【インタビュー】カズ・ハヤシを相手に防衛戦を行う児玉が世代闘争とベルトへの思いを語る

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
20161024w1_kodama

 11月2日の後楽園ホール大会にてWRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップの防衛戦に臨む王者・児玉裕輔に話を聞いた。難敵・カズ・ハヤシを挑戦者に迎える若き王者は何を語るのか。

――11.2後楽園ホール大会でカズ・ハヤシ選手との防衛戦が決定しましたが、今のお気持ちを教えて下さい
児玉「やっぱり全体の、稲葉さんを筆頭に若手と呼ばれる選手がベテラン勢にドンドン噛みついていくっていう状態なので。そういう中でカズさんの方から挑戦表明していただいて。それがまず嬉しくて、その流れに僕も乗っかっちゃおう、と。まぁこの前の5対5とかは出てないんですけど、気持ちは同じなので。僕はクルーザーのチャンピオンなのでクルーザーの方でベテラン、WRESTLE-1の象徴の一人であるカズ・ハヤシを11月2日にブッ倒すという事でございます」

――前回の後楽園ホール大会の5対5イリミネーションマッチについてはどう見ていましたか?
児玉「セコンドで観てたんですけど…結果はやっぱり惨敗。僕としても悔しい結果でした。でもちょっとこう空気が違うなと思いましたね。その5人が試合前立っている状況を見て、あぁなんか雰囲気が変わってきたなっていう。なんかWRESTLE-1の中の構図が変わっていく片鱗じゃないですけど、雰囲気が見えたんじゃないかと思いました。藤村君もすごく頑張ってて意地も見せましたし。それぞれ気合入ってましたね」

――現在行われている、いわゆる世代闘争という物がついに王座戦にまで及んできました。11.2後楽園ではご自身のほかに稲葉大樹選手が無差別級のベルトを賭けて河野選手と戦いますが、世代闘争が王座戦にも持ち込まれることについてはどう感じていますか?
児玉「いいことだと思いますね。ベルトを持っているのが僕と稲葉さんですし。クルーザーの話で言うとWRESTLE-1クルーザーディビジョンの世界としてカズ・ハヤシは倒さなきゃいけない相手ですし、カズ・ハヤシを倒せば自分の中でも一つわかりやすくステップアップできたという目印、勲章になると思うので。必ず倒したい相手です」

――クルーザーの初代王者決定トーナメントの一回戦でも戦っています
児玉「そうですね。過去2回やっているんですよ。前の団体と、そのトーナメントの時ですね」

――そのトーナメントでは敗北してしまいましたが、今は王者としてカズ選手を迎え撃つ立場です
児玉「そうですね。あの時はスゲー足やられたんですよ、グチャグチャに(笑)でも自分の中では納得のいく試合ではあったんです。でも結果がついてこなかったっていうのが一番悔しい部分なんで。今回は王者としてですけど、どうやってでもカズ・ハヤシ選手に勝ちたいですね」

――実はカズ・ハヤシ選手はまだクルーザー王座を戴冠していません。だからこそ全力で奪取しに来ると思います
児玉「あ、そうでしたか。…巻かせてたまるか、って感じです」

――では最後に意気込みをお願いいたします
児玉「前から言っているんですけど、自分が王者としてWRESTLE-1のクルーザーを創っていくっていう気持ちは日本に帰ってくる時から思っているので。それをカズ・ハヤシっていう大物を喰らって、さらにお客さんに見せていきたい。必ず勝ちたいと思います」

 児玉裕輔は日本に帰ってきて鈴木鼓太郎という外敵からクルーザー王座を獲り返し、同世代の吉岡、外国人のジェイと防衛ロードを歩んできた。そして次の相手は同団体の先輩にあたるカズ・ハヤシ。奇しくも海外無期限遠征前のクルーザートーナメント一回戦で敗北した相手であり、まだ一騎打ちで勝利を得たことのない選手。だからこそ絶対に負けられない。自分の真価を見せる意味でも、クルーザーの新世界の創造のためにも。ひょうひょうとした男が見せる意地。激戦必至の同王座戦に期待せずにはいられない。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 AUTUMN BOUT』
日程:2016年11月2日(水)
会場:東京・後楽園ホール
開始:19:00

▼シングルマッチ
立花誠吾(プロレス総合学院1期生)
vs
頓所隼(プロレス総合学院1期生)

▼6人タッグマッチ
KAI/村瀬広樹/翔太(ガッツワールド)
vs
火野裕士(フリー)/MAZADA(東京愚連隊)/“brother”YASSHI(フリー)

▼6人タッグマッチ
近藤修司/鈴木鼓太郎(フリー)/NOSAWA論外(東京愚連隊)
vs
アンディ・ウー/吉岡世起/藤村康平

▼タッグマッチ
征矢学/葛西純(FREEDOMS)
vs
土肥孝司/熊ゴロー

▼スペシャルタッグマッチ
武藤敬司/黒潮“イケメン”二郎
vs
竹下幸之介(DDT)/アントーニオ本多(フリー)

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】カズ・ハヤシ
※第5代王者は3度目の防衛戦

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】稲葉大樹
vs
【挑戦者】河野真幸
※第9代王者は2度目の防衛戦

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る