【インタビュー】プロデュース興行を成功させたイケメンが王座戦に向けての思いを語る!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 自身が完全にプロデュースした興行『みんながもっとイケメンを好きになる☆』を大成功に納め、12月9日の後楽園ホール大会ではWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦が決定した黒潮“イケメン”二郎に話を聞いた。自身のプロデュース興行の振り返り、そして王座戦に向けてどのような思いがあるのか…

――改めてプロデュース興行、お疲れ様でした
イケメン「どうもお疲れ様でした。素敵な興行でしたね」

――振り返ってみていかがでしょう?
イケメン「いやもう、かなり自分を追い込む形に結果としてはなったんですけど、全体を通してお客さんがあそこまで喜んでくれるとは思わなかったですね。嫌だっていう意見が一つもなかったので。なんだったら“神興行”っていう声もあったので。なのでもし次回があるなら…まぁ近々ではないですけど、また今回見に来てくれたお客さんがもう一人、二人連れてきてくれたらもうちょっと大きい会場で更にイケメンの良さ、そしてWRESTLE-1の良さを知ってもらえると思うのでそこを目標に頑張っていきたいと思います」

――その興行の試合後に“世界を変える”という発言もありましたが、12月9日にはWRESTLE-1のベルトについに初挑戦します
イケメン「まぁ正直、先日までは完全に頭はイケメン興行に向いていたんですけど…。うーん…ちょっと気持ちを180度ぐるっと向けて。そっちに向いたら僕に怖いものはないというか。一つのものに集中した時の僕はかなり、“覚醒”じゃないですけど自分の思い通りになる事が多々あるんですよ。今回もその通りになります、俺の言った通りに。まずはベルトをゲットして。俺の腰にベルトが巻かれたときにWRESTLE-1はどう変わるのか。実験してみたいと思います。そしてその方がお客さんみんなハッピーになると思うので。期待していてください。フィニッシュ」

 初プロデュース大会において、自身のプロレスラーのルーツともいえるスペル・デルフィンと戦い勝利したイケメン。その試合後、デルフィンは“プロレス界の頂点に立て”という言葉をイケメンに投げかけ、そしてイケメンは“世界を変える”という言葉で返した。このイケメンへの言葉は最高のエールであり、イケメンが返した言葉は必ず成し遂げなければいけない最上級の覚悟と約束。そのためにも団体を牽引するという証、つまりベルトが是が非でも必要。憧れのレスラーとの一騎打ちを叶えた少年「樋口壮士朗」は「黒潮“イケメン”二郎」となり自身の団体の頂点へ手を掛けた。世界を変える為、プロレス界の頂点に立つため、夢を現実に変えてきた男が新たなる一歩を踏み出す。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 SHINING WINTER』
日程:2016年12月9日(金)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼シングルマッチ 30分1本勝負
藤村康平
vs
伊藤貴則(ACE)

▼芦野祥太郎復帰戦 タッグマッチ 30分1本勝負
芦野祥太郎/“brother”YASSHI(フリー)
vs
村瀬広樹/三富政行(愛媛プロレス)

▼UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組】稲葉大樹/アンディ・ウー/吉岡世起
vs
【挑戦者組】近藤修司/葛西純(FREEDOMS)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
※第51代王者組は4度目の防衛戦

▼第4試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】MAZADA(東京愚連隊)
※第5代王者は4度目の防衛戦

▼スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
武藤敬司/KAI/鷹木信悟(DRAGON GATE)
vs
征矢学/火野裕士(フリー)/KAZMA SAKAMOTO(フリー)

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組】カズ・ハヤシ/鈴木鼓太郎(フリー)
vs
【挑戦者組】土肥孝司/熊ゴロー
※第7代王者組は2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】河野真幸
vs
【挑戦者】黒潮“イケメン”二郎
※第10代王者は初防衛戦

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る