WRESTLE-1 3・13後楽園ホール大会 【WRESTLE-1チャンピオンシップ】火野vs近藤 【クルーザーディビジョン決定戦】稔vs鼓太郎

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『WRESTLE-1 TOUR 2016 TRANS MAGIC』
日程:2016年3月13日(日)
会場:後楽園ホール
開始:12:00
観衆:1212人・超満員

▼Jackets vs REAL DESPERADO タッグマッチ 30分1本勝負
[Jackets]○中之上靖文/吉岡世起
7分46秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め
[REAL DESPERADO]KAZMA SAKAMOTO/●土肥孝司

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
[TriggeR]河野真幸/村瀬広樹/○芦野祥太郎
3分2秒 アンクルロック
アンディ・ウー/スティーヴィー・フィアス/●三富政行(フリー)

▼イケメン試練の七番勝負 第二戦 シングルマッチ 30分1本勝負
[Jackets]●黒潮“イケメン”二郎
11分33秒 逆エビ固め
○関本大介(大日本)

▼スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)/○TAJIRI/稲葉大樹
9分14秒 バズソーキック→片エビ固め
●NOSAWA論外(東京愚連隊)/MAZADA(東京愚連隊)/真田聖也(S.P.E)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
●KAI
10分10秒 巻き投げ固め
○カズ・ハヤシ

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ第4代王者決定トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
●田中稔
14分24秒 タイガードライバー→エビ固め
○鈴木鼓太郎(フリー)
※鼓太郎が第4代王者へ

▼スペシャル8人タッグマッチ 30分1本勝負
武藤敬司/○曙(王道)/浜亮太/佐藤恵一(フリー)
8分40秒 アケボノスプラッシュ→体固め
[new Wild order]征矢学/AKIRA/葛西純(FREEDOMS)/●熊ゴロー

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者/REAL DESPERADO】○火野裕士(フリー)
16分6秒 Fucking bomb→エビ固め
【挑戦者/TriggeR】●近藤修司
※第7代王者が2度目の防衛に成功

火野が近藤相手に王座防衛!鼓太郎が稔を倒しクルーザーディビジョンの新王者へ!

オープニング

2016-03-13WRESTLE-1_オープニング
WRESTLE-1の公式サポーター『Cheer1』が本日もオープニングダンス。ダンスを終えるとメンバーの橘沙奈が「本日の後楽園大会をもってCheer1を卒業させていただくことになりました。2年半、旗揚げ当初から活動させていただきました。昔からプロレスすごく好きで見に行っていたのでWRESTLE-1のお仕事に携わることができて幸せな2年半でした。Cheer?1とWRESTLE-1が大好きなことは変わらないのでこれからも応援していきたいと思います。本日もWRESTLE-1楽しんでいってください」と挨拶し、Cheer1から卒業していった。

第1試合

2016-03-13WRESTLE-1_第1試合 先発は吉岡と土肥。バックの取り合いからリストの取り合い。土肥がヘッドロックで捕らえ、吉岡がロープに振ると土肥がショルダーアタックで倒す。吉岡が走りこんできた土肥にミドルキックから土肥のラリアットを避けて片足ドロップキック。出てきたKAZUMAのラリアットを避けて吉岡がミドルキックから中之上がスライディングラリアットで倒す。吉岡が土肥にミドルキック連発からエルボー連打。ロープに飛ぶもKAZUMAが場外から足を引っ張り倒すと、土肥が自軍コーナーに吉岡の顔面を叩き付けKAZUMAにタッチ。

KAZUMAは吉岡をロープに振りバックエルボーからフォールも2。KAZUMAは地獄突きから土肥にタッチ。
土肥はエルボーからボディスラム。エルボードロップを連続で投下し顔面を踏みつけると、KAZUMAとともにダブルショルダーアタックからフォール。土肥はガットショットからKAZUMAにタッチ。

吉岡がエルボーもKAZUMAが顔面を張りフォールも2。KAZUMAがサミングから土肥にタッチ。土肥は吉岡の左足にエルボーから押し倒すとコーナーに叩きつけてKAZUMAにタッチ。
KAZUMAはボディスラムからランニングフットスタンプ。フォールも2。
KAZUMAが担ごうとした所を吉岡が着地、KAZUMAが走りこむも吉岡はドロップキックで迎撃し中之上にタッチ。

