4・4はぐれ連合軍興行メインイベントのカードが決定!征矢はWRESTLE-1正規軍に「お前らが反体制だぞ」と意味不明な挑発!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3月15日(水)、連日連夜酒に溺れ、プロレス界全方位にクダを巻き続けるはぐれ連合軍のNOSAWA論外と征矢学が、都内・GSMにて記者会見を実施。
 まるで酒の席ではないかと疑いたくなるような意味不明かつ身勝手な主張を繰り広げた挙げ句、ドラゴンゲートの望月成晃の参戦を発表。さらに、WRESTLE-1に対しては、4・4はぐれ連合軍興行のメインイベントに選手3人を選抜して送り込むように要求し、はぐれ連合軍・NOSAWA&征矢&望月vsWRESTLE-1軍(X&XX&XXX)のカードを一方的に発表した。

NOSAWA「我々、先週、禁酒をしまして、45分しか禁酒が保たなかった(笑)」
征矢「禁酒に関しては時間とか制限ないですから。45分でもお酒を飲まなければ禁酒になるんですよ」
NOSAWA「もしかして、今日もお酒残ってるんですか?(笑)。昨日も飲んだ?」
征矢「私に飲まないという選択はないですよ」
NOSAWA「あ、そう?(笑)」
征矢「でも、今もちゃんと禁酒してますから。何時間かは経ってますよ」
NOSAWA「でも、飲むんでしょ、これから(笑)。最近、昼から日本酒飲んで、W-1内では俺とマナ(征矢学)はアル中って言われてるから(笑)」
征矢「逆に向こうがおかしいんじゃないですか?」
NOSAWA「ああ、そう?(笑)」
征矢「我々は正当なご意見ですよ」
NOSAWA「……ちゃんとやろうか(笑)」
征矢「いつもちゃんとやってますよ。何がおかしいんですか?」
NOSAWA「とりあえずはぐれ軍興行なんですけど、メインのカードを発表しないというまさかの緊急事態で、これは全部ケンドー・カシンさんのせいだと。我々は前回の会見でケンドー・カシンさん、はぐれのパイオニアと組みたいつって。そうしたら、全日本プロレスの沖縄大会の試合終了後にケンドー・カシンさんから、「近々はぐれにも会いに行かなきゃ」というメッセージをもらって、我々待っていたんですが、こっちからも連絡をしているんですが、まったく連絡が取れないと」
征矢「お問合わせはしたんですよね?」
NOSAWA「ええ(笑)」
征矢「おかしな話ですね」
NOSAWA「っていうことで、ちょっと開き直って、一回ケンドー・カシンを忘れようと。やっぱ困った時に、これからメインのカードを発表するんですけど、はぐれ連合軍、NOSAWA論外、征矢学、あともうひとり。一応これは東京愚連隊興行なんで、東京で一番強い男、ドラゴンゲートのモッチーこと望月(成晃)さんに連絡したら、「今、望月さん、ドラゴンゲートで無所属ではぐれてますよね?」「ああ、なんとなく」「じゃあ、お願いします」って言ったら、たぶん望月さんは意味もわからず、「ああ、4月4日は空いているから大丈夫」っていうことだったので」
征矢「ご本人は自分がはぐれていることに気づいてない?」
NOSAWA「望月さん、そういうところあるんですよ、意外に。あんな元気な中年いないですからね。で、東京で一番強い男ですから。ということはもう、征矢学&NOSAWA論外&モッチーと。ただ、正直、相手は見つかっていません。これはもうX、XX、XXX。もうW-1のほうから、W-1連合軍でも正規軍でもなんでもいいと。出たいって奴、出てこいやっていうことで」
征矢「はぐれ連合軍の反体制ということですよね?言ってみれば」
NOSAWA「そう。WRESTLE-1連合軍、WRESTLE-1正規軍ははぐれ連合軍ができて、どちらかと言うと、我々は無視されているんですよ」
