無謀か快挙か!? プロレス佐野魂が2015年7月17日に両国国技館に進出すると発表

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11月13日、プロレス佐野魂の記者会見があり、驚きとしか表現のしようがない2015年7月17日(金)、両国国技館への進出が発表された。会見に出席したのは佐野直のみ。参戦選手はプロレス佐野魂所属選手を除き未定とのことで、「まっさらの状態です」と言う。

開催日の7月17日は三連休が始まる前日の金曜夜であり、タイミングの良さもあって、飲食業や学習塾を展開、6月18日には冬木弘道さんの13回忌、金村キンタローの25周年興行を支援した株式会社KAJIの力も借りて、空いているなら取ってしまえとなったとのことだ。

佐野直の決断には、反発心もあるという。専門誌から「団体として認められるにはそれなりの実績を残してから」と告げられ、その基準として「定期的に興行を持っているか否か、後楽園ホールで大会開催したか」を挙げられ、2012年4月19日に佐野直自主興行『スタンリーKH』後楽園ホール大会を成功させたにもかかわらず、注目度が変わっていない。
また、同キャリアの選手と比べ試合数も多く、ファイトマネーもいただいているのに、ステイタスが上がっていないことへのいら立ちがある。もがき続けた結果が両国に辿りついたのだという。

前出の自主興行名義はともかく、プロレス佐野魂は昨年の大晦日、新木場1stリング大会で旗揚げ。4月23日には新宿FACE大会、8月27日には新木場1stRINGも成功させており、今年も大晦日に新木場1stRING大会を開催する。
DDTが10年かかって両国国技館に進出したことを思えば、開催時点で旗揚げから1年7ヶ月での超スピード到達となるが、果たしてこれが快挙なのか、はたまた無謀なのかは佐野本人も自覚するところ。

大会まであと8か月しかないが「まっさらの状態です」「どこでやれば無謀にならないのか、後楽園でやればいいのかとなってしまう」と、「勝ち目はある」とニヤリ。インディペンデント団体を経営し両国大会も成功させたことがある某社長に「絶対に辞めとけ、儲からない」と諭されたそうだが、逆に「これはやってやろう」という気になったという。
「万博という名の通り、みんなで楽しいことをやろう、好きなことをやるというだけで、プランは白紙」だそうだ。「ついてきてくれる若い子たちに美味しい思いをさせる目論見もあるが、甘えのある選手の甘えの部分を取っ払う大会にしたい」という。

本日の発表をマスコミ経由で知ることになる選手たちには「マジかよと驚いて欲しいが、あと8ヶ月しかない」と、「お客が入らなければ大変な借金を背負うことになる」と気を引き締める。「どうせ失敗するだろうと、興味本位で来てくれても構わないから、北海道から沖縄まで、全国の皆さん、この日だけは佐野魂に空けておいて欲しい」と、最後は懇願口調になった。

批判はあるが、「じゃお前やってみろよ」と、佐野直は開き直っている。佐野魂が成功すれば、業界全体の底上げになるとの信念があり、「ああ、プロレスでしょ」と未だ偏見を持たれているインディープロレスの現状を変える野望があった。「たくさんのお客さんに来ていただけたら、レスラーも潤う、そこからもがいている自分を抜け出したい」とのこと。
オールドスクール出身の佐野は、先輩に教えられた「会場には電車で来るな」などを守っており、「夢を与える商売の歯車になれば」と、プロ意識をも語っていた。ともあれ、発表にはこぎつけた。あとは進展を見守るしかない。

佐野直万博
日時:2015年7月17日(金)
開場:16:00 イベント開始:16:15  本戦:18:30
会場:東京・両国国技館

<チケット>
特別リングサイド 15000円
RS席 10000円
マスA席(1枚)7500円
マスB席(1枚)5000円
2階A席 5000円
2階自由席 3000円

<チケット発売日>
11月15日(土)イープラス他

<佐野魂公式サイト>
http://www.sano-damashii.com/

<出場選手>
佐野直 ほか

【記事提供/佐野魂】

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る