“元・なでしこリーガー”がボクシングデビュー!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、五反田・ワタナベジムにて会見が行われ、“元・なでしこリーガー”佐山万里菜が3月15日に後楽園ホールで開催される興行でボクシングデビューをすることが発表された。

 佐山は小学生の頃からサッカーを始め、AC長野パルセイロレディースで活躍。その後パルセイロとの契約が終了すると「このチームとこのサポーターと一緒に戦う以外は考えられない」としてサッカー界から引退。その後「サッカーとは全く違う世界を見てみたい。世界一になった景色を見たい」とワタナベジムに入門した。
 デビュー戦が決まった佐山は「サッカーと違ってボクシングは何があろうと自分しかリングに立てないし交代選手はいないし、調子悪くても怪我しても交代する人はいないって世界。自分への挑戦というかゼロから挑戦することに魅力を感じています。サッカーと違って一対一ですし、今すごい楽しいです」とコメント。

 サッカー時代のポジションは守備から攻撃への切り替えが得意なボランチだったという佐山は、前半45分・後半45分を走り抜いた運動量には自信があるとのこと。さらに当時の監督から「ファイティングスピリッツをもっと抑えろ、殺し屋の目をしなくていいから抑えろと言われていました」と言われていたほどの気持ちの強さに渡辺会長も太鼓判を押した。

 サッカーボールやスパイクも全て実家に送り、ボクシング一本の生活へと変えた佐山。デビュー戦が行われる興行のメインでは、同じワタナベジムの先輩である“モデルボクサー”後藤あゆみが東洋太平洋女子スーパーバンタム級の王座決定戦を行う。
 果たして先輩へ良いパスを送ることができるか、“元・なでしこリーガー”佐山万里菜のデビュー戦に注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る