中之上はチョップで倒していくと、ジャンピングラリアットでKAZUMAを倒し串刺しエルボーからダブルアームスープレックス。フォールも2。
中之上は左右のエルボーからローリングエルボーを狙うもKAZUMAは地獄突きでカットンし土肥にタッチ。

KAZUMAと土肥が串刺しラリアットからKAZUMAが顔面にニー。合体ブレーンバスターから土肥がフォールも吉岡がカット。
土肥が剛腕ラリアットでなぎ倒しフォールも2。土肥がボディブローからペディグリーを狙うが、吉岡がトルベジーノでカットし中之上がラリアットを狙うが、土肥がガットショットから走りこむも中之上はかち上げエルボーで迎撃。ローリングエルボーで倒しフォールも2。

中之上はボディスラムからダイビングエルボードロップ。これで3カウントを奪った。

第2試合

2016-03-13WRESTLE-1_第2試合 TriggeRが急襲。芦野と村瀬をアンディがドロップキックで次々迎撃し、河野にもフェイスバスター。
村瀬と芦野のダブルラリアットをアンディは二人まとめてドロップキックで蹴散らすとフィアスにタッチ。

フィアスがトラースキックからアンプリティアー。フォールも2。
フィアスはコーナーに振ると串刺し攻撃を狙うが村瀬は足を伸ばしてカットしスワンダイブドロップキックで村瀬にタッチ。フィアスも三富にタッチ。

エルボー合戦から三富が顔面を張っていき、膝をついた芦野にSENNIN-GIRIからフォールもTriggeRがカット。アンディが河野を場外に落とし場外ダイブ。村瀬に三富が串刺しエルボーからブレーンバスターを狙うが、芦野が三富を俵投げ。さらにフロントスープレックスからフォールも2。
芦野はアンクルホールド。三富は下から蹴り上げ逃れると、走りこんできた芦野を首固め。返した芦野にトラースキックを狙うが芦野がアンクルホールド。これで三富がギブアップ。

第3試合

2016-03-13WRESTLE-1_第3試合 イケメンは関本が入場すると入場ゲートに逃げる。雄叫びをあげるが中々リングに入ろうとしない。やっとリングに入るも、足が震えて着地に失敗し尻もち。

イケメンはコーナーで倒立しパフォーマンス。ロックアップから関本がロープに押し込みブレイクするとイケメンがローキック。
再度ロックアップから関本がバックを取り、イケメンは尻を突き出し逃れるとハンドスプリングでイケメンアピール。
手4つから関本が捻り上げイケメンは悲鳴をあげるとなんとかロープに足を引っ掛ける。

関本はヘッドロックからイケメンが突き飛ばすもショルダーアタック。だがイケメンはすぐに立ち上がる。再度ショルダーアタックで倒されるもすぐに立ち上がり、関本は勢い良くイケメンにショルダーアタックでふっとばすと、今度はイケメンは立ち上がれず。関本はフライングメイヤーからエルボードロップ。フォールも2。

関本はスリーパー。コブラツイストへ移行するとイケメンは泣きそうになりながらロープへ足を伸ばす。
関本はストンピング連打からバックブリーカードロップ。フォールも2。
関本はイケメンをロープに振ると、プッシュアップしリングに落として逆エビ固め。イケメンは必死に這ってロープへ。

関本はガットショットからイケメンの胸にチョップ。チョップの打ち合いとなり、関本はロープに走るがイケメンは低空ドロップキックで動きを止めチョップ連打。だが関本はチョップからコーナーに振るも、関本は低空ドロップキックで再度動きを止めローキック連発。
イケメンは低空ドロップキックでとうとう関本を倒すと、ライオンサルトからフォールも2。

関本はイケメンをロープに突き飛ばし、バックエルボーからエプロンに落とし走りこむが、イケメンは延髄斬りで迎撃しIKEMEN COASTERで関本を場外に落としノータッチトペ・コンヒーロ。

イケメンはイケメンクラッチでフォールも2。イケメンは関本の足を捻ろうとするも、関本は蹴り上げ串刺しボディスプラッシュからアトミックドロップ。そのままアルゼンチンで担ぎ、イケメンはなんとか丸め込むが2。イケメンは逆打ちも2。イケメンはカサドーラを狙うが、関本はキャッチしそのままジャーマンスープレックス。関本はボディプレスを投下しフォールも2。
関本はイケメンを担ぐも着地したイケメンがエルボー連打。関本はヘッドバッドからロープに飛びラリアットも、イケメンは交わすとクロスボディアタック。だが関本はキャッチしサイドバスターからフォールも2。関本は逆エビ固めでイケメンからタップを奪った。

