「タッグは1+1をどれだけ大きく出来るか」武藤がW-1初代タッグ王者決定リーグの優勝予想

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11月26日、武藤敬司が都内・WRESTLE-1事務所にて初代タッグ王者決定リーグに関してコメントを発表。
第2代WRESTLE-1チャンピオンシップ王者として、団体の代表として、いよいよ天王山を迎える「初代タッグ王者決定リーグ戦」展望を武藤目線で語った。

自身の経験をもとに「1+1をどれだけ大きく出来るか」とタッグに関して語ると「Aブロックは河野とTAJIRI」と現在リーグ戦無傷で首位のデスペラードの名前を出した。
「Bブロックは期待を込めてKAIと浜」と混戦のBブロックを制するのはKAI&浜亮太の赤天狼と予想。
「ナチュラルな仲良しさ」とKAI、浜のコンビネーションを分析し、初代”WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ王者戴冠の期待を赤天狼・KAI、浜に込めた。
最後に「征矢? ノガちゃんも変な奴に絡まれちまって同情するよ(笑)」と“new Wild order”には苦笑いで席を後にした。

最後の公式戦が行われる天王山・28日(金)横浜ラジアントホール大会を経て30日(日)優勝決定戦・後楽園ホール大会で、栄えあるWRESTLE-1タッグチャンピオンシップ初代王者に輝くのは一体どのチームなのか!?

Q.初代タッグ王者を決める戦いも天王山ですが?
武藤「タッグって言うのはさ、1+1をどれだけ大きく出来るかなんだよな。今回のタッグリーグ見てみてもさ、タッグ歴の長いチーム、急造チームと色々出てるからな。さしあたって、ここまでの順位は順当といえば順当かもしれねぇな。」

Q.そんな中、武藤選手から見た決勝に進出するチームはどこだと思いますか?
武藤「Aブロックはカズと近藤と言いたい所なんだけど、河野とTAJIRIに負けちまってんだよな。そうなると河野とTAJIRIになっちまうよな。あいつらは普段からユニットを組んでるから、さっき言った1+1が大きなものになりやすいんだよな。Bブロックは期待を込めてKAIと浜。この2人のタッグはナチュラルなコンビネーションだからね。入門当時からいつも一緒にいるイメージだよな。今見てると悩んでいるKAIを明るい浜が上手くカバーして、お互いに無い所を補っている様に見えるんだよな。これって大事な事だよ。」

Q.では、ズバリ優勝予想チームは?
武藤「やっぱり期待を込めてKAIと浜だな。初代タッグ王者って言う“初代”ってさ、歴史に名を刻む訳だよ。シングルで河野が実績を作ったようにKAIと浜にも期待しちまうよな。あの2人のナチュラルな仲良しさに期待を込めるよ。征矢? あいつはワケ分かんねぇよ(笑)ノガちゃんも変な奴に絡まれちまって同情するよ(笑)。まぁ、選手には公式戦残りの11.28横浜で悔いの無い戦いをしてもらって、万全の想いで30日後楽園を迎えてほしいな。」

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る