JWP一筋、春山香代子が18年の現役生活に幕

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月27日(月)、JWPの東京・後楽園ホール大会で、春山香代子が引退した。春山はJWP一筋、18年の現役生活だった。
 ラストマッチは16分17秒、ダイビング・ギロチンドロップからの片エビ固めで、倉垣翼からピンフォール勝ち。
 1288人(満員)の観客の前で、笑顔で10カウントゴングを聞き、プロレスラー人生に幕をおろした。

 また、JWP認定&デイリースポーツ認定女子タッグ選手権戦では、DASH・チサコ&仙台幸子から中島安里紗&藤本つかさが王座奪取。中島が14分7秒、ジャーマン・スープレックス・ホールドで仙台を下した。
 試合後、中島はマイクを取り、尾崎魔弓に負け続けているコマンド・ボリショイを批判。「ニセモノのピュアハートには、これ以上つきあっていられない。私こそがピュアハートだ。1月11日、覚えとけ」
 リングに私服姿で上がってきたOZアカデミー正危軍の尾崎、西尾美香と、中島は衝撃の共闘宣言だ。
 続けて尾崎は「ということでピコちゃん、JWPのベルトも、中島も、JWPの宝物、全部私が持っていっちゃって、ごめんね」と、ボリショイを挑発した。

 JWPの年頭の大会は1月11日(月)東京・両国KFCホール。ここでボリショイと中島の一騎打ちが決まっている。造反した中島は、どんな勝負を仕掛けるか!?
(写真・文/安西伸一)

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る