2016-03-13WRESTLE-1_第3試合2 試合後イケメン試練の七番勝負第三戦が高木三四郎に決定。登場した高木三四郎は「ありがとう、オイイケメン、昨年からこのWRESTLE-1にCEOとして就任させてもらってから一年が経とうとしている。この一年裏から見ていて、どの大会でも頑張って会場を盛り上げているお前を見て、どうしても試合がやりたくなっちゃったんだよ!4月6日、イケメン、試練の七番勝負第三戦はこの俺高木三四郎だ、この会場中を盛り上げて盛り上げてメッチャクチャ盛り上げた試合にしようぜ!」とアピールしリングを去ろうとするが、イケメンは「ちょっと待ってください、喋るだけ喋って行かないでください。ちょっと僕だって喋りたいです。まじですか、三戦目、とうとうイケメンが、高木三四郎をリングに引っ張ってきました!どうだ!でもちょっと、FIREはずるい気がします。高木さんがFIREすると皆FIREするんですよね?俺がこう(ジャケットを広げたら)したらイケ・メンとしてくれますか?」と観客とイケメンコール。
イケメンは「高木さん、熱い試合をしましょう。そしてあなたがこのリングに上がった以上、熱い試合をして、今度こそDDTのリングに上がりたいです。そしてどんどん、知名度を上げて、WRESTLE-1を上へ上へと俺が導きます。DDT、センキュ」と高木三四郎とガッチリと握手。

第4試合

2016-03-13WRESTLE-1_第4試合 先発はウルティモとMAZADA。ロックアップからウルティモがヘッドシザースでMAZADAを投げ、論外が出てきてウルティモを羽交い締めにするが、ウルティモはMAZADAと論外を二人まとめて蹴散らし場外へ落とす。ウルティモは走りこむがエプロンに寝転がり論外の背中を叩く。ウルティモはTAJIRIにタッチ。論外とMAZADAは仲間割れを起こすと思われたが抱きしめ合い、真田とも三人で抱き合い腕を上げる。MAZADAは真田にタッチ。

真田がヘッドロックからショルダーアタックで倒しフォールも、すぐに返したTAJIRIが飛び込み式の丸め込みを狙うが真田が耐えてコスチュームが脱げると半ケツに。真田が気にせずそのままコーナーに登ろうとするが、TAJIRIがデッドリードライブ。論外が真田の尻を直し、真田は論外にタッチ。TAJIRIも稲葉にタッチ。

論外がショルダーアタックで稲葉を倒すが、稲葉はドロップキックで倒しボディスラムからコーナーに登るとダイビングヘッドバッド。フォールも2。
稲葉はロープに飛ぶがMAZADAがエプロンから蹴りつけ論外がトラースキック。論外はMAZADAにタッチ。
MAZADAと論外は連携攻撃からフォールも2。MAZADAは真田にタッチ。

真田はフライングメイヤーから背中にドロップキック。フォールも2。真田は論外にタッチ。

論外は腕ひしぎからフォールも切り返した稲葉にフェイスロック。
愚連隊は稲葉の股間を鉄柱に叩きこみ真田がその顔面にドロップキック。論外はバズソーキックからフォールも2。論外は真田にタッチ。

真田は稲葉をロープに振りバックエルボーからフォールも2。
バックの取り合いから稲葉が背中にエルボー。さらにランニングハンマーからウルティモにタッチ。

ウルティモはローキック連発からドロップキックで倒し、逆コーナーに振るとショルダースルーで真田をリングに叩きつける。
ウルティモはコンビネーションキックからアサイDDTを狙うが、耐えた真田がドロップキックを叩き込んで論外にタッチ。ウルティモもTAJIRIにタッチ。

論外とMAZADAがダブルのバックエルボーで倒し合体フラップジャックから論外がシャイニングウィザード。フォールも稲葉がカット。
論外がロープに飛ぶもTAJIRIが毒霧。真田がミサイルキックをTAJIRIに叩きこみ、稲葉が真田にガットショットからジャンピングショルダーアタック。MAZADAがエルボーからラリアットで倒し、ウルティモがMAZADAにコンビネーションキックから場外に飛ぼうとするが、MAZADAが足を引っ張り場外に落とすと、TAJIRIが論外にバズソーキックを狙うが避けた論外が超高校級ラ・マヒストラル。稲葉がカット。