征矢「そうですよ。皆さん、勘違いしないでくださいね?正規軍とか名前だけかもしれないですけど、我々がはぐれ連合軍としてやっていることが正しいんですよ」
NOSAWA「本当に?(笑)。間違ってない、俺たち? 毎晩、酒飲んで、活動しているだけのように思えるんだけど」
征矢「だけど、私は押してはいけないベルを押してしまって(征矢は先日プライベートで酔っ払って非常ベルを押すという過ちを犯したという:本人談)」
NOSAWA「そんなことしたら、ケンドーカシンさんも連絡くれないよね(笑)」
征矢「あれを押したから来なかったんですか?」
NOSAWA「かもしれない(笑)」
征矢「でも、あの赤いの気にならないですか?」
NOSAWA「ここにもあるよ、赤いボタン」
征矢「あ、そうですか? あれを押したらどうなるんですか?」
NOSAWA「消防が来るんじゃない?」
征矢「めんどくさいですね。ウチの父が消防士なものですから、あれを押したらウチの親父が来るかもしれない」
NOSAWA「つとむ来る?(笑)」
征矢「いやあ、長野から出張ということにはならなそうですね」
NOSAWA「ぶっちゃけ言うと、ケンドー・カシンにやられたね。ラブコールを贈ったのにまったく無視され、WRESTLE-1連合軍からも無視され」
征矢「本当にはぐれの極みを私たちは歩いていますね。」
NOSAWA「悔しくないのか、WRESTLE-1正規軍は」
征矢「お前ら反体制だぞ!」
NOSAWA「え、そうなの?(笑)」
征矢「名前に騙されちゃダメですよ」
NOSAWA「……まあメインに関してはそんな感じで。この会見を聞いて、WRESTLE-1の会社がどう出るか?まあ、X、XX、XXXで、6人タッグで。はぐれ連合軍vsWRESTLE-1連合軍でも正規軍でもなんでもいい。その6人タッグでやることに決定しました。あとリリースでは送ったんですけど、セミファイナルのチーム・ディストラクション復活」
征矢「おお!」
NOSAWA「諏訪魔&近藤修司vs鈴木鼓太郎&バッファロー。これも決定したんで。なんかTwiterとかSNS上では2人とも聞いてないって。でも、俺が決めて発表したんだから」
征矢「ダチョウ倶楽部と一緒ですか?「聞いてないよ〜!」って」
NOSAWA「……あなたまさかまだお酒残ってます?(笑)」
征矢「飲んでないですよ」
NOSAWA「あ、そう?(笑)。まあ、本人たちは否定してますけど、ふりとしか思えない。まあ、プロなんだし、発表したんだから、本人たちは聞いてなくてもちゃんと順序どおり。たぶん本人たちが聞いてないだけであって、発表していいっていうから発表したんであって。発表されてグダグダ言うなと。勇気は買うと。下手したら、ディストラクションが一番はぐれてんじゃないかと。我々よりも」
征矢「それも興行やってみたらわかるかもしんないですよね」
NOSAWA「うん。本当に仲いいのか悪いのかわかんねけど、発表された以上はグダグダ言わずに、決定事項だから、これは」
征矢「義務ですよね、義務」
NOSAWA「うん。義務だから。我々が出るって発表したら、あの人たちは出るしかない。以上ですね。なんかあります?」

──お二人には無許可で発表したんですか?
NOSAWA「うん。だって、なんで許可取る必要あるの?」

──一応参戦の意思をという部分では。
NOSAWA「だって、諏訪魔なんか俺の知り合いのブラックタイガーⅦさんが言うにはなんだかんだ出たいんじゃないかって。その気持ちを俺は汲み取って、カードを組んでやった。近藤修司も本当はWRESTLE-1で一番はぐれてんだろ」
征矢「最近、はぐれてますよ」
NOSAWA「俺は近藤修司と昼間から日本酒を飲みたい!」
征矢「近藤さんも飲みたいはずですよ」
NOSAWA「そう、素直になれって。素直にはぐれろ」
征矢「照れ屋ですからね」
NOSAWA「言うよね(笑)。まあ、いいんじゃないの?」

