大仁田がプロデュースし、AV界のルーキーが新人レスラー「ハルク・コーガン」としてデビューすることが決定!10.30 ZERO1新木場でプレデビュー戦

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

「涙のカリスマ」「邪道」といわれた大仁田厚が、新人プロレスラーをプロデュースすることになった。
パートナーはこれまたAV業界の異端児・ROOKIEの人気作『世界一ザー○○を大量に発射する男のぶっかけS○X(自主規制)』シリーズ。

今回、大仁田がプロデュースするのは巨大な金玉を持つ青年。この青年が抱いたコンプレックスはAV界で開花した。シリーズは人気作となり、今期までに14タイトルをリリース。ただいま行われているAVオープンにも代表作として選ばれるなど、まさにAV界のルーキーだ。

その彼には、もう一つの夢があった。それはプロレスラー。初めはWWEのPPVを出身地のインドシナ半島で観たという。それからプロレスにはまり、世界中のプロレス映像をパソコンで観戦。
以来、幼少より大きかった金玉がコンプレックスとなり、人前にあまり出れなかった為、内気になりがちだった青年はプロレスで唯一の勇気をもらった。尊敬するレスラーはハルク・ホーガンと大仁田厚。
「二人とも世界に名を馳せたカリスマ。今の世界中にでまわる、ハードコアの原点はFMW・大仁田厚。そしてストロングスタイルからエンターテインメントまでこなした唯一のレスラーがホーガンだ」と語る。

今回、日本でAV活動をしながら夢をあきらめず、大仁田に直訴。大仁田もこれを快諾し、プロレスデビューが決まった。正式なデビューは11月3日熊本で行う『火乃国大花火』(グランメッセ熊本)となるが、10.30ZERO1新木場大会でプレデビューのエキシビジョンマッチを行うことが急遽決定した。

大仁田厚
「ファイヤー!大仁田厚です!!

この度、世界一金玉のデカい男をプロデュースすることとなりました!

巨大な金玉がコンプレックスとなっていたと。
でも、それをAVという世界で開花させたと。 

はた目からみたら、『なんだそれ!』となると思う。正直、俺も、最初、そう思っていた。

でも、彼の眼をみて、考えが変わった!

俺も、FMWを立ち上げた時は、師匠・馬場さんの全日本。猪木さんの新日本と2大巨大団体と闘わなければいけなかった。

そこで、『邪道』と言われながらも、俺はその中でデスマッチを選んだ。

コンプレックスやジェラシーは巨大な力を生むんだよ!

俺は、誰に笑われようが、誰になにを言われようが、こいつを応援する!

名付けて『ハルク・コーガン』だ!」

ZERO1新木場大会
日時:2014年10月30日(木)
開場:19:00 開始:19:30
会場:東京・新木場1stRING

<追加決定カード>
▼『ハルク・コーガン プロレス・プレデビュー戦』スペシャル エキシビジョンマッチ 10分1本勝負  
ハルク・コーガン
vs.
ザ・バラクーダ

<既報カード>
▼『KASSEN』直前スペシャル!!タッグマッチ 30分1本勝負
田中将斗/日高郁人
vs.
近藤修司(W-1)/田中稔(W-1)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
佐藤耕平/鈴木秀樹(フリー)/横山佳和
vs.
崔領二/TARU(VM)/拳剛(VM)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
小幡優作/宮本裕向(666)
vs.
デーモン植田/KAMIKAZE

▼ジュニア タッグマッチ 30分1本勝負
藤田峰雄/ジェイソン・リー
vs.
菅原拓也/“brother”YASSHI(VM)

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×