学生プロレスサミット2016直前インタビュー[第3回]馬並勃巳(NUWA3年)

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 各大学のプロレス同好会・研究会が一同に会す『学生プロレスサミット』が、今年も2月26日に開催される。
2008年に復活した学生プロレスサミットも今年で8年目となり、今年はUWF関東学生プロレス連盟、SWSガクセイプロレス、日本大学プロレス研究会(NUWA)、九州産業大学プロレス研究部(KWF)の4団体に加えHWWA(一橋大学世界プロレスリング同盟)が5年ぶりに正式復帰。

団体としては一年に一度のお祭りであり、選手としては卒業を目前にし学生プロレスラーとして最後の試合になる選手もいる。そんな彼らの生の声を聞くべく、各団体の選手にインタビューを行った。

三人目は日本大学プロレス研究会(NUWA)に所属し、今回のプロレスサミット唯一のタイトルマッチに三冠ヘビー級王者として出場し、外敵であるUWFの選手と闘う太田啓介(=馬並勃巳/日本大学3年)選手に意気込みを聞いた。

<馬並勃巳(NUWA3年)>
――まず馬並選手とはどのような選手なのでしょう?
「僕は結構昭和プロレスだとかUWF系と呼ばれるジャンルのプロレスが大好きで。今見てるプロレスは(PANCRASEの佐藤光留が主催する)ハードヒットだとか格闘技系が好きでよく見てますね。DVDとかもそうですけどそれで見てどんどん今のレジェンドにはまっていく感じが多いですね」

――リングネームの由来は
「最初先輩とかからどんな選手好きなの?と聞かれ、学生プロレスはだいたいプロレスの話から入っていくんですが藤浪ですと答えまして。別の先輩が馬並勃巳ってどう?って。ありがとうございますとそういう感じで、意外とリングネームってスッと決まっちゃうんですよ。三日三晩考えてこれぞというわけではなく、ポッと決まりましたね」

――今そのリングネームは気に入っていますか
「お気に入りです(笑)あんまりやっぱり女の人の前では自己紹介しづらいですけど、結構ウケますね」

――最初にプロレスに触れたのはいつだったのでしょう?
「僕キン肉マンがすごい好きで。初代キン肉マンが好きなんで、プロレスに触れるきっかけはちょこちょこあったんですけど、中学ぐらいですね、初めてYouTubeとか動画サイトを知ってプロレスを見てて、1番印象に残ったのは藤波対前田の藤波が目を切っちゃうやつ(1986年新日本プロレス大阪城ホール)。前田選手が190cm90kgとかでそんな選手がボコボコ蹴るのが大迫力でそれを受ける藤波ってすごいんだなと、そっからですね」

――でははじめに好きになった選手は前田さん
「前田選手と藤波選手ですね。今も好きですけど、そこから広がった形です。藤波がいて、長州がいて、木村健悟がいてみたいな。前田がいて高田がいて山崎がいてみたいな」

――今メインで見ている団体は
「毎回見てるのはドラディションですね。ドラディションも定期的にやっているわけじゃないですけど、ドラディションかハードヒットです」

――ご自身のファイトスタイルは誰を目指してやられているのでしょう
「高田延彦さんと藤波さんを混ぜあわせた感じです」

――その中で自信がある技は
「結構今キックを使う選手が少なかったりするんで、キックとかチャンピオンになった時の技なんですけどドラゴンスリーパーは結構決め技として使っていますね」

――・・・今おいくつでしたっけ?
「今僕20歳です(笑)ちなみに(学生プロレス)サミット当日が誕生日でして2月26日で21歳になります」

――おぉ!ではファンの方にどんな誕生日プレゼントが欲しいとかありますか?
「なんでも嬉しいですけど、特に今体重増やしてる時期なんで食べ物を、鯖の缶詰だとかお米だとかが嬉しいですね」

