四苦八苦しながらご飯を頬張る征矢だが、さすがに喉につっかえるのか、水で流し込もうとする。しかし、近藤は水を飲むことを許さない。水を取り上げられた征矢は、仕方なく腹をゆすりながらなんとか胃の中にスペースを作り、やっとのことで超山盛りの白米とちゃんこを平らげたのだった。

 食事も済ませ、ようやく地獄の特訓も終了かと思いきや、ここで近藤は悪魔の一言を告げる。

「これで1ラウンドだからな。今日はこれを3ラウンドやるから」

 なんと、近藤はこの地獄のフルセットを1日に3回も征矢にやらせるつもりだったのだ。逃げようとする征矢を捕まえた近藤は再びリングのある道場に連行。もう一度バーベルを挙げるハイクリーン100回をさせようとするが、ついに征矢が逃亡した。今度はちゃんとドアを開けると、「おい、俺は神様だぞ!」という近藤に対して「何が神様だ!」と捨て台詞を吐き捨て、脱兎のごとくロッカールームへと逃げ込んだのであった。

 ロッカールームで息も絶え絶えに倒れ込んだ征矢は、「私、気づきました。プロレスの世界に先輩と後輩はまったく関係ございません! なのでこれ以上練習してもしょうがない。これはもう副社長の社員に対するパワハラですよ」と近藤の理不尽な行ないを糾弾。「リングに上がったら先輩後輩は関係ない」という芦野の主張を受け入れると、「関係ないっていうことは、後輩をボコボコにいじめて傷めつけてやっても関係ねえっていうことだからな!」と大人げない主張でベルト奪取を誓ったのだった。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 TRIUMPH』
日時:2017年5月4日(木・祝)
開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール大会

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第11代王者】芦野祥太郎
vs
【挑戦者】征矢学
※第11代王者2度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第8代王者組】土肥孝司/熊ゴロ―
vs
【挑戦者】河野真幸/伊藤貴則(ACE)
※第8代王者組2度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第8代王者】アンディ・ウー
vs
【挑戦者】MAZADA(東京愚連隊)
※第8代王者初の防衛戦。

▼黒潮“イケメン”二郎 復帰戦 シングルマッチ
黒潮“イケメン”二郎
vs
近藤修司

▼スターダム提供試合 シングルマッチ
木村花(ACE)
vs
刀羅ナツコ(スターダム)

▼タッグマッチ
カズ・ハヤシ/藤村康平
vs
NOSAWA論外(東京愚連隊)/タナカ岩石(ACE)

▼6人タッグマッチ
稲葉大樹/吉岡世起/児玉裕輔
vs
鈴木鼓太郎(フリー)/立花誠吾(ACE)/頓所隼(ACE)

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る