ZERO1日高の島根凱旋試合に藤波が参戦!デーモン軍の暴走に怒ったFUNAKIが急遽試合出場

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

今年で12年目を迎えたプロレスリングZERO1・日高郁人の地元・島根の凱旋試合『ご縁の国しまねツアー2014』が、今年も11月30日(日)に島根・益田市民体育館で益田市合併10周年記念事業として行われた。
毎年、趣向をこらせたイベントに、沢山の老若男女が訪れる。今年は日高の新テーマ曲でお馴染みの人気ベーシストIKUOさんが入場曲を生演奏。ヤマタノオロチや市長挨拶など、お膳立ては揃った。

大トリは特別参戦の藤波辰爾。この益田でも、数々の名勝負を繰り広てきた藤波だったが、菅原拓也、“brother”YASSHI、果てはセコンドのデーモン植田の悪徳ファイトによって一度は無効試合に終わった。
ここで黙っていなかったのが日高の師匠であり、特別レフェリーを務めていたFUNAKI。急遽FUNAKIとデーモンを加えて行われた再試合。最後はFUNAKIが愛弟子・日高とショーン・キャプチャーの競演、さらにフジタ“Jr”ハヤトのKID、藤波のドラゴンスリーパーの四重奏で日高組が勝利。大声援のまま、大会は幕を閉じた。

試合後、マイクを持った日高は「本日は、私の地元凱旋にご来場頂き、誠にありがとうございます! この沢山の子供たちの応援を見ていて、自分の小さいときを思い出しました!
子供の時、初めて親父につれて来てもらったのがこの体育館です! そして、そのリングでメインイベントで闘っていらっしゃったのが、藤波さんでした! 今日、その藤波さんとタッグが組めたことは、本当に感動です! ありがとうございました!」と挨拶。
さらに藤波も「こうして、プロレスという文化を地元に凱旋という形で、伝え続けている日高選手は、立派だと思います! ありがとう!」と挨拶した。

ご縁の国しまねツアー2014〜益田大会〜
日時:2014年11月30日(日)
開場:16:15 開始:17:00
会場:島根・益田市民体育館

▼第1試合 シングルマッチ30分1本勝負
●藤田峰雄
7分42秒 ラリアット→片エビ固め
○デーモン植田

▼第2試合 プロレスリングWAVE提供試合 シングルマッチ30分1本勝負
●渋谷シュウ
9分18秒 変型ドライバー→片エビ固め
○大畠美咲

▼第3試合 Krush提供試合 エキジビションマッチ 2分2R
△寺戸伸近
エキジビションのため勝敗なし
△山本優弥

▼第4試合 タッグマッチ30分1本勝負
佐藤耕平/○鈴木秀樹
13分11秒 ダブルアームスープレックス→体固め
崔領二/●KAMIKAZE

▼第5試合 タッグマッチ30分1本勝負
大谷晋二郎/●横山佳和
14分56秒 ダイビング・ダブルニードロップ→体固め
田中将斗/○小幡優作

▼第6試合 6人タッグマッチ30分1本勝負(特別レフェリー:FUNAKI)
▲藤波辰爾/日高郁人/フジタ“Jr”ハヤト
14分35秒 無効試合
▲菅原拓也/“brother”YASSHI/ジェイソン・リー

▼再試合 8人タッグマッチ
○藤波辰爾/FUNAKI/日高郁人/フジタ“Jr”ハヤト
6分03秒 ドラゴンスリーパー
デーモン植田/菅原拓也/●“brother”YASSHI/ジェイソン・リー

【記事提供/ZERO1】

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る