“関節技の鬼”藤原喜明が青木真也の関節技を認め「後は任せた!これからはお前の時代だ!」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5日、後楽園ホールにて開催されたIGF新ブランド『NEW旗揚げ戦』。
 その記念すべき第1試合では『昭和の関節技 vs 平成の関節技』と題し藤原喜明vs青木真也の対戦カードが組まれた。

 お互い足を取れば取り返し、腕を取れば取り返す一進一退の攻防を見せる。頭突きもお互いに叩き込み、藤原必殺の脇固めも青木が耐えると試合は15分引き分けで終わった。
 試合後藤原は青木を抱きしめ「青木!後は任せた!もうこれからはお前の時代だ。いけ!」と檄を飛ばす。これに青木も「すごく抽象的な表現になっちゃうんですけど、情緒ある深みのある技でした。自分のキャリアにおいてすごく意味のある試合だと思いますし、今の選手にない情緒あるファイターになれるんじゃないかなと思います」と、プロレスラー青木真也として藤原喜明の思いを受け止めた。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る