無法乱入したKENSOを成敗するため、FMW 12.22後楽園大会に“大仁田の化身”グレート・ニタの参戦が緊急決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

FMW27周年記念興行となる12月22日の後楽園オール大会に、大仁田厚の“化身”グレート・ニタの参戦が電撃決定した。
かねて、大仁田は同大会で、ニタがファンとの撮影会を行うことを発表していたが、当のニタは「どさんこ大花火」(2014年9月14日、札幌テイセンホール)を最後に、プッツリ消息を絶ったまま。

そこで、12月10日午後、FMW・山近義幸代表がニタを召喚すべく、倭瑠七(やまとるな)先生ら、3人の巫女を帯同し、東京・台場の海岸に向かった。
倭先生らが海に向かって、祈りを捧げ、舞いを披露すると、やおら海からニタが生還。通訳した山近代表によると、「もともとニタはFMWのリングに現れた男。だから、27周年を祝うために、FMWのリングに上がる」と参戦表明。
対戦相手には、12.4福島大会に無法乱入し、大仁田を襲撃した上、山近代表にも暴行を加えたKENSOを指名。マッチメイクはニタ&バッファローvs.KENSO&長井満也に決まった。

FMW_グレート・ニタ召喚①FMW_グレート・ニタ召喚②ニタは新日本プロレスが99年8月28日に開催した東京・神宮球場大会でのグレート・ムタ戦を前に、大阪南港から帰還。ムタ戦に敗れ、「ニタは死んだ」とされたが、03年5月3日、WJプロレス・グランキューブ大会で、現文部科学大臣の馳浩(衆議院議員)と対戦すべく、魔界から復活。
それ以降、消息を絶っていたが、13年5月27日、今回と同じ台場の海岸で矢口壹琅(現・雷神矢口)の祈りに応えて、10年ぶりに出現。大仁田興行の同年6.21新宿FACE大会に参戦したが、昨年9月の札幌での試合を最後に再び消えていた。

12.22後楽園はFMWの27周年を祝う興行であり、超戦闘プロレスFMWとしては初進出となる重要な大会。メーンイベントで組まれた「復活・世界ストリートファイト6人タッグ王座決定戦〜団体運営権争奪戦」の他に、ニタのスクランブル参戦も決まり、風雲急を告げてきた。
なお、同大会で、全日本プロレス勢とタッグマッチで対戦する選手が那須晃太郎&川村亮に、ヘッドハンターズと激突するW★ING金村のパートナーが中川浩二に決定した。

【記事提供/超戦闘プロレスFMW改めW★INGモンスター軍】

FMW設立25+2周年記念・原点回帰
日時:2015年12月22日(火)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール

▼第1試合 FMWメモリアル・オープニング10人タッグマッチ
リッキー・フジ/五所川原吾作/パンディータ/ワイルドセブン/木更津KID
vs.
戸井克成/雷電/菊タロー/ギャングスター/佐野直

▼第2試合 タッグマッチ
那須晃太郎/川村亮
vs.
全日本プロレス選手A/B
※全日本プロレス勢のメンバーは12.15後楽園での「ファン感謝デー」終了後に発表
※中継立会人:TAKAみちのく

▼第3試合 タッグマッチ
グレート・ニタ/バッファロー
vs.
KENSO/長井満也

▼第4試合 タッグマッチ
ミス・モンゴル/ミス・コハル
vs.
春山香代子/倉垣翼
※立会人:ベストフレンズ(中島安里紗、藤本つかさ)

▼第5試合 タッグマッチ
金村キンタロー/中川浩二
vs.
ヘッドハンターA/ヘッドハンターB

▼第6試合 Ray「試練の7番勝負最終戦」
Ray
vs.
浜田文子
※立会人:風間ルミさん

▼第7試合 FMW軍対W★INGモンスター軍〜団体運営権&会社経営権争奪 FMW認定世界ストリートファイト6人タッグ王座(仮称)決定戦
大仁田厚/田中将斗/保坂秀樹
vs.
NOSAWA論外/雷神矢口/橋本友彦

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×