鈴木鼓太郎が11月30日で全日本プロレスを退団!世界ジュニア王座は返上、Xceedは解散することが決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

全日本プロレスが所属選手だった鈴木鼓太郎が、11月30日の契約満了を持って全日本プロレスを退団することを発表した。鼓太郎は退団後、2015年12月1日よりフリー選手として活動していくことになる。

なお、鼓太郎が保持していた世界ジュニアヘビー級王座は返上。所属していたチーム「Xcced」は、宮原健斗、中島洋平と協議した結果、解散することになった。

鼓太郎は2012年いっぱいでデビューしたリングであるプロレスリング・ノアを退団。秋山準や潮崎豪らと共に2013年1月から全日本プロレスに闘いの場を移し、同年7月に正式入団。世界ジュニアヘビー級王座のほかにも、アジアタッグ王座やGAORA TV王座を獲得した。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×