論外とMAZADAにTAJIRIがハンドスプリングエルボーからバズソーキック。TAJIRIは真田とMAZADAも蹴り倒し、ウルティモがMAZADAにアサイDDT。稲葉が真田に場外ダイブから、TAJIRIが論外にバズソーキックで3カウントを奪った。

第5試合

2016-03-13WRESTLE-1_第5試合 KAIがエルボーからカズを場外に落とすが、KAIが追うとカズはすぐにリングへ。リングに戻るとお互いフォールの攻防からアームホイップの投げ合い。カズがドロップキックでKAIを場外に落とす。

カズは場外ダイブもKAIはこれを避けてカズを客席に叩きこむ。KAIはカズをマスコミ席に叩き込み、ボディスラムを狙うが耐えたカズがブレーンバスターを狙う。カズがビッグブーツで落とそうとするが、走りこんできたカズを避けて落下させる。KAIはカズを柱に叩き付けて、さらに鉄扉に叩き込む。

やっとリングに戻ってくるとKAIがドロップキックで倒しフォールも2。
カズはKAIのボディにヘッドバッド、KAIがエルボーで返しエルボー連打でコーナーに押し込むと串刺し攻撃を狙うがカズは足を伸ばしてカットするとハイキックからKAIの顔面をコーナーに叩き付けてロープに振るとスパインバスターからライオンサルト。だがKAIは剣山で迎撃。

カズをショルダースルーで場外に落としたKAIが場外ダイブもカズが避けて自爆。今度はカズがKAIを場外の柱に叩き付け、リングに戻すと担ごうとするが着地したKAIにバズソーキック。カズはファイナルカットでフォールも2。

カズは左右のエルボーからパントキック。担ごうとするが着地したKAIが左右の張り手。お互い顔面を張り合い、ロープに飛んだカズにKAIはハイキックから延髄斬り。KAIはハンドスプリングも追走したKAIがラリアットで倒し、垂直落下式ブレーンバスターからフォールも2。
KAIはサンダーファイヤーパワーボム。フォールも2。KAIはスプラッシュプランチャもカズが剣山で迎撃し丸め込むが2。KAIのラリアットを丸め込んだカズが3カウント。

カズ「KAI、やっぱりお前の闘い方は間違ってる」
KAI「間違ってない」
カズ「いや間違ってる」
KAI「間違ってない間違ってないん間違ってない。間違ってない!」
カズ「マイク返せよ!」
KAI「間違ってない、俺は正直、正直!今まで会社に甘んじてましたよ。会社が敷いたレールに乗っかってましたよ。でももう!そんなの嫌だ!俺は!これから誰がなんと言おうと!俺が作ったレールに乗っかって、突っ走ります!どうですかお客さん!どうですかお客さん!どうですかお客さん!どうですかお、きゃ、く、さ~ん!どうですかカズさん、今日の試合、面白かったでしょう」
カズ「面白くねえよ。いいか?俺は、感情をぶつけあいたいんだ。リングで感情をぶつけたいんだよ。そういう意味では面白かった」
KAI「(マイクを奪い)面白かったでしょ!!やりましょう!やるぞやるぞ!やるぞ!やるぞ!誰がなんと言おうと!誰がなんと言おうと!WRESTLE-1のエースは、俺だ!」カズを抱きしめ腕を上げる。

2016-03-13WRESTLE-1_プロレス総合学院 試合後プロレス総合学院の一期生がAKIRAとともに登場。各々が30日の卒業試合に向け抱負を述べた。

第6試合

2016-03-13WRESTLE-1_第6試合 ロックアップから稔がロープに押し込みハイキックも鼓太郎はこれを避ける。腕の取り合いからグラウンドの攻防になり、同時ドロップキックから両者ハンドスプリングで立ち上がり睨み合う。
稔はエルボーを落としてからリングを周り、タックルも鼓太郎はこれを切ってポジショニングしながら両者距離を取る。

グラウンドの攻防になり、稔が腕ひしぎも鼓太郎はそのまま押しつぶしフォールも稔は腕を伸ばして返す。再度フォールしようとした鼓太郎の腕を思い切り伸ばすと鼓太郎はロープへ足を伸ばす。

