左かかとはく離骨折の大仁田が爆破マッチに強行出場もロケットが直撃し敗北!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

約1年後に設定する”還暦電流爆破”を目指して疾走する邪道・大仁田厚に黄信号—-。超花火プロレス11・22大津の試合中に左かかとはく離骨折(全治4週間)の重傷を負った大仁田は、一夜明けて迎えたファイヤープロレス11・23福山に強行出場。この日が2度目となる“邪道ロケット爆破マッチ”に臨んだ大仁田だが、自ら開発した邪道ロケットの直撃を浴び、青柳総裁率いる魔世軍に敗れた。

 試合終盤にリングへ乱入して勝負を決する鬼棒攻撃を放った青柳総裁ら魔世軍の面々に9・19名古屋、11・3横浜に続いて三たび集団暴行を受ける恥辱を味わいながらも、大仁田は「まぁ、プロレスに怪我は付き物のアクシデントだから。オレは馬場さんの教え通り、どんなコンディションであろうと、ファンが待っていてくれる以上、決まった試合には出続ける。その教えを守って最後まで突っ走る。明日は最後のFMW後楽園、27日は全日本の両国か。今日の福山だろうがビッグマッチだろうが、全力で闘い抜くだけじゃ」と、負傷を意に介した様子もなく気丈にコメント。

 一方の青柳総裁は「魔世軍の力を見たか、大仁田! 怪我をしても逃げずに立ち向かってきたことだけは認めてやるが、オレたちはオマエをとことん追い詰めるぞ! FMWの後楽園でも全日本の両国でも、いつでもどこでも行ったるわ! 油断するなよ!」と不気味な”無差別襲撃予告”を発し、構成員を代表して巨漢の魔世軍1号も「大仁田の怪我なんて怪我のうちに入らないんだよ。(青柳)総裁はな、再起不能を宣告された地獄の淵から甦ってきたんだ! 地獄を見た男は恐ろしいぞ!! オレたちは総裁が行けと言ったら、大仁田を道連れに地の果てまでも行ってやるからな! 逃げられると思うなよ!」と呼応した。
 これまでファイヤープロレス限定で繰り広げられてきた大仁田邪道軍と青柳魔世軍の抗争が他団体マットにも波及するのか。にわかに予断を許さない状況となり、いつどこで魔世軍のテロが現実のものとなるのか、ここに来て緊張感が高まる大仁田の周辺だ。

(文=小野 仁/写真=柴田修己)
20161124fire2
『ファイヤープロレス』
日程:11月23日
会場:広島・福山ビッグローズ
開始:18:15
観衆:300人(満員)

▼シングルマッチ 20分1本勝負
○仲川翔大(ASUKA PROJECT)
9分20秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
●藤村康平(W-1)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
○ダイスケ(ガッツワールド)/蟹☆KING
12分21秒 ダイビング・ボディーアタック→片エビ固め
怨霊(666)/●魔世軍4号

▼タッグマッチ 45分1本勝負
○黒潮“イケメン”二郎(W-1)/吉岡世紀(W-1)
11分37秒 宮本のレフェリー暴行→反則勝ち
●宮本裕向(666)/守部宣孝

▼6人タッグマッチ 60分1本勝負
○KAI(W-1)/田中稔/Hi69
14分43秒 雁之助クラッチ
[GUNS]ミスター雁之助(ガッツワールド)/ミスター岩之助/●ミスター頑之助

▼邪道ロケット&電流爆破デンジャラス鬼棒 8人タッグデスマッチ時間無制限1本勝負
○魔世軍1号/魔世軍2号/橋本友彦(アパッチ)/デビルマジシャン with 青柳総裁
10分39秒 青柳総裁の鬼棒攻撃→体固め
大仁田厚/保坂秀樹/●岡田剛史/HASEGAWA

関連記事

サイト内検索

日別

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

月別

ページ上部へ戻る