BASARAの騎馬隊初のプロデュース大会で関根がオースギにシングルで勝利!岩本が加入して騎馬隊三銃士に

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

3月3日、埼玉・蕨レッスル武闘館で行われたプロレスリングBASARA『伐折羅・四.伍〜騎馬隊プロデュース蕨大会 in BASARA from 蕨〜』。この大会をプロデュースした関根龍一と中津良太の騎馬隊は、2.26横浜大会で敗れたSOSのヘラクレス千賀、ツトム・オースギとそれぞれシングルマッチで対戦する予定だったが、千賀が横浜大会でアゴを負傷して欠場。
そのため千賀と対戦する予定だった中津は、キャリアこそ違うが実は同い年だという塚本拓海とシングルマッチを行うことに。中津は蹴りと関節技で塚本の左腕を集中攻撃。一方の塚本も中津の首を集中攻撃して必殺のドレイクドライバーでトドメを刺そうとしていたが、中津はことごとく防御。
20160303_Basara②チキンウイング・アームロックや飛び付き腕十字で塚本を追い詰めていった中津はジャーマンスープレックスで勝負に出るが、ここで塚本の執拗な首攻めの効果が現れ、中津が首の痛めでブリッジできずホールド出来ない。それでも中津は強引にもう一度ジャーマンで投げようとするが、塚本は河津落としで切り返すと、そのままグラウンド卍に捉えて中津からギブアップを奪った。

そして、メインでは関根がオースギとシングルマッチで対戦。オースギは機動力を活かした攻撃で関根の右足を痛めつける。騎馬隊の足を奪いにいったオースギだったが、関根はスワンダイブを狙ったオースギを肩口でキャッチすると、そのままカミカゼで叩き付ける。
オースギも飛び付いての丸め込みから左足を変型のアンクルホールドに捉えていくが、どうにかロープに逃れた関根は強引にジャーマンで投げ捨てると、昇龍で蹴り上げてから立ち上がろうとするオースギの顔面に必殺の龍切を叩き込んで3カウント。タッグで負けた借りをひとまずシングルで返した関根は、千賀が復帰したら中津だけでなく自分ともシングルマッチをやってもらって、それで勝ったらまたタッグマッチでSOSとやらせてほしいとアピール。

20160303_Basara③SOSとの因縁が長期化しそうな騎馬隊だが、初のプロデュース大会を終えたところで中津が「そこで熱い視線を送っていた名古屋の人がいるんですよ」と言って、セコンドについていた名古屋スポルティーバ所属ながらBASARAにレギュラー参戦している岩本煌史を呼び込む。
すると岩本も関根、中津と一緒になって騎馬隊ポーズ。実はずっと騎馬隊のことが気になっていたという岩本を加え、“騎馬隊三銃士”となった騎馬隊。中津は千賀に加えて塚本にも借りを返すと意気込み、関根もSOSに借りを返した上で「(木高)イサミ親分の首を刈るのはうちら三銃士だから!」とBASARAのトップに登り詰めることを宣言した。

(文/佐瀬順一)

伐折羅・四.伍
〜騎馬隊プロデュース蕨大会 in BASARA from 蕨〜
日時:2016年3月3日(木)
会場:埼玉・蕨レッスル武闘館
観衆:88人(満員)

▼オープニングマッチ 20分一本勝負
Hi69/○円華
10分57秒 ランヒェイ
岩本煌史/●風戸大智

▼第二試合 3WAYマッチ 20分一本勝負
○竜剛馬
8分0秒 イサミの絶槍でダウンした竜が丸山に覆い被さる→体固め
●丸山敦
※あと一人は木高イサミ

▼第三試合 20分一本勝負
福田洋/●SAGAT
13分41秒 HEAVY METAL ANTHEM→片エビ固め
○FUMA/久保佑允

▼セミファイナル 20分一本勝負
●中津良太
14分28秒 グラウンド卍固め
○塚本拓海

▼メインイベント 20分一本勝負
○関根龍一
15分7秒 龍切→エビ固め
●ツトム・オースギ

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る