動画配信サービス「WWEネットワーク」が日本でもサービス開始!WWE、WCW、ECWのPPV、オリジナル番組も視聴できて月額9.99ドル

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

WWEが動画配信サービス「WWEネットワーク」が来る2016年1月5日(火)より、日本からも加入可能になることを発表した。
このサービスは月額$9.99(約1,218円*)で、加入月は無料ですべてのコンテンツを試聴でき、いつでもキャンセル料がかかることなく解約できるという。

「ロイヤルランブル」「レッスルマニア」を含む年間12回のペイ・パー・ビュー(PPV)のライブ放送全てを追加料金なしで視聴できるほか、「ロウ」「スマックダウン」の再放送やWWE、WCW、ECWが過去に放送したペイ・パー・ビュー、オリジナルプログラムなど4000時間以上のビデオ・オン・デマンド ライブラリーが、いつでもどこでも視聴可能。
WWEネットワークは、パソコンやモバイル機器のほか、Apple TV、Amazon Fire TV、Sony PlayStation 3、Sony PlayStation 4、Xbox One、Xbox 360などのゲーム機でも視聴可能だ。

WWE最高戦略及び財務責任者ジョージ・バリオスは「熱い情熱を持って応援してくれるファンが多い日本は、WWEにとって戦略的に非常に重要なマーケットです。私達は『WWE』というブランドを国際的に発展させることを目標としています。WWEネットワークの全世界での展開は、その目標を達成するためにきわめて重要なのです」とコメント。
詳しい視聴方法は後日、WWE日本語公式サイトに掲載される。

※WWEネットワークは英語でのサービスとなります/*決済時の為替レートにあわせて変動いたします。
※2016年のPPV大会、NXTの日本での放送は、WWEネットワークでの英語放送となる予定です。

【WWEネットワークオリジナル番組】※一部
■ブレイキング・グラウンド
WWEネットワークの最新オリジナルシリーズ。WWEスーパースターズ、ディーバが誕生するまでのインサイドストーリーを、WWEの育成施設「パフォーマンスセンター」から視聴者にお届けする。

■Swerved(原題)
「ジャッカス・ザ・ムービー」(2002)、「ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中」(2014)を世に送り出したジェフ・トレメインが監督するシリーズ。WWEスーパースターズ、ディーバ達がお互いにいたずらを仕掛けるドッキリ番組。

■ザ・マンデー・ナイト・ウォー
ビンス・マクマホン(WWE)とテッド・ターナー(WCW)が、90年代後半から月曜夜同じ時間帯で番組を放送し視聴率を争った「仁義なき戦い」を、20のエピソードに分けオリジナルドキュメンタリーとして放送。

■ストーン・コールド ポッドキャストライブ
WWE名誉殿堂者ストーンコールド スティーブ・オースチンが司会を務める、掟破りのインタビュー番組。彼ならではの鋭い切り口で相手に切り込むインタビューは必見!

■NXT テイクオーバー
WWEの未来はここにある!次代を担うスーパースターたちが自らの実力を証明するために、激しい戦いを繰り広げるNXTの2時間スペシャル。これは単なる進化(evolution)ではなく、革命(revolution)だ!日本人スーパースター、イタミ・ヒデオと日本人ディーバ、アスカの活躍もお見逃しなく!

■WWE24
WWEのスーパースターやイベントに密着、激動の24時間を追った30分のドキュメンタリーシリーズ。

■トータル・ディーバ(シーズン1〜3)
他では見られないWWEトップディーバたちのリング外の私生活を垣間見ることができる番組。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る