HEAT-UP 12.13名古屋大会で初代ユニバーサル王座決定戦への出場権をかけて対戦する田村和宏と岩本煌史がコメントを発表

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

プロレスリングHEAT-UPの12月13日名古屋・露橋スポーツセンター大会で、1.7下北沢大会で行われる初代HEAT-UPユニバーサル王座決定戦への出場権をかけて対戦する田村和宏と岩本煌史が、それぞれコメントを発表した。

田村「あと二つ。HEAT-UPのベルトまであと二つ…!ベルトは強さの象徴であり、団体の象徴。僕が巻かなければならないと思っています。岩本とは2年前にシングルをやりました。デビューしたばかりの岩本と闘ってまだまだだなと思った反面、将来的にすごく化ける予感がしたし、絶対にHEAT-UPの戦力になってくれるという確信を持ったんです。だからこそ、当時無名の新人だった岩本にオファーし続けたんです。それがこんなに早く化けるとは…「さすが」と感心しています。成長した岩本とやるのは楽しみですが、ここ3年の人生経験では自分の方が遥かに上だと思います。団体を立ち上げ修羅場を潜ってきた人間の強さをみせて勝つ。俺の「覚悟」を岩本にぶつけます。」

岩本「初代王者挑戦権を賭けて田村さんとシングル。以前シングルした時は自分はキャリア数ヶ月のひよっこでした。今は勢いがある?そんなんじゃなくて全て実力だと証明します。ヒートアップ、そして田村さん。自分に東京で試合をするきっかけをくれて自分を成長させてくれました。当日は感謝を込めてぶっ倒します。」

冬の灼熱旋風in名古屋
日時:2015年12月13日(日)
開場:11:30 開始:12:00
会場:名古屋・露橋スポーツセンター

▼第5試合 ”STAND-UP!〜ユニバーサル・ステージⅡ〜”シングルマッチ60分1本勝負
田村和宏
vs.
岩本煌史
※勝者は1.7下北沢大会で行われる初代HEAT-UPユニバーサル王座決定戦に出場出来る。

▼第4試合 ”HEAT-UPvs無宿 〜HOFとの遭遇 〜”6人タッグマッチ45分1本勝負
アミーゴ鈴木/高井憲吾/兼平大介
vs.
新井健一郎/PSYCHO/CHANGO

▼第3試合 ”UWA世界Jr.ヘビー級選手権試合”シングルマッチ60分1本勝負
[王 者]那須晃太郎
vs.
[挑戦者]渡辺宏志
※王者・那須の初防衛戦

▼第2試合 ”スーパーJボーイズ名古屋初見参!〜ツワモノ達の知恵比べ〜”タッグ3wayマッチ30分1本勝負
将軍TYヤマダ/スーパータケシママシン
vs.
柴山貴哉/ローリングマン
vs.
小仲=ペールワン/ダイナ御堂

▼第1試合 ”かっ飛ばせ☆ド根性ホームラン”シングルマッチ15分1本勝負
近藤’ド根性’洋史
vs.
阿部史典

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×