稔が脇固めから鼓太郎の腕にニードロップ。稔がロープに振るが鼓太郎がビットから串刺しニー。さらに地獄の断頭台からフォールも2。
稔がトラースキックからドロップキックで倒すと、鼓太郎をコーナーに振ろうとするが逆に振られてコーナーに登るとミサイルキック。フォールも2
。稔はすぐさま腕ひしぎへ。鼓太郎はロープへ足を伸ばす。

稔はブレーンバスターを狙うが、耐えた鼓太郎がボディにエルボーからブレーンバスター。だが稔はエプロンに着地しアームブリーカー。鼓太郎は逆の腕でエルボーを叩き込み稔を場外に落とすとトペ・スイシーダ。

鼓太郎はダイビングエルボーからバックをとるが、稔はバックエルボーからミドルキック連発。更にスピンキックから低空ドロップキックを叩き込みジャーマンスープレックス。走りこむが鼓太郎はカウンターのバックブリーカードロップ。

稔は走りこむが鼓太郎が足を伸ばしカット。だが稔は延髄斬りからコーナーに登り雪崩式フィッシャーマンバスター。フォールも2。
稔はコーナーに登りダイビングフットスタンプも、避けた鼓太郎がカニバサミで倒しファンネル。
鼓太郎は稔をロープに振るとエクスカリバーで突き刺し、タイガードライバーを耐えた稔が飛びつき腕ひしぎ。逃れた鼓太郎がエンドレスワルツ。稔はこれを返す。
鼓太郎はエルボーからローリングエルボーも稔がハイキック。だが鼓太郎はバックドロップからすぐに稔がブレーンバスターで返し両者ダウン。

カウント8で立ち上がりエルボー合戦。鼓太郎がエルボースマッシュから左右のエルボーを打ち込みランニングエルボー。再度エルボーもこれを避けた稔が丸め込むが2。稔が延髄斬りからバズソーキック。フォールも2。
稔はダイビングフットスタンプからフォールも2。

稔はラリアットを狙うも避けた鼓太郎がタイガードライバーの体勢から顔面にニー。ローリングエルボーからフォールも2。鼓太郎はブルーディスティニーでフォールも2。鼓太郎はタイガードライバーをきめ3カウント。

試合後TAJIRIがリング上へ。挑戦を要求し拳を突き出すが、鼓太郎はその手をはたき落とし、TAJIRIの毒霧を避けベルトを掲げた。

第7試合

2016-03-13WRESTLE-1_第7試合 先発は武藤と葛西。ロックアップから葛西がロープに押し込み、サミングからロープに振るも、武藤は低空ドロップキックドラゴンスクリューで次々nWoを倒し、葛西の足もとるが葛西は急所攻撃。葛西とAKIRAで股裂きから武藤をコーナーに押し込み頭に噛み付いていく。葛西はガットショット連発から熊ゴローにタッチ。

NWOで太鼓の乱れ打ちから熊ゴローがフライングメイヤーで倒しセントーン。フォールも2。熊ゴローのガットショットをキャッチした武藤がドラゴンスクリューから佐藤にタッチ。

佐藤はドロップキックで熊ゴローを場外に落とすとエプロンを走りこんでのローリングセントーン。熊ゴローがリングに戻るとミサイルキック。熊ゴローがロープに振りバックエルボーで迎撃した佐藤が振り返り式クロスボディアタックからドロップキックで倒し、ロープに飛ぶも熊ゴローは担ぎあげバックフリップ。熊ゴローはAKIRAにタッチ。

AKIRAはドロップキック連発から、佐藤がコーナーに振るも足を伸ばしたカットしたAKIRAがジャンピングエルボーで佐藤を倒し、バックドロップ2連発。佐藤はエルボーを叩き込むがエルボー合戦に。
AKIRAは佐藤をコーナーに振るが佐藤はコーナーに駆け上りドロップキックで迎撃。佐藤は浜にタッチ。

浜はAKIRAにナックルからロープに振ってショルダーアタック。浜は前回り受け身でAKIRAを潰してフォールも2。浜はランニングボディプレスもAKIRAが避けて征矢にタッチ。

