8・7 JWP板橋大会 ボリショイvs美兎 勝vsSareee 中島&LeonvsKAZUKI&鋼

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『FLY high in the 25th anniversary』
日程:8月7日(日)
会場:板橋グリーンホール
開始:17:30
観衆:120人

▼ヤングジェネレーションタッグマッチ 15分1本勝負
○藤ヶ崎矢子/弓李(アイスリボン)
8分20秒 ダイビング・ボディープレス→片エビ固め
●アイビス咲蘭/RiNO

▼シングルマッチ 15分1本勝負
○中森華子
9分56秒 シャイニング・ウィザード→片エビ固め
●長崎まる子(アイスリボン)

▼スペシャルシングルマッチ 15分1本勝負
△勝愛実
時間切れ引き分け
△Sareee

▼JWP純血タッグマッチ 30分1本勝負
○中島安里紗/Leon
17分35秒 ドラゴン・スープレックス・ホ-ルド
●KAZUKI/ライディーン鋼

▼ラビット美兎デビュー5周年記念試合 30分1本勝負
○コマンドボリショイ
15分48秒 マリコ・スパイク→片エビ固め
●ラビット美兎

ラビット美兎がデビュー5周年記念試合でボリショイとのシングルマッチ!美兎「体が続く限り。まだ二十歳なんで(笑)」

第1試合

2016-08-09JWP_第1試合 第1試合では7・24後楽園でデビューしたアイビス咲蘭とRiNOが初タッグを結成し、この8月で3周年となる藤ヶ崎矢子&弓李の同期タッグと対戦。メキシコ流の関節技を繰り出す矢子は咲蘭にミサイルキックで追撃すると、咲蘭はスワンダイブ式のミサイルキックを放って会場を驚かせる。しかし2発目のミサイルキックは矢子が身をかわして自爆に。弓李のフィッシャーマンズ・スープレックスから、矢子がダイビング・ボディープレスで咲蘭を仕留めた。翌週の両国大会でジュニア王座に挑戦する矢子は、リングサイドにいた鋼に対し「鋼さんにベルトを持ったまま卒業はさせません」と宣言。鋼は「私に勝てると思ってるの? ベルトを持ったまま卒業するからな」と涼しい顔で返答する。

第2試合

2016-08-09JWP_第2試合 第2試合は中森華子が初対決の長崎まる子を相手に得意のキックで優位に進めると、最後は延髄斬りからのシャイニング・ウィザードで快勝した。

第3試合

2016-08-09JWP_第3試合 かつてはジュニア王座を争うライバル同士だった勝愛実とSareeeが約2年ぶりのシングル対決。序盤から馬乗りになってのエルボーを応酬するなど互いに意地をムキだしにすると、エプロンでの攻防から勝がSareeeを担ぎ上げて場外マット上に投げ捨てる。リングに戻ったSareeeに勝が後頭部へのミサイルキックを叩き込むと、足に負荷がかかってしまったSareeeは場外にエスケープ。テーピングを施して試合を続行し、痛みをこらえながらドロップキックや裏投げを放っていくが時間切れで幕。納得のいかない試合内容に両者とも悔しさをにじませた。

<試合後コメント>
勝愛実
「もうホントに“悔しい”以外の言葉がないですね。こないだ…といっても1ヶ月ぐらい前なんですけど、スト魂(Sareee&田中盟子)と(アルティメット☆)ぴゅあふる(美兎&勝)で闘った時もドローになってしまったんで。今回こそは、その決着のためのシングルだと思ってたんで、こういうことになってしまってホントに情けないというか。自分を応援してくれてるファンの皆さんにも申し訳ないことをしてしまったと思います。あ~ホントに悔しい!」

――前回のタッグ戦と比べて
「全然ですね。自分の力を出せなかったというか、自分の感情だけで行ってしまったっていうことが、この結果の原因なんじゃないかなっていうのはすごい感じます」

Sareee
「悔しい…自分がダメだった。それだけです」

第4試合

2016-08-09JWP_第4試合 セミファイナルでは中島安里紗とLeonが10か月ぶりのタッグを結成し『WANTED’14』KAZUKI&ライディーン鋼と対戦。KAZUKIのコーナー最上段からのダブルニードロップ、デス・バイ・ロドリックを立て続けに食らいピンチとなる場面もあった中島だが、ロープに走ったKAZUKIにLeonがカウンターのスピアーを叩き込んで動きを止めると、中島がエルボーの連打からドラゴン・スープレックスで3カウントを奪った。
 マイクを持ったKAZUKIは「もう知ってると思うけど私たちWANTED、ベストフレンズを倒してタッグチャンピオンになるのが夢だったわけよ。こないだの後楽園、中島がちょっと暴走気味で負けて落ち込んじゃってんのかなと思ったけど…元気じゃん! 中島が元気だから私のヒザ小僧も喜んじゃってるよ。今日けっこう炸裂したよ? まぁ勝てなかったのは残念だけど8月14日、オマエら絶対防衛しろよな。その次は私らとだ」とアピール。中島は「防衛するよ。そのあと何度でも何度でもオマエらの挑戦受けてやるよ。つまりな、防衛してオマエらを指名したとしても、オマエらはベストフレンズに勝てねぇよ。何度でもやってやるよ!」と言い放った。

第5試合

2016-08-09JWP_第5試合 メインイベントはデビュー5周年のリアル記念日のラビット美兎が、3年連続でコマンドボリショイと一騎打ち。ボリショイと互角に渡り合うなど成長を見せつける美兎は、ピコニー・スマッシュもカウント2でキックアウト。後楽園で尾崎魔弓を仕留めたマリコ・スパイク(キャプチュードバスター)で試合を決めたボリショイは、「5周年ホントにおめでとう! こんなに後輩が強くなってくるから、私はもっともっと強くなんなきゃいけないんだよ。まだまだ美兎には超えさせないぞ!」とマイク。
 美兎は「本日はご来場ホントにありがとうございました! 正直5年もやれるとは思ってなかったです。でも苦しい時、ボリショイさんがそばにいて…いつも励ましてくれました。ホントにありがとうございます! でもでもでもでも! 今日勝ちたかった…。だから今よりもっともっと成長してボリショイさん、あなたから3カウント取ります! これからもラビット美兎を応援よろしくお願いします!」と涙ながらにあいさつ。続いてJWP選手会から美兎に花束と寄せ書き色紙が贈られた。

<試合後コメント>
ラビット美兎
「ボリショイさんとは3周年、4周年と5周年…3年続けてシングルをしてきたんですけど、やっぱりまだまだ超えられない壁だなと、今日久しぶりにシングルして改めて実感しました。でも、超えられない壁ではないと思うんで、ボリショイさんからシングルで直接(3カウントを)取れる日はそんな遠くないと思います。あと何周年ぐらいだろう…? 体が続く限り。まだ二十歳なんで(笑)」

――5周年について
「リング上でも言ったんですけど、正直5年できるとは思ってなかったんで、自分でもすごく不思議に思ってます。そして、嬉しく思います(笑)。今よりももっともっと上を目指していきたいし、先輩も多いですけど後輩も多いので。胸を借りる立場、そして胸を貸す立場にもなっていくので、ラビット美兎らしくこれからも頑張っていきたいと思います」

(記事・写真提供 JWP)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る