FMW解散をかけたメインイベントがストリートファイト有刺鉄線ボード&バリケードマット・バンクハウス・トルネード・ランバージャック+公認凶器OKデスマッチに変更。演歌女子ルピナス組の参戦が決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 超戦闘プロレスFMWの解散が懸かった、2・26後楽園ホール大会でのFMW軍対W★INGモンスター軍の試合形式が、大仁田厚の発案により、まさに地獄絵図となる“究極デスマッチ”に変更された。

 FMWが2月4日、東京・水道橋で記者会見を開き、大仁田、山近義幸代表が出席。当初、2・26後楽園のメーンイベントで行われる大仁田&保坂秀樹&ダイスケ(予定=ガッツワールド)対雷神矢口&NOSAWA論外&サブゥーの一戦は、公認凶器&有刺鉄線ボード・ストリートファイトトルネード6人タッグデスマッチと発表されていたが、大仁田の要求により、ストリートファイト有刺鉄線ボード&バリケードマット・バンクハウス・トルネード・ランバージャック+公認凶器OKデスマッチに変更されることとなった。

この試合形式は、2つの有刺鉄線ボードをリング内に立て掛け、さらに場外2面に有刺鉄線ボードを2つずつ設置し、計6つの有刺鉄線ボードを使用。しかも、場外に落ちた場合は、ランバージャックルールとなるため、まさに逃げ場のない地獄絵図のような闘い模様となる。

大仁田は2005年3月26日に、明治大学の卒業式の後、後楽園ホールで「卒業式プロレス」を開催。その際、バリケードマットのルールで、天龍源一郎と最後のデスマッチを闘っており(カードは大仁田&矢口壹琅=現・雷神矢口=対天龍&越中詩郎)、いわば“伝説”の試合形式だ。

まずは、2・11アクトシティ浜松大会で、矢口&W★ING金村&橋本友彦が保持する世界ストリートファイト6人タッグ王座に、大仁田&保坂&ダイスケが挑戦する。FMW軍が勝った場合、2・26後楽園は、このメンバーでの防衛戦となる。この一戦は、金村の要求により、「前座降格」として、第2試合で組まれる。大仁田は「新日本の東京ドームでは、第0試合をやったし、前座降格も何回もあったから気にはしていない。ただ、地方にも力を入れたいので、あえて選手権試合として、若手のダイスケを起用したい」とコメント。

また、大仁田は「浜松でベルトを獲るつもりだけど、万が一、負けた場合は、新戦力として、業務提携しているZERO1から、日高(郁人)選手を起用したい。本人も有刺鉄線に飛び込む覚悟があると言っているので」と発言。2・11浜松で6人タッグ王座奪還に失敗した場合は、2・26後楽園ではパートナーをダイスケから日高に代えて、決戦に臨む構えだ。

基本線はFMWでは全大会、タイトル戦を組みたい意向で、「地方を大事にしていきたいから、全大会でタイトルマッチをやりたい。地方も、そういう緊張感の中で闘った方がいい。プロレスは大衆文化として、地方にも根付いてるから、子どもや、おじいちゃん、おばあちゃんにも楽しんでほしい」(大仁田)。

さらに、今回、6人タッグ王座にベルトのほか、優勝旗がつくられ、王者チームに授与されることになった。布に王者組の名前を印し、優勝旗に巻き付けられる形になる。「優勝旗と言えば、高校球児。日本のスポーツの原点とも言える高校球児にあやかりたい」と大仁田。

2・26後楽園の試合形式が“究極デスマッチ”に変更されたFMW軍対W★INGモンスター軍の世紀の一戦。FMW軍としては、2・11浜松で6人タッグ王座を奪還して、首尾良く、王者として、2・26後楽園に臨みたいところだ。

 その他、2・26後楽園に、海外にも進出するテクノ演歌7人組ユニット「演歌女子ルピナス組」が参戦することが電撃決定した。結成1周年を迎えた「演歌女子ルピナス組」は、当初ゲストとして招かれる予定だったが、「せっかくだから歌ってもらったら」(大仁田)との鶴の一声で参戦が決まった。大会当日は、第1試合で行われるバトルロイヤルの後に、その優勝者とジョイントして、歌を披露することになる。

「2・26FMW事変、『満員にならなかったら、即刻、解散スペシャル!』」
日時:2月26日(金)
会場:東京・後楽園ホール
開始:18:30

▼氷点下第1試合 ※開場前に行う予定
某ベンチャー企業社長
vs
某ダイヤモンドカンパニー社長

▼第0試合 ミクスドタッグマッチ30分1本勝負 ※18時15分頃に開始予定
五所川原吾作/花月
vs
KENSO/X

▼第1試合 菊地毅デビュー28周年記念~高速カウント特別ルール・バトルロイヤル 時間無制限
<出場選手>
菊地毅/菊タロー/戸井克成/レザーフェイス/パンディータ/ワイルドセブン/木更津ピエロ/雷電/翔太/Mr.ブッタマン/プリティ太田
※菊地選手の28周年を祝うため、あの人が来場?!

▼第2試合 タッグマッチ30分1本勝負 妖怪大戦争~東京絵怖プロレス物怪録~
グレート・ニタ/佐野直
vs
バラモン・シュウ/バラモン・ケイ
※スペシャル巫女ディーバ=紗倉まな、スペシャル召喚神主=岡田能正さん(滋賀・賀茂神社)

▼第3試合 モンゴル軍vs極悪同盟~担架タッグデスマッチ30分1本勝負
ミス・モンゴル/ミス・コハル
vs
ダンプ松本/ZAP・T
※花束ガール=紗倉まな

▼第4試合 6人タッグマッチ45分1本勝負
越中詩郎/リッキー・フジ/ラストサムライ
vs
W★ING金村/X/那須晃太郎

▼特別試合 Ray復帰戦
Ray
vs

※万が一、Rayが復帰できない場合は、あいさつ及び、第0試合と女子の試合のセコンドに就く

▼セミファイナル タッグマッチ60分1本勝負
田中将斗/X
vs
橋本友彦/バッファロー

▼メインイベント ストリートファイト有刺鉄線ボード&バリケードマット・バンクハウス・トルネード・ランバージャック+公認凶器OKデスマッチ 無制限1本勝負
大仁田厚/保坂秀樹/ダイスケ
vs
雷神矢口/NOSAWA論外/サブゥー
※2・11浜松で、大仁田組が世界ストリートファイト6人タッグ王座を奪取した場合、タイトル戦となる

関連記事

サイト内検索

日別

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×