――どのような女性に差し入れて欲しいとかあります?
「いやまあ女性に差し入れられたことはないので、誰でも嬉しいですけど」

――好みのタイプとかは?
「僕のつまらない話を笑って聞いてくれる心の広い方が一番素敵ですね」

――普段はプロレス以外に興味もってらっしゃることは?
「僕は特撮とかがすごい好きなんで、一番初めに見た仮面ライダーが幼稚園の時に再放送でやっていた(仮面ライダー)V3なんですね。V3とか言っても周りの同世代通じないわけですよ!水道橋歩いてる音楽サークルでギターを背負ってる人がいて『あれカメバズーカみたいだね?』とかそんなギャグでも『そうだね』と聞き流してくれる、『わかんねーよ!』とか言わないそんな寛容な女性が居たらいいですね」

――それは同世代では厳しいのでは・・・
「音楽イベントとか知り合いに呼ばれて行ったりするんですけど、最後は40~50の人とずっと固まって話している事が多いです…」

■日本大学プロレス研究会(NUWA)とは
――NUWAとはどんな団体でしょう?
「1年生が今年多く入ったので、今までは上級生が多めで3年生と4年生主体だったんですけど、今は1年生が多いので若手の追い上げを押さえつけるというか、今そこまで恐怖とかは感じないですけど練習とか見ていて教えて実践でやってみるとまだ軽くひねることは出来るんですが、来年辺り化けると思いますね」

――NUWAはかつてはパワーファイトなガッチリとしたぶつかり合いのイメージでしたが、今もそれは変わらずですか?
「今は4年生のオナホ・ハズシタ選手がヘビー級なんですけど、今はちょっと変わってきたかな。テクニック重視、技術重視みたいな。今皆身体が小さいんで、技術ですねどっちかというと。パワーファイターはもちろん居ますけど、まだまだそんなオナホさんには全然届かない。これからですけどね。今の4年が抜けたらまた味の変わった団体になると思います」

――SWSやUWFに負けない部分は技術と
「うちの団体は寝技をガッチリやるんで、そういう寝技での細かいテクニックだとか、丁寧な序盤が味だと思いますね」

――尊敬している先輩はどなたでしょう?
「卒業されてしまいましたがスパン・キングストン(=最上 九/KAIENTAI DOJO)選手ですね。あの人はとにかく研究熱心でありながら後輩思いで、どこからでも学んで来るというか、練習毎に新しい事にチャレンジして、4年生になっても練習熱心だったのですごい選手でしたし人格者でしたね」
2016-02-18学プロサミットインタビュー_NUWA2
■王者から見た学生プロレスサミット2016

――馬並選手から見た今年の学生プロレスサミットはどんなイメージでしょう?
「3年連続出場なんですけど、立場が変わったというのもありますけど結構毎年ドンドン盛り上がってきている感はありますね。特に今年とかチケットはほぼ発売1ヶ月で連番が厳しい状況になったので、そういう勢いはあるし今年とかのカードはヘビーのどでかい動ける選手はあまりいないですがジュニアの動ける選手は揃っていますし、そういった意味ではまた世代交代じゃないですけど学生プロレスが変わってきているのかなというのはありますね」

――今回の学プロサミットで唯一のタイトルマッチとして挑戦者を迎え撃つわけですが、挑戦者の剛力アクメ選手の印象は
「多分今100kg越えしてるのは彼だけなので・・・結構パワーとか、何度か練習を一緒にしたことはあるんですけどすごいパワーが強いので、まあ最近は僕王者となった事もあって厳しい闘いの連続なんで、挑戦者に甲乙つけがたいですけどとにかくあの化物みたいなパワーを押さえつけるにはどうしたらいいのか困っています」

――今100%勝つ自信はないと
「勝負は時の運。相手も勝つ気で来るので、どちらも勝つと思っているのが勝負なので毎回気は抜けないですね。100%勝つ試合はないです」

――唯一のタイトルマッチということでプレッシャーはありますか?
「ありますね。メインの試合と比べられるというのはあると思う。だから僕は、メインに立つオナホ・ハズシタ選手に勝って三冠ヘビー級王者となったわけですから、当然僕の試合が良かったと声が上がる試合にしたいです」

――プロレスを初めて見る方にここが面白いというオススメな部分はどこでしょう?
「プロレスって、良い意味でも悪い意味でも実力主義じゃないんですね。実力主義じゃないからそういうここだけ一個光るものがあればそこだけで沸かせられるし、そういう意味では一番人間性が出る競技だと思います。そういう人間性だとか闘いの中で真剣にやっている人の本当のリングに立っている時の本物が見れますね。例えば普段おちゃらけてる人でもリングに立つと違う。リングに立った時の人間性は魅力の一つですね。例を言えば川田利明選手とか、リング上の無骨な感じとかどこから出ているのか、ああいう人間味とかすごい素敵で、リングから降りるとおしゃべり好きだったりとか」

――では学生プロレスの魅力はどこにあるのでしょう
「一番は・・・学生プロレスの魅力かぁ・・・まあ我々プロではないので、結構プロよりも好き勝手できると言いますか、色々な事を試せる所ですね。学生っぽさって言いますか、良い意味でも悪い意味でも若さがあるので、そういった面ではプロの『こうでなくてはいけない』というのはないので、自由さですね」

――今学生達の中でもプロレスは流行っているのでしょうか?
「街なかでも結構聞きますね。学校が水道橋っていう事もあると思いますが、結構プロレスTシャツ着ている人も夏場は居たりだとか」

――今後プロの道というのは頭の中にありますか?
「それはまだ全然わからないですね(苦笑)憧れはありますけど、実際まだ今やっている目の前の試合とか就活もありますし、憧れだけがある感じです」

――今回のサミットに関しての意気込みを
「UWFの人が相手で、NUWAの強さを僕がNUWAの代表として、チャンピオンとして彼を倒して僕の目指す最強への道をまた一歩進んでいこうと思います」

――最後にファンの方へ伝えたいことはありますか?
「口下手ですけど試合後話かけてくださると嬉しいです」

『学生プロレスサミット2016』
日時:2016年2月26日(金)
会場:新宿FACE
開場:17:30 開始:18:30

▼第1試合 タッグマッチ
ディック・ズレーター(NUWA1年)/ちんげそーれ親父(SWS1年)
vs
カンニングばれ山(UWF1年)/チョコット・シタイナー(SWS1年)

▼第2試合 6人タッグマッチ
クリトリスティアーノ・ロナウド(HWWA2年)/潮崎マジックミラー号(HWWA1年)/MOCOみちのく(HWWA1年)
vs
アレクサインダー大塚(SWS4年)/ボジョレー女房(UWF3年)/ジェロム・メロンパンナ(NUWA1年)

▼第3試合 タッグマッチ
”両刀戦士”ホテルニューハーフオータニ(UWF3年)/ダスティ・ソーローデス(SWS3年)
vs
天草ちろう(KWF4年)/MASATAKA∞(KWF2年)

▼第4試合 前半メインイベント NUWA三冠ヘビー級王座戦
【王者】馬並勃巳(NUWA3年)
vs
【挑戦者】剛力アクメ(UWF2年)

▼第5試合 イリミネーション4WAYマッチ
パットイッテ・フェラ(UWF2年)
vs
ダイノベンヲ・モラス・ペイジ(NUWA3年)
vs
ショーモ・ナイケルズ(SWS4年)
vs
お尻TAJIRI蟲(SWS3年)

▼セミファイナル タッグマッチ
徳川yeah!ass!(SWS3年)/チンポール・ロンドン(SWS2年)
vs
フェラナンテ・ドーデス(UWF3年)/三村マザファッカズ(UWF2年)

▼メインイベント シングルマッチ
ハス向井理(UWF4年)
vs
オナホ・ハズシタ(NUWA4年)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る