征矢はショルダーアタックからドロップキック。さらにチョップを連発し上げようとするが浜はそのまま押しつぶす。浜は曙にタッチ。

曙は串刺しボディスプラッシュから逆コーナに振って串刺しボディスプラッシュ。征矢はこれを避けて熊ゴローにタッチ。

熊ゴローに曙は串刺しボディスプラッシュからエルボードロップを投下しフォールも2。
浜が出てきて熊ゴローにサンドイッチ攻撃を狙うがこれは誤爆。
曙にnWoがトレイン攻撃から征矢が葛西を背中に担ぎワイルドトレイン。AKIRAが延髄斬りから征矢がワイルドボンバーで倒し熊ゴローがセントーンでフォールも1。

熊ゴローが走りこむも、曙はネックハンギングボムからエルボードロップを投下しフォールも征矢がカット。
熊ゴローにトレイン攻撃から浜がDDT、武藤がシャイニングウィザード。曙がアケボノスプラッシュで3カウントを奪った。

第8試合

2016-03-13WRESTLE-1_第8試合 ショルダーアタックのぶつかり合いから額を擦りあい改めてぶつかり合い。火野が制して近藤を場外に叩きだすと客席に叩き込んでいく。だが近藤が火野を鉄扉に叩き付けリングに投げ入れると、近藤は火野の足を持って倒すとレッグロックから左足にナックル連打。火野は場外に転がって逃げる。

近藤はロープを下げリングに入るよう要求。火野は客を椅子からどかしその椅子に座るが、近藤は場外に降りてそのまま場外乱闘。火野は近藤をエプロンにパワーボムで叩き付け、リングに投げ入れると強烈なチョップ。火野はフライングメイヤーからスリーパー。そのまま火野は近藤の胸にチョップを連発しフォールも2。
近藤は膝立ちでエルボー。火野は起こすと強烈なチョップからバックエルボー。火野は中指を立ててからセントーンを投下しフォールも2。

火野のラリアットを避けた近藤が火野の足をキャッチしその足へラリアットから走りこむも、火野はチョップで迎撃し走りこむ。近藤はカウンターのマンハッタンドロップからDDT。近藤はランサルセからフォールも。

近藤は袈裟斬りチョップ連発でコーナーに押し込み、火野はチョップで返し中央でチョップ合戦へ。近藤はロープに振るが火野はカウンターのエクスプロイダー。
ラリアットの相打ちで両者ダウン。ダウンカウント7で立ち上がり、火野がラリアットからコーナーに振り串刺しラリアット。火野はコーナーに登るが近藤はナックルから正面に登り雪崩式ブレーンバスター。

近藤が袈裟斬りチョップから火野がチョップ。近藤が火野の足を蹴ってから足を担ぐが、火野がエルボーからラリアットでなぎ倒す。火野はコーナーに登るが、近藤がその足にチョップ連発から正面に登る。だが火野がラリアットで近藤を叩き落とし筋肉スプラッシュ。

火野はFucking bombを狙うが、近藤が着地しラリアット。だがよろけた近藤に火野がロープに振ってラリアットも、近藤はこれを避けて改めてラリアットでなぎ倒す。
近藤は掟破りのFucking bombを狙うが、リバースした火野がチョップでコーナーに押し込み、近藤が火野をコーナーに振ると串刺しラリアットからブレーンバスター。フォールも2。

近藤が投げようとしたところで火野が引っこ抜きパワーボム。フォールも2。
膝立ちの近藤の胸にチョップ連発から、近藤が低空ドロップキックで火野を倒し、火野は近藤をロープに振りラリアット。火野はFucking bombでフォールし3カウント。

2016-03-13WRESTLE-1_エンディング そこへTriggeRが乱入。
河野「いい気になってんなよお前。次の挑戦者はこの俺だ!やんのか聞かせろ!」
火野「おい、最近お前らTriggeRとしかやってへんがいいのか?それでええのか、俺は全然、対戦相手は誰でも良いからな、来いよ、やってやろうやないけ。なんか喋れんのか?」
河野「じゃあ挑戦、次の挑戦者は俺で、いいんですね?」
火野「いいんですよ」
河野「じゃあお前そのベルトしっかりしとけよこの野郎」
(TriggeRはリングを後にする)
火野「ベルトをしっかりしとけ?どういうこっちゃ、わからへんけど、おい、誰が来ようとな、このベルトは守り続けるぞ、よう見とけよこの、この、この、この、ボケどもが」

【写真:Nob(Photo’sGate)/Yumika(Photo’sGate)】

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る