──じゃあ、参戦を決定することで逆に解放してやるという優しさなんですか?
NOSAWA「そう、自分から恥ずかしくて言えないんだから。手を差し伸べてあげてんだから、そこは男らしく出ればいい。決定だから、これは本当に。諏訪魔に関しては」

──ここから覆ったりということもなく、お客さんも安心して見られると?
NOSAWA「ない。ないない」

──カシンさんが今から連絡をしてきた場合に変更点とかあるんですか??
NOSAWA「ないでしょう。もう無理よ。俺らは無理。だって、東京で一番強い男、マサをブッキングしてしまったんで。本当はケンドー・カシンと組みたかった」
征矢「そうですね。パイオニアですからね」
NOSAWA「挨拶に来るつって、来ないっていう。本当にはぐれてんな。でも、逆にドラゴンゲートさんのほうからモッチーに出ていただけるっていうことで、東京愚連隊興行っぽくなったのでまあいいかなあと」

──諏訪魔選手が来なかった場合はどうするんですか?
NOSAWA「いや、来るでしょう」
征矢「試合する前から来ないこと考えバカがいるか!違うのか!?」
NOSAWA「いや、これで来なかったら、逆にカッコ悪いよね。はぐれることもできないのかって。いや、来るでしょう。大丈夫、次の土曜日……うん月曜日か? もう日にちの感覚がなくなってる(笑)。さっきも同じくだりになっているけど……」
征矢「若干、酔っぱらいの症状ですよ。アル中の症状」
NOSAWA「いや、全日本プロレスの19日の川越大会に俺の知り合いのブラックタイガーⅦさんが行くんで。ちゃんとした返事、彼がもらってくるらしいよ」
征矢「最悪諏訪魔さんが出ない場合は、ブラックタイガーⅦさんに出てもらいますか?」
NOSAWA「いや、それは無理だろう。俺2試合……あっ!」
征矢「あれ?」
NOSAWA「俺じゃない(笑)」
征矢「あれは別?」
NOSAWA「別だよ。俺の知り合いの知り合いだから。仲のいい知り合いだから」
征矢「本当に最悪そうなっちゃった場合はブラックタイガーⅦさんを呼ぶしかないかなと」
NOSAWA「無理だよ。俺コスチューム持っていかねえもん」
征矢「あれ、俺?」
NOSAWA「いやいや……(笑)。危ない危ない」

NOSAWA「そういうわけで全カード発表ということですね。今日、はぐれ連合軍とWRESTLE-1軍。NOSAWA&征矢&望月vsX&XX&XXX。で、リリースした通り、全6試合。決定してるんで」

──WRESTLE-1のほうから誰か出てきてほしい人はいますか?
NOSAWA「いや、誰でもいいよ、もう。だってWRESTLE-1の選手が出てきても、券売につながんねえから。あれ、俺またお酒の勢いで言い過ぎてる?(笑)。大丈夫かな、これ?」
征矢「しょうがない」
NOSAWA 「ね?だから、もう出てこいよ」
征矢「正規軍という名の反体制の奴らいんだろう!」
NOSAWA「会社で協議して、連合軍で来い。なんでもいい。まあそんな感じで、5000円の席も残りわずかで、非常に売れてるんで。ただ、東京愚連隊興行ということで何かしらの仕掛けはあると思うんで、それを楽しみにしてもらえれば」

 全日本プロレスの諏訪魔と近藤修司のチーム・ディストラクション復活はファンにとっては朗報だが、酔っ払った勢いで発表するようなやり方で、果たして当日本当に試合は実現するのか? そして、はぐれ連合軍のメインイベントに登場するWRESTLE-1は誰を送り込むのか? 酔っぱらいの戯言と、すべて無視されてもしょうがないような気もするのだが……。

『東京愚連隊プロデュースはぐれ連合軍興行「はぐれMEMORY」』
日時:2017年4月4日(火)
開始:19:00
会場:東京・新宿FACE

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る