【インタビュー】芦野が「イケメンは客に媚を売っているだけ」と一刀両断!自らの思う“強さ”について語る

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2017年最初の大会となる1.8東京・後楽園ホール大会にて、黒潮“イケメン”二郎とのシングルマッチが決定している芦野祥太郎に話を聞いた。ここ最近、リング内外で激しくぶつかり合ってきているが、その発端となった芦野祥太郎の本心とは一体どのようなものなのか。

――まず前回の後楽園ホール大会で復帰を果たしましたが、復帰までに自分自身ここは変わったと言える部分はどんなところでしょうか?
「変わったものってのはほとんどないと思います。欠場する前も同じことを思ってやっていて。WRESTLE-1で一番上に行くっていうのを目標にしてデビューからやっているので。変わった、変わらないっていうのはあんまりないですね。でも欠場している時に試合をできずに外から見ていて思ったのが、気に食わない奴ら多いなってことです。その中でも一番目立っていたのがイケメンですね。黒潮“イケメン”二郎。僕が目指すものとは正反対のスタイルでプロレスをやっている。あれは人気なのかどうなのかわからないですけど客に媚びてるだけなんで。僕は強さを求めてやっているので。そこで対角に立つなら、真正面から潰したいと思います」

――気に食わない奴がたくさんいるとおっしゃいましたが、若手選手たちも芦野選手が欠場中にドンドンチャンスを掴んでトップ戦線で戦うようになってきました。そういう面についてはどのように感じていたのでしょうか?
「そうですね、嫉妬という意味ではやっぱりイケメンに対しての嫉妬はありましたね。まぁ復帰直前に全日本の両国でベルトを獲ってシングルでもしっかり成績を出して。そういうのは見てて…焦りは感じないですけど、他の選手に対して嫉妬するってことはほぼ無いですね」

――実際トーナメント準決勝の前日にケガをしたという事もあってチャンスを逃した形にはなりますが、相当悔しい思いをしたのではないかと思います。
「あれは悔しかったですね。あれがかなり悔しかったので、それをバネにじゃないですけど。まぁ自分のプロレスをやっていれば確実にWRESTLE-1で上に行けると思っているので。欠場前と変わらず、真っすぐにブレずにやっていきたいですね」

――具体的に“自分のプロレス”とはどういう物だと考えているのでしょうか?
「そうですね、まず客には媚びないですね。強さのみ。真っすぐ。相手をひたすら倒しに行く。これが僕の目指しているプロレスですね」

――そういった中で、やはり相当イケメン選手の事が気に入らないのだとは思いますが、最近は試合後に襲い掛かったりなど乱闘騒ぎにもよくなっています。
「黙っててもなかなか会社は試合組んでくれないし、復帰戦も変な奴らと試合だったし。まぁそれだったら自分で行動してシングルにもっていっちゃった方が早いかなって。それでああいう感じで襲いまくりましたね。あとヘラヘラやってるんでね。それも気に食わないんで」

――興味本位でお聞きしますが、WRESTLE-1の中で気に食わない選手はどのくらいいるんですか?
「…どのくらい?…ほとんど気に食わないですよ。全員です。特にNEW ERAなんてひどいですよ。まぁ僕の中では土肥、熊はもうちょっといくかなって思ってたんですよ。でもアイツらも結局烏合の衆ですよ。一人じゃなんもできない」

――半年間彼らの行動を見ていてどのようなことを感じましたか?
「なんもないです。普通にやってるだけ。インパクトなし。僕がいないからですよ。僕がいないから無理やりいい舞台に上げられただけ。だからよかったんじゃないですか?彼らにとっては。そこでインパクト残せてないですけどね。そういう事ですよ」

――ではやはり名前のあがってシングル戦まで持ち込んだイケメン選手については、ジェラシーもあって、芦野選手の目に付く存在だったという事でしょうか?
「そうですね。早く試合したくてしょうがないですね。ウズウズしてます。まぁ普通に倒すだけですけど。アンクルロックでタップさせます」

――余計なことはさせない、といった感じでしょうか?
「したければしてもらっても、待ってますよ。ちゃんと面と向かって戦いに来るの。そこは大丈夫ですよ。客に媚びたいならまず媚びてもらって。そこから試合して、ねじ伏せて終わりです」

――では先ほどもおっしゃっていた“強さ”という物は芦野選手にとってどういったものなのでしょうか?
「“芯”ですかね。自分が何を持ってるかっていう。そういうのが無い奴は埋もれていきますよ。芯の強さっていうのはプロレスでの強さだと僕は思っています」

――強さが正義という事ですか?
「そうですね。強ければ正義なんじゃないですか?弱い奴に発言権は無いですから。強くなって発言権を増していく。どの世界でもそうだと思います。強い奴は強い、出来る奴は出来る。キャリア関係ないです」

――強さを追い求めていきたいと?
「もちろん。ひたすらに。ただただひたすらに強さを求めていって、WRESTLE-1…プロレス界で一番上に行きたいですね。強くなるためだったらなんでもしますよ」

――わかりました。では最後に後楽園ホール大会への意気込みをお願いいたします。
「まぁ後楽園でイケメンに勝って、客に媚びるプロレスが正しくないっていう事を俺が証明しますよ。2017年は俺の年にしたいと思います」

 12.9後楽園ホール大会での復帰戦では1分53秒という試合時間で圧倒的な強さを見せ、欠場中のフラストレーションを爆発させるかの如く勝利した芦野。それでもまだやり足りないのか、メインの河野vsイケメンの王座戦のセコンドに着くと、NEW ERA軍と執拗な乱闘を展開。更にイケメンの事を“獲物”としその後の各会場で襲いかかる始末。なぜイケメンなのか。それは芦野にとってイケメンは一番目障りな、正反対の存在だからである。客に媚びを売るようなプロレスをする奴は絶対に認めない。だからこそ最初に倒す。それが自分のプロレスを肯定するのに一番の近道であるから。自身の目指す“強い”プロレスに“狂気”を纏ったこの男が2017年、WRESTLE-1のリング上の台風の目になるかもしれない。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 SUNRISE』
日時:2017年1月8日(日)
会場:東京・後楽園ホール大会
開始:12:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】征矢学
※第10代王者は2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】MAZADA(東京愚連隊)
vs
【挑戦者/NEW ERA】アンディ・ウー
※第6代王者は初の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組/NEW ERA】稲葉大樹/児玉裕輔
※第7代王者組は3度目の防衛戦

▼WRESTLE-1 vs 全日本プロレス 6人タッグマッチ
武藤敬司/土肥孝司/熊ゴロー
vs
大森隆男(全日本プロレス)/野村直矢(全日本プロレス)/青柳優馬(全日本プロレス)

▼シングルマッチ
[NEW ERA]黒潮“イケメン”二郎
vs
芦野祥太郎

▼WRESTLE-1 vs Pro-Wrestling ACE 8人タッグマッチ
近藤修司/“brother”YASSHI(フリー)/火野裕士(フリー)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
vs
立花誠吾(ACE)/頓所隼(ACE)/伊藤貴則(ACE)/タナカ岩石(ACE)

▼タッグマッチ
[NEW ERA] 吉岡世起/藤村康平
vs
KAI/村瀬広樹

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る