心不全のため急逝したヤミキ選手の追悼興行に大仁田参戦!元REINAの小波が宝城カイリ相手に復帰戦!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 “邪道”大仁田厚が聴覚障害者によるプロレス団体「WILD HERO」に初参戦し、聾レスラー・友龍との初タッグで、ワイルド軍に勝利。団体運営権をHERO正規軍の手に取り戻した。

 HEROは正規軍が昨年11・1板橋で、ワイルド軍に敗れて乗っ取られてしまった。2・22新木場での「運営権争奪戦」でも、ワイルド軍に敗れて2連敗を喫した。窮地に陥った正規軍のエース・友龍が助けを求めたのが、プロレスファン時代、“あこがれの人”であった大仁田だった。友龍は超戦闘プロレスFMW9・26後楽園大会で、大仁田の控え室を訪ねて、11・5新木場大会への参戦とタッグ結成を直訴。かねて、障害者スポーツを応援していた大仁田は、友龍の申し出を快諾し、初参戦に至った。

 決戦は「HERO運営権争奪戦ファイナル」と銘打たれ、正規軍にとっては、まさにラストチャンス。大仁田と友龍は保坂秀樹、ケン・片谷と組み、ワイルド軍のワイルド・ベアー&ワイルド・セブン&ワイルド・ライジング&ワイルド・シューター2号と激突。試合形式は有刺鉄線ボード・ストリートファイト8人タッグデスマッチで行われた。
 デスマッチ初挑戦の友龍は、有刺鉄線ボードにブレーンバスターで投げられ、有刺鉄線バットで殴られるなど、ワイルド軍から非情な攻撃を受けるも、やられてもやられても根性で立ち上がった。
 大仁田が再三試合に介入していた、ワイルド軍のマネジャーであるワイルド・コモンを捕獲し、脳天を机の破片でぶっ叩き、覆面を剥がして毒霧を見舞うと、コモンはたまらず場外に転落し悶絶。これで完全に流れが変わり、大仁田&保坂が4脚のイスの上に設置した有刺鉄線ボード上にダブル・ブレーンバスターでベアーを投げ捨てた。青息吐息のベアーに、大仁田が机の破片で一撃し、続けて友龍が有刺鉄線バット攻撃を叩き込んで執念の3カウントを奪った。
20161105hero_oonita
 この勝利で、晴れて運営権は正規軍に手に戻った。助っ人として、それをアシストした大仁田は、コモンをリングに上げると、その正体は運営会社GPSプロモーションの豊島修二会長だった。大仁田はコモンに対し、「いつまでもつまらないゴタゴタするな。友龍、百太聾(女子聾レスラー)も一生懸命がんばってる。改心して、仲良くやってくれ!」と言うと、2人の聾レスラーとの握手を促した。観念したコモンは友龍、百太聾とガッチリ握手を交わして和解。丸1年ぶりに、HEROに明るい陽が差した。
 控え室に戻った大仁田は「体に障害があったら、自分の好きなことをやっちゃいけないのか? 障害があっても、好きなことをやってるヤツは素晴らしい。観客にも聴覚障害の人がたくさんいたと思うけど、夢と希望を与えられたと思う。(次回の参戦は?)友龍が呼んでくれれば、ボクはいつでも協力します」とコメント。
 友龍は「あこがれの大仁田さんと同じリングに立って、勝ててとてもうれしい。デスマッチは初めてだったけど、いい経験になりました」と感慨深げだった。
 運営権は正規軍の手に戻り、興行はハッピーエンドで終わったが、ワイルド軍が、このまま黙って引き下がるとは思えず、まだまだ両軍による抗争は続きそうだ。
20161105hero_konami
 8月でREINA女子プロレスを退団し、体調不良のため休養していた小波が、9月29日付でGPSプロモーション所属となり、今大会で3カ月ぶりの復帰戦を行った。対戦相手はワンダー・オブ・スターダム王者の宝城カイリ。難敵相手に、得意の関節技とキックで健闘した小波だったが、宝城のダイビング・エルボードロップで惜しくも涙を飲んだ。
「さすがにトップ選手。強かった。これが新たなスタート。この先何年も続くプロレス人生で、早くトップ選手になります」(小波)
「20歳の頃はいちばん悩ましいし、迷走するし、試練の時期。デスマッチをやったり、自分を貫いてるのがすごい。言葉はいらないけど、信念が伝わってきた。また闘いたい」(宝城)
20161105hero_yamiki
 11・5新木場は今春、心不全のため、急逝した故ヤミキ選手(本名・佐藤幹夫=享年65)の追悼大会として開催された。新日本プロレスの元練習生で、ミスター・ポーゴ、グラン浜田と同期生だったヤミキ選手は、HERO創設メンバーで、聾プロレスのパイオニア的な存在だった。第5試合終了後、追悼セレモニーが行われ、10カウントゴングを鳴らし、ヤミキ選手の冥福を祈った。
 ヤミキ選手の実息で、GPSプロモーション・佐藤剛由社長は「こんなに多くのお客様に来ていただき、ありがとうございます。ヤミキは所属選手であり、父なんですが、関係者、ファンの皆さまのおかげで、大勢の皆さまに見送られて感謝します。しんみりすると怒られると思いますので、明るくいい興行にしたいと思います」とあいさつした。

『WILD HERO2~ヤミキ追悼興行』
日程:11月5日(土)
会場:東京・新木場1stRING
開始:18:00
観衆未発表

▼ヤミキ追悼プレミアム賞品争奪バトルロイヤル 12人参加時間無制限
○小橋太っ太
8分59秒 片エビ固め
●虎龍鬼
※退場順=ザ・ショッカー1号、川田由美子、パンディータ、田馬場貴裕、ひょうどる・つぅ、瀧澤晃頼、SAKURA、橋本真他、あきば栞、TA☆KU

▼WAVE提供タッグマッチ 20分1本勝負
○飯田美花/夏すみれ
8分28秒 腕固め
大畠美咲/●長浜浩江

▼HEROvs闇鬼軍団ファイナル 15分1本勝負
○ヴィラン・ザ・マスク
9分31秒 フィッシャーマン・バスター→体固め
●雷電

▼JWP提供シングルマッチ 15分1本勝負
○Leon
10分20秒 十字架固め
●ライディーン鋼

▼ディアナ提供タッグマッチ 20分1本勝負
○ジャガー横田/藪下めぐみ
15分12秒 ラ・マヒストラル
井上京子/●Sareee

▼ヤミキ追悼6人タッグマッチ 30分1本勝負
グラン浜田/○田中稔/佐野直
9分45秒 タナカ・レッグバー
百田光雄/力/●仲川翔大

▼小波復帰戦~スペシャルシングルマッチ 時間無制限1本勝負
○宝城カイリ
23分13秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め
●小波

▼HERO運営権争奪戦ファイナル~有刺鉄線ボード・ストリートファイト8人タッグデスマッチ 時間無制限1本勝負
大仁田厚/○友龍/保坂秀樹/ケン・片谷with百太聾
15分32秒 有刺鉄線バット攻撃→体固め
●ワイルド・ベアー/ワイルド・セブン/ワイルド・X/ワイルド・シューター2号withワイルド